「 airbnbという投資 」一覧

空き部屋を提供するだけでお金が稼げる時代になるなんて…

今airbnbを利用した新しいビジネスモデル体系が出来上がりつつあるのをご存知でしょうか?このサービスを今更一から説明することはしませんが、まさかairbnbを利用したビジネスモデルをつくり上げる人が出たなんて…想像通りといえば想像通りですが、いささか早かったように感じます。
せどり、ダフ屋…いつの世も信じられないような方法でお金を稼ぐ人は出てきましたが、クラウドワークスといい…段々とその方法もハイテク化してきたものなだなあと感じる次第です。今回のairbnbを利用したビジネスモデルだってインターネットと高度な技術がなければ絶対に成り立たないことです。この先このビジネスモデル体系を立ち上げた人がいくら稼いでいくのか、非常に見ものではありますが、うまくいけば億は間違いなく稼げることでしょう。
しかしairbnbに関してはこういったおいしい話ばかりではありません。ビジネスとしてやっていくにはそれなりのリスクが伴ってきます。実際失敗した時の被害額は途方も無い額になることでしょうし、海外では失敗した人の情報で溢れているようです。airbnbサービスの本場、サンフランシスコにも最近は逆風が吹いているようで、なかなかうまくいくのはレアケースと聞きます。
airbnbを利用したビジネス体系の一つに代行サービスなるものがいくつかありましたが、それらも殆ど今ではなくなってしまいました。日本で新しく登場したビジネス体系がどれほど成功するのか…やはり楽しみといわざるを得ません。
今の時代、人と交流すること無く、たくさんの金額を稼ぐことができる時代です。この人の交流を手助けを人と交流することなく行い、お金を稼ぐairbnbサービスを利用したビジネスモデルは、現代を象徴するビジネス体系ということができるのではないでしょうか。昔は才能があってもチャンスが無いということでお金を稼ぐことができない人がたくさんいました。そういった人達にとって良い時代になったといえるでしょう。


日本でももっとairbnbが認知されたらよいが…

airbnbというサービス、日本にも広く知れ渡ってきたとはいえまだまだ海外には遠く及ばない現状…どうしたらもっと日本に普及させることができるのか、今日はそれを考えていこうかなと思います。
まず日本でairbnbが普及しない最大の理由として挙げられるのはやはり法律でしょう。海外では完璧にホワイトなサービスであっても、日本においてはどうやらまだグレーの段階のようです。こういったサービスが日本で浸透してしまったら、治安の高い日本で企業としてある宿泊施設を利用することのメリットが少なくなってしまいます。柔軟に法改正をどんどんやっていくべきだと私は考えているのですが、そうなっては面白くないホテル業界の人間が圧力をかけているのでしょう。
また次に日本でうまく普及しないことの要因のひとつとして、日本人の民族性をあげることができるかと思います。江戸時代に鎖国をしていたことからも分かるように、日本人は外国人に対して非常に消極的です。その控えめな性格は人とコミュニケーションを取ることに非常にネガティブに働いており、心を開いた人間としか楽しく会話出来ない人のほうが多いです。そういった民族性を持つ日本人自体にこのairbnbサービスが向いていないといえるかもしれません。
そして同時に増えてきたとはいえ、代行サービス自体が少ないことも普及しない要因の一つとしてあげることができるでしょう。代行サービスがもっと増えれば誰でも気軽にairbnbサービスを利用することが可能になります。日本においてサービスを利用するための窓口が狭いということは不利にしか現状働いていないようです。
今回あげた普及しない理由はたった三点ですが、この三点をもし解決することができたのであれば、爆発的にairbnbの利用者は増えることでしょう。私はこれ以上に素晴らしい宿泊、コミュニケーション、マーケットプレイスサービスを他に知りません。もっともっと日本全体に普及することを祈っています