「 2016年04月 」一覧

空き部屋を提供するだけでお金が稼げる時代になるなんて…

今airbnbを利用した新しいビジネスモデル体系が出来上がりつつあるのをご存知でしょうか?このサービスを今更一から説明することはしませんが、まさかairbnbを利用したビジネスモデルをつくり上げる人が出たなんて…想像通りといえば想像通りですが、いささか早かったように感じます。
せどり、ダフ屋…いつの世も信じられないような方法でお金を稼ぐ人は出てきましたが、クラウドワークスといい…段々とその方法もハイテク化してきたものなだなあと感じる次第です。今回のairbnbを利用したビジネスモデルだってインターネットと高度な技術がなければ絶対に成り立たないことです。この先このビジネスモデル体系を立ち上げた人がいくら稼いでいくのか、非常に見ものではありますが、うまくいけば億は間違いなく稼げることでしょう。
しかしairbnbに関してはこういったおいしい話ばかりではありません。ビジネスとしてやっていくにはそれなりのリスクが伴ってきます。実際失敗した時の被害額は途方も無い額になることでしょうし、海外では失敗した人の情報で溢れているようです。airbnbサービスの本場、サンフランシスコにも最近は逆風が吹いているようで、なかなかうまくいくのはレアケースと聞きます。
airbnbを利用したビジネス体系の一つに代行サービスなるものがいくつかありましたが、それらも殆ど今ではなくなってしまいました。日本で新しく登場したビジネス体系がどれほど成功するのか…やはり楽しみといわざるを得ません。
今の時代、人と交流すること無く、たくさんの金額を稼ぐことができる時代です。この人の交流を手助けを人と交流することなく行い、お金を稼ぐairbnbサービスを利用したビジネスモデルは、現代を象徴するビジネス体系ということができるのではないでしょうか。昔は才能があってもチャンスが無いということでお金を稼ぐことができない人がたくさんいました。そういった人達にとって良い時代になったといえるでしょう。


ホームステイとはまた違った魅力がairbnbにはある!

私はairbnbというサービスについて初めて人から説明された時、あまり良い印象を抱きませんでした。私は現在ホームステイのステイ先として幅広い国からホームステイ者を集っているのですが、そのホームステイ業をまるで商売のよう改悪したようにしか見えなかったのです。ホームステイは当然商売なんかではありません。他国の人と交流をすることで人を楽しませ、また自分も楽しむ…異文化交流を楽しみながら成長する学びの場なのです。私にはairbnbというサービスがホームステイという学びの場を薄めた商売の場に見えてしかたがありませんでした。
ですが友達があまりにもairbnbの利用を勧めてくるため、根負けして先日宿泊者を一人自宅に招待したのです。私はその一度のairbnbサービスの利用で、自分がいかに間違っていたかということを知ることになります。
私の家の一室に宿泊しに来たその女性はいろいろな国をまわって勉強をしているのだといいました。もちろん海外旅行ですので、観光地もそこそこ回りますが、人とのコミュニケーションに重きを置いていると話していました。
実際泊めてみて驚いたことに、私よりも広い見聞を既にもっていて、私から教えれることが何も無いということでした。私は今まで子供のホームステイ者を何人も泊めてきましたが、大人のホームステイ者とは触れ合ったことがありません。いかに私が小さな存在であったかを学んだのです。そしてairbnbを利用して私の家に宿泊に来るお客さんはとても日本を楽しみにしてやってきます。基本常にニコニコと笑顔でいますし、またいかに今日いった場所がスリリングな場所なのかというのを楽しそうに話してくれるのです。これはホームステイ先として存在していては決して経験できないことだと感じました。まだ一客ずつしか泊めていませんが、airbnb代行サービスなんかを利用すればもっと多くの宿泊者を家に泊めることも可能のようです。今度はいっぺんに3客くらい泊めてみようかと考えている次第です。


日本でももっとairbnbが認知されたらよいが…

airbnbというサービス、日本にも広く知れ渡ってきたとはいえまだまだ海外には遠く及ばない現状…どうしたらもっと日本に普及させることができるのか、今日はそれを考えていこうかなと思います。
まず日本でairbnbが普及しない最大の理由として挙げられるのはやはり法律でしょう。海外では完璧にホワイトなサービスであっても、日本においてはどうやらまだグレーの段階のようです。こういったサービスが日本で浸透してしまったら、治安の高い日本で企業としてある宿泊施設を利用することのメリットが少なくなってしまいます。柔軟に法改正をどんどんやっていくべきだと私は考えているのですが、そうなっては面白くないホテル業界の人間が圧力をかけているのでしょう。
また次に日本でうまく普及しないことの要因のひとつとして、日本人の民族性をあげることができるかと思います。江戸時代に鎖国をしていたことからも分かるように、日本人は外国人に対して非常に消極的です。その控えめな性格は人とコミュニケーションを取ることに非常にネガティブに働いており、心を開いた人間としか楽しく会話出来ない人のほうが多いです。そういった民族性を持つ日本人自体にこのairbnbサービスが向いていないといえるかもしれません。
そして同時に増えてきたとはいえ、代行サービス自体が少ないことも普及しない要因の一つとしてあげることができるでしょう。代行サービスがもっと増えれば誰でも気軽にairbnbサービスを利用することが可能になります。日本においてサービスを利用するための窓口が狭いということは不利にしか現状働いていないようです。
今回あげた普及しない理由はたった三点ですが、この三点をもし解決することができたのであれば、爆発的にairbnbの利用者は増えることでしょう。私はこれ以上に素晴らしい宿泊、コミュニケーション、マーケットプレイスサービスを他に知りません。もっともっと日本全体に普及することを祈っています。


