「 2015年12月 」一覧

プロカメラマンが写真撮影してくれるairbnbで稼ぐコツ

カメラも持っていないし、上手く撮ることができないという人でも、airbnbならカメラマンが綺麗に写真を撮ってくれます。より魅力的に、よりはっきりと写真を撮ってくれるのが頼もしいところです。その申し込みは、サイト内から簡単にできるので、依頼してみるといいでしょう。

まるで、旅行雑誌の写真のように美しく撮影してくれます。この写真によって、より多くの人の目を惹きつけることができます。依頼してから2週間はカメラマンが来るまで時間がかかり、連載するのも2週間かかります。

日本に泊まりに来る外国人というものは、ホテルにはない日本独特の雰囲気のある部屋を探している人も多くいます。和柄のカーテンであったり、テーブルクロス、カーペットなどを用意してあれば、より喜びますね。可愛い柄の浴衣やスリッパなどを用意しておくのも、よりリピーターを増やすコツです。

日本人形を所々に飾ってみたり、3月には素敵な雛人形を飾るなどの工夫もあるといいでしょう。ホテルには真似できない、ちょっとした工夫で外国人をより喜ばすことができます。

日本では東京でも登録してある物件数が4,000軒ほどしかありません。圧倒的に宿泊施設が足りない状態です。ですから、使ってないなと思った部屋などを綺麗にしてみて、泊めれそうだなと思った時には宿泊施設としてホストになってみるといいでしょう。

写真撮影を代行するairbnbを利用して、ゲストを迎え入れる時には、きちんとチェックインの状況をチェックすることがポイントです。チェックインは何時頃なのかをチェックし、その前にはきちんと対応できるようにスタンバイしておきましょう。

やはり、airbnbでは予約時にしっかりとゲストとメールなどでやり取りをし、要望を聞いておくことが大切です。そして、その要望にできるだけ答えられる部屋にし、迎え入れましょう。例えば、シーツは白がいいとか、カーテンは閉めておいて欲しい、暖房をつけておいて欲しいという簡単な要望でもしっかりとこなすことが、より稼ぐコツです。


airbnbの特徴と魅力

airbnbというサービスが今注目されていますが、それがどんなものでどういった魅力があるのかまだご存知ではない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。ですから、そういった方のためにも、そのairbnbの魅力や特徴などについて説明をしていきます。興味を持った方は、ぜひとも実際にやってみてはいかがでしょうか。

airbnbというのは、登録をすることで自分のあいている部屋を外国人観光客に貸し出すことのできる代行サービスになります。今は外国人観光客が増加傾向にあり、宿泊先が不足状態にあります。ですから外国人観光客にとってもこのサービスはとてもありがたいものだと言えるでしょう。もちろん貸し出す側にもメリットがあります。それは、空き部屋の有効活用です。

空き部屋はそのままにしておけばほこりなどで荒れるいっぽうですし、これがお金にかわるというのであれば、それほど嬉しいことはないのではないでしょうか。もともとある部屋を使うことができれば、その分仮にあまりお客さんが入らなくてもマイナスになることはありませんし、逆にリターンがあれば大きなものになります。このような特徴と魅力がありますから、もしも空き部屋があって困っているという方がいらっしゃれば、ぜひとも手を出してみてはいかがでしょうか。

ただし一つだけ知っておいて欲しいのが、これは簡単な副業ではないということです。ただ登録をしてほったらかし、ではいけません。きちんと使ってくれた人が満足できるように考え、部屋の管理などをして掃除も徹底、工夫をして快適に過ごせるようにしてあげる、こういったことが何より大切だと言えるでしょう。そのあたりは勘違いのないように、徹底するようになさってください。

空き部屋を持っている多くの人にとって、これらのことが参考になってくれれば非常に嬉しく思います。今は関係なくても、もし今後空き部屋が出てしまった時に思い出せるように、頭の片隅にでも置いておいてください。


外国人のゲストのことを考えたairbnbのホストの気配り

ホストをする時に気になるのが、いったい、どのくらいの期間、このairbnbで初期費用でかかったお金を回収することができるのかと考えるところです。

それは、短くて4ヶ月程度で回収しています。長くても、10ヶ月ほどで回収しています。驚くことに、駅が近い場所や観光スポットが近い場所などでは、その空きもほとんど無いほどに埋まってしまいます。そんな所では、4ヶ月程度で回収することができるのです。

airbnbを活用するなら、やはりホストとしては、ハウスマニュアルを作成することがポイントです。これがあるとないとでは、よりトラブルがなくゲストを泊めることができることにつながるからです。