airbnbを使ってシーズンオフのラダックを旅しました!

インドのラダック地方を旅してきました!チベット仏教の雰囲気が色濃く残るラダックは、世界中の旅行通から一目置かれる人気観光地です。しかし、問題が一つ。私が長期休暇を取れるのは冬の間だけですが、冬のラダックはシーズンオフとなり、大半のホテルが閉業してしまうのです。人生で一度は行ってみたかったラダック。でも、冬しか行けないのなら諦める他ないのでしょうか?

そこで、私が選択したのが民泊サービスのairbnbです。ホテルが閉業していても、そこに住まう現地人はちゃんといる。だったら、彼らから空き部屋を借りればいいのです。そして、airbnbで検索してみたところ、ちょうど私好みの物件が見つかりました。宿泊料は程よく、食事の提供もあり、暖房とお湯も完備!最後の一点は、ラダックのようなヒマラヤ山中にある貧しい地方ではことのほか重要です。一日に何度も停電に見舞われることが日常茶飯事の地域ですから、一流ホテルでも暖房やお湯を保証してくれないところが多いのです。しかし、私が民泊するお宅は、どうやらラダック地方のお金持ちのご家庭のよう。そのため、ちょっといい加減なところのあるホテルよりも、ずっと信頼できそうです。私は迷うことなく、そのお宅にお世話になることに決めました。

そして、飛行機で降り立ったラダック地方の中心都市レー。噂に聞いていたとおり、激しい積雪があたり一面を銀世界にしています。しかし、今回は代行業者がタクシーで迎えに来てくれることになっていたので心配はありません。無事にレーの町まで届けてもらい、それから一週間の夢のようなラダック滞在が始まったのでした。高山の清明な空気と美味しいチベット料理、それにとても人のよいラダック人。雪のために観光らしいことはできませんでしたが、それでも十分に満ち足りた日々を送ることができました。

今回の旅でairbnbを選んで本当に良かったなと思います。民泊を利用せず普通のホテルに泊まっていたら、ここまで快適に過ごせなかっただろうし、現地人と触れ合うこともなかったでしょう。やっぱり、これからの旅は民泊にするのが良さそうです。従来型の旅より、ずっと充実した旅になります。


取材でairbnbを利用したのですが、大正解でした

私は普段漫画家という職業をしています。漫画を描くというと常に机に向かって自分の空想と戦っているようなイメージを抱かれるかと思われますが、意外と重労働で、また常に外から何かしら刺激とアイデアを補給する必要があります。自分の中にある空想だけではすぐに読者に飽きられてしまうからです。そういった自体を避けるために、先日イギリスの方まで行ってきたわけですが、どうせなら目一杯の刺激を取り入れてやろうと張り切った結果airbnbというサービスを利用することにしたわけです。
今回の海外への取材活動に担当編集もついてきたのですが、そいつがなかなかの海外通で、休みが取れる度に海外旅行へ行くようなちょっと変わったやつなのです。そしてその編集からairbnbというサービスを利用すればたくさんの刺激を取り入れることが可能だと教えてもらったというわけです。
私は何事にも物おじしない性格ですので、airbnbが現地人の住居に実際に泊まるサービスだと教えてもらった瞬間、利用することを決めました。確かに何かとトラブルがありそうなサービスですが、物怖じしていたら何も出来ませんからね。
イギリスに向かう最中の飛行機で、私は現地のことよりも現地の住居に宿泊できるということへのわくわくの方が大きかった用に思います。
現地に着くやいなや、その住居、宿泊施設にチェックインしたわけですがそのホストの方がとても和やか、且つコミュニケーションを取りたがる人で非常にびっくりしました。もっと殺伐なものを想像していましたから多少拍子抜けです。ですが結果的に現地のことをたくさん聞けたのと、実際の現地の家庭料理を堪能することができたので非常に満足しました。編集によると今回はコミュニケーションを重視したかったため代行サービスは利用しなかったとのこと…。どうやら代行サービスとやらを利用すればもっと宿泊施設らしい宿泊施設に泊まることも可能なようです。これからの海外取材は全部airbnbを利用して言ってもいいかなと思った私なのでした。