そのマニュアルには、その泊める部屋のルールや、トイレ、お風呂場などに行く道順を描くのもポイントです。また、最新の家電があれば、その使い方も書いた方がより良いでしょう。食器乾燥機や浴室の暖房機などは、なかなか使う機会がない人も多いものです。それらをちょっと書いておくだけも、ホストの気配りが見えます。

外国人が来ることもありますから、やはり英文の説明書というものも置いておくのも、より予約が増えるところです。インターネットや家電製品などの他にも、出入りできる時間の決まりごとなども英文で書いておきましょう。

意外とトイレの温水洗浄の機能を知らなかったり、お風呂場の浴室乾燥機の使い方が分からないという外国人も多いものです。多機能な日本語で書いてある電子レンジや、洗濯機なども使い方が複雑で分からないという人も多いので、そういったところも英文で書いてあげましょう。

外国人とのトラブルの問題も代行してくれるairbnbでは、外国人への心のこもった日本流のおもてなしをすると、よりリピート率が上がります。

英語の文が書けない時には、エキサイトなどの翻訳ができる機能を使えば、スムーズに書けますね。

また、ベッドの上に靴を履いて上がるのも、日本文化とは違うところです。その国の日常生活について調べておくことも、外国人をより快適にもてなせることにつながります。


ホストの信頼を高めるサービスをするairbnb運営会社

英語対応もするairbnb運営代行のシェアリングエコノミー普及協会では、初心者の人でも安心のアカウント登録かも行います。また、物件詳細登録もこなすのが頼もしいところです。撮影の予算から部屋の広さ、場所などを考えた理想の物件を探し出し、登録をしてくれるのです。もちろん、写真も素敵に撮り、見やすいように載せます。

もっと多くの人の目に触れさせては、その物件の魅力をアピールすることができます。素敵なウェルカムガイド・キーガイドの作成までこなすのも、このairbnb運営会社の魅力です。予約を取ってみたいという人の問い合わせ対応も、分かりやすい英語でこなします。

面倒な予約スケジュール管理も行いますから、よりスムーズにホストが予約状況を把握しては手続きもできるようになります。そして、空き室などをしっかりと伝えることもでき、トラブルも避けては、より多くの宿泊予約を取ることができるようになるのです。

そのホストの希望する宿泊費なども考慮しながら、宿泊価格調整なども提案します。ゲストからの実際に泊まってからのレビューを管理したりもできます。このレビューも英語であることがありますが、これらも全て英語対応できるairbnb運営会社ならこなせます。

ホストが不在の時であっても、わざわざ立ち会う必要もなく、確実に鍵の受け渡しをしてくれます。それも、鍵の管理を安全に行えるキーボックスを取り付けてくれて、スムーズに鍵をゲストに渡すことができます。

気になる近隣住民への配慮も怠りません。ゲストが大きな声を出して騒いでしまったとか、近所の物を酔っ払って壊してしまったなどのトラブルがあった場わいには、謝罪もこの運営会社がしっかりと対応します。

シェアリングエコノミー普及協会なら、その分野により詳しいプロに頼むからこそ、質の高いサービスを実現できます。こういった運営会社の代行サービスを利用することで、素早い対応ができ、信頼にもつながります。

とっても頼れる初心者ガイドです。


airbnbの実行にするにあたってのポイント

我が家は一戸建てで部屋がいくつかあまっています。また、駅から近いこと、電車で1時間、車でも1時間以内に観光地がいくつかあるということで海外からの観光客が10年以上前からかなり増えています。

近所でもairbnb経験者が数人いるので代行業者を紹介してもらうことにしました。その中で我が家としていくつか条件をつけています。こどもがいて、かつ女の子ということもあって、セキュリティにも注意が必要です。まず一つ目が複数人でのお申し込みは遠慮してもらっています。どうしても複数人での申し込みが多いようなのですが、複数人ではどうしても夜も騒がしくなったり、出歩いて戻りが遅くなったりするので子供たちの生活にも影響が出たり、ご近所さんからも苦情のもとになります。一人での申し込みであれば、騒がしくなったり、夜が遅くなることもほとんどありません。ここがポイントなのです。そして、複数人の申し込みの場合、男女のカップル、もしくは女性同士での申し込みを条件にしています。間違いがあるとは思えませんが何かあった時のためには最低限の防衛策だと思っています。

こうしたairbnbのトラブルはあまり聞いていませんが発生した後では遅いと感じています。日本国内で展開している方々も同じような防衛策をあらかじめ施しているからこそ、トラブルが起こりにくい状況になっているのではないでしょうか。