airbnbには注意点もあると知っておこう

airbnbは部屋を貸したい人と借りたい海外旅行者とを結びつける、魅力的な代行業者です。このairbnbを活用した副業は今注目されていますので、自分もやってみたいと思われている方は少なくない事かと思います。あまっている部屋があるという方は、基でがあまりかからずに収入を得る事ができる可能性もありますから、airbnbを是非やりたいと思われるのも無理はありません。
確かに部屋を貸す事で副収入を得るというのは魅力的である事は間違いありませんが、実際に始めるにあたっては注意点もあるという事を覚えておきましょう。魅力だけを見て何も考えずに始めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。また注意点を守る事で自然と良い部屋作りができるようになりますから、収入アップにも繋がると言えるでしょう。
具体的な注意点をいくつかここで挙げていきます。まずは部屋によっては借りてがつきにくい事もあるという事を知っておきましょう。例えば駅からとても遠い、観光地に出にくいなどのところは基本的に条件があまり良くありません。ですからそういった場合にはとにかくサービスをする、部屋の価格を相場より低めにするなどの工夫をしないとなかなか借りてもらう事ができないでしょう。
その他にも、キッチンや家電の使い方がわからずにボヤをおこしてしまったり、家電を壊してしまう、漏電してしまうなどそういったトラブルの可能性もあります。説明を英語や中国語、韓国語などでつけておく、オール電化にして火を使わないようにする、こういった工夫が大切です。また大声で騒がないなどの注意点に関しても、同じように用意をして目につくところにはっておかないと近隣からウレームが来る恐れもあります。
そして最後に重要な事は、利用者が快適に過ごせる環境作りを怠らないという事も大事になります。適当に部屋を用意して貸し出す、これでは全く魅力的ではありませんし利用者の満足度は低いです。おもてなしの心を持って魅力的で快適な部屋作りを心がけてください。


安心してairbnbを利用するために知っておくべきこと

こんにちは、airbnbを利用した濃密な海外旅行、楽しんでいますでしょうか?もちろん最初は不安でいっぱいでしょうが、慣れてくるとこれ以上に海外を楽しむことができる方法は無いと気がつくことができるはずです。しかし最初の手続きが面倒なのは確か、また言葉の通じない人の住宅に宿泊することに抵抗がある人もまだまだいることでしょう。今日はそんな方のためにairbnbを利用するために知っておいたほうがよいことをいくつか紹介したいと思います。
まず最初に紹介したいのは代行サービスの存在です。最初に述べたようにairbnbを利用するには様々な面倒な手続きが必要です。そういった手続きをしておかないと面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が上がる他、実際にトラブルに巻き込まれた時に保証を受けることができないからです。そういった面倒な手続きを全て済ましてくれるのが代行サービスなのです。この先airbnbを利用しようとした時、分からないことが出てきたら、きっと助けになってくれることでしょう。
次に紹介したいのはairbnb自体にトラブルがつきものであるということです。このサービスは海外で今流行しているとはいえ、日本ではまだまだ知られていません。そして全ての感覚が海外基準で設定されているため、潔癖な日本人からしたらトラブルに思えることでも、海外からしたらトラブルとして扱ってくれないこともたくさんあります。airbnbを利用する時点でトラブルは避けて通ることはできないと考えておいたほうがよいでしょう。しかしそれと同時にそういった意識を持っておけば小さなトラブルは全て簡単に回避することができます。トラブルに直面した時、一番してはいけないことはパニックに陥ってしまうこと、事前にトラブルはつきものであるという心構えをもつことでパニックになることを避けましょう。
今回は二点しかご紹介できませんでしたが、この二点を知っておけばairbnbをとりあえず利用することはできるでしょう。


バックパッカーはもう古い?今はairbnb一択の時代!