我が家の場合、逆に少しでも海外の方々と子供たちのコミュニケーションの時間を作ることで子供たちにも少しでも日本国内におながら、国際感覚を磨いてもらいたいですし、語学も多少は学んでもらいたいと考えています。英語圏という条件ではないこともあるのでなんともいえませんが。いずれにせよ、寝るスペース、トイレ、場合によってはお風呂を利用してもらうだけのairbnb。わたしたちのような一般家庭に海外の方をお招きして交流を図るにあたっては非常に簡単で合理的なシステムだと感じています。


airbnbで部屋を貸し出す際に気をつけたいこと

airbnbのホストというのは、全く知らないかたを自分が所有している空間に招き入れることになります。ゲスト側は一般的な宿泊施設よりも安い価格で部屋を借りることができてお得ですし、貸し出すホスト側としても使用していない部屋を有効的に利用することができます。お互いにとっていい点ばかりに思えますが、見知らぬ他人同士である以上、部屋の貸し借りには注意点がさまざまあることも忘れてはいけません。ホスト側はあらかじめあらゆるトラブルに対して対策を行っておいて、安心安全に不動産運用をしていきましょう。

airbnbで実際にホストが住んでいる家の一室を貸し出す場合には、貴重品の管理にくれぐれも気をつけてください。現金や貴重品を持ち出すことができない頑丈な金庫に保管することはもちろんですが、装飾品などを置きっぱなしにしているとゲストが黙って持ち帰ってしまうということも少なくありません。故意でなくてもアメニティだと勘違いされて持ち去られてしまうことも多くあります。このことからも、ゲストに提供する部屋にあるものの管理を徹底することが必要です。無駄なものは置かずに全てゲストに提供してもいいと思えるものに置き換えておくことが大切ですし、部屋の利用マニュアルをゲストに守ってもらうことを徹底してください。

また、設備が故障してしまったり近隣住民に対するゲストの迷惑行為などの対応もホストに委ねられます。airbnbには運営をホストに代わって代行してくれる業者もありますので、一人では手に負えないと思った時には無理をしないで業者に依頼しておくことも検討しましょう。手数料は掛かってしまいますが、万が一のことを考えたとき、ホスト側とゲスト側の安全を思えば決して高いとは感じないはずです。

また、あまり運用範囲を広げないというのも一つの手です。中には国内のかたのみに部屋の貸し出しを行っているホストもいますので、手が届く範囲でのみ貸し出しを行っていくよう心がけていってください。


個性を出してアピールポイントを作って予約を増やすairbnb

自分の貸したい部屋や家の個性があれば、より多くの予約がくるのがairbnbの良いところです。一般の宿泊施設にはない、個性というものを引き出せて、それが「泊まってみたい」につながるのです。

ゲストが分からないなと思う部分を代行するairbnb初心者ガイドでは、ゲストがあっと驚いては目が釘付けになるようなアピールポイントを出すといいでしょう。

訪れたらちょっとしたユニークなリスティングでゲストを楽しませることができたり、テスラ充電器でより快適な宿泊ができるようにするのも良い方法です。

人気のイームズの椅子がさりげなく置いては楽しい気分で過ごせるデザインにしたり、陽気なミラノ風な部屋にしてみるのも良い方法ですね。

庭を素敵にアレンジしては、窓からの眺めを楽しめるように工夫したり、ブランコやプールを設置しては子供も楽しめる庭づくりもいいでしょう。犬とお泊りができるように水飲み場やドッグランを設ければ、より幅広いゲストからの予約がくるようにもなるものです。

コテージを持っていれば、それを素敵にアレンジしてみたり、手作りの家を建てては貸し出すのも面白いものです。airbnbなら、そんなちょっとしたスペースも気軽に貸し出すことができるんです。

初心者ガイドでは、ちょっとした庭があれば、その庭で野菜作りができる体験をさせてあげたり、なかなか泊まれない貸物コンテナに泊めてあげることも可能です。自分がコレクションしている絵画などを色々と飾ってそれを目玉にすれば、より予約も増えるでしょう。

色々な方法でゲストを増やすこともできます。近くにある観光スポットや美味しいお店などの情報を書くのです。

馬や牛を飼っていれば餌をあげれたり、乗馬や搾乳体験をすることもできるとアピールするのです。

意外とユルトや大きなテントに泊まりたいというゲストも多いもので、そんな面白いものを持っていれば、それをアピールすることも可能です。

流行を部屋に取り入れたり、反対にレトロ感をアピールする部屋などにすることで、よりゲストの目を惹くことができます。