バックパッカーという言葉をご存知でしょうか?バックパッカーというのは海外をリュックサック一つでさすらう人を指した言葉で、少ないお金をやりくりしながら現地の宿泊施設を転々とする人達のことをそう呼びます。お金が無いながらも、海外を効率よく、濃密に楽しむ方法として、一昔前に若者を中心に大きく流行しました。私も一時期バックパッカーとして、アメリカ大陸を横断したことがあります。確かにバックパッカーは非常に現地を楽しむには最適な方法の一つと呼べるのですが、どうやら今となってはそれも古いようです。
airbnbというサービスをご存知でしょうか?このサービスは誰でも宿泊施設を提供することができるようになるという画期的なサービスで、誰でも宿主になることができます。誰でも宿主になることができるということは、そういった人達の住宅に実際に泊まることもできるというわけです。海外旅行において、現地人の住宅にお邪魔することほど、タブーであり魅力的な行いもありません。今まで何人もの海外旅行者がそれを夢見て、半ばナンパのような形で実践し、破れてきたのです。しかしこのairbnbというサービスを利用すれば実際に海外旅行者に家の一室を貸し出したいという人から借りることができるため失敗がありません。また、宿泊料金も現地のホテルとくらべても安いくらいですので、非常に安価にその国を深く楽しむことができるのです。
もちろん貸し出す人の中にはお金を稼ぐことしか考えておらず、コミュニケーションを全くとりたがらない人もいるそうです。そういった情報はairbnbの備考欄でしっかりと確認することができるため、コミュニケーションをとりたければそういった人から宿泊施設を借りる必要があるでしょう。
また今は代行サービスなんかもあるため、パソコンやそういった手続きに疎い人でも安心してairbnbを利用できるようになっているそうです。バックパッカーとして流離うくらいであれば、同じお金でもっと濃密に海外を楽しんでみてはいかがでしょうか?


初めてのairbnbで知っておきたい事

今airbnbという代行サービスを使って、海外旅行者に個人が部屋を貸し出すという副業が流行っています。うまくいけばそれなりに稼ぐ事ができますから、やってみたいと思っている方もきっと大勢いらっしゃるのではないでしょうか。ですが何も知識がないままに闇雲に初めても、うまくいかないケースもあります。ですから初めてairbnbを利用してみたいと思っている方のために、知っておいて損のない情報を紹介していきたいと思います。
airbnbに登録をしても、当然ながら魅力的な部屋ではない場合にはなかなか借り手がつかないという状況もあり得ます。登録さえしておけばどんどんお客さんが来てくれるというものではありませんから、しっかりとお客さんが借りたいと思えるような快適な部屋を用意する必要があります。
よく利用される部屋の特徴について解説をしていきたいと思います。まずは第一に立地が良いとお客さんはつきやすいです。観光地の駅の近くにある、多数の観光地にアクセスしやすいところにある、そういったところはとても強いです。多少観光地から離れていても、駅前であったり色々なところに出やすければ同じく人気になりやすいと言えるでしょう。あとはやはりサービス内容もとても大切になります。快適に過ごせるような配慮、部屋作り、おもてなしの心などが見えるところはリピーターもつきますし、旅行者が帰国をした時に周りの人に良かったと話をしてくれます。その口コミからまた他の旅行者が日本に来る時に使ってくれる、という流れができます。
またトラブル回避についても意識をしないといけません。例えば扱いが難しい家電はおかない、海外の言葉で説明をつける、オール電化にして火事の危険性を減らす、などそういった細やかな心配りが大切になると言えるのではないでしょうか。
ここで解説をしてきた事を頭に入れておけば、きっと上手に部屋を貸して副業収入を得る事ができるようになるでしょう。参考になればと思います。


airbnbでありがちなトラブルと対処法とは

人付き合いの世界ですから、世の中どこでもトラブルはありますが、airbnbの民泊でもトラブルは時々発生します。airbnbで自宅を貸した経験のある人や、airbnb代行業者などが報告している、よくあるトラブルをまとめました。

■家屋内の備品を持ち去られることがある
airbnbの利用者はきちんと身元や所属などの確認が取れている人ばかりです。信頼を第一にしているairbnbですから、わざわざトラブルを起こそうとする人はほとんどいません。貸し出す人にとっては安心なのですが、備品が持ち去られるというトラブルは報告されています。
多くの場合、たとえば家具の上に置いてある人形や飾りなどの小物だったり、安価な生活必需品などが挙げられます。
もし貸し出す側として盗難が心配であれば、室内ではあらかじめ貴重品などは奥にしまいこんで、持って行かれても仕方のないものだけを、室内に置くといった工夫はあっていいことです。
稀に高級な品物を持っていかれるという被害はほとんどありえませんが、もしあった場合には運営会社に相談する必要があるでしょう。そうならないためにも、部屋を貸している期間中は、貴重品など置かないようにすることを考えてみましょう。

■言葉がわからない
airbnbの利用者は外国人であることが多く、日本語は全く理解できない人もやってきます。部屋を提供するホストも英語がほとんどわからないということがあり、意思疎通できないトラブルはたびたびあることでしょう。
利用者の外国人が自宅に来る前に、必要な会話集を準備しておくことをおすすめします。日常でよく使われる会話集などはインターネットで探すことが出来ます。プリントアウトして利用したり、紙に写しとったりして利用してみてはどうでしょうか。会話集については、販売している本を探して購入してみても良いでしょう。
パソコンやスマホで、インターネットの翻訳を利用して意思疎通をはかることもできます。
スマホのアプリには、自動翻訳機能のものがありますから、こうしたものを利用していくこともおすすめです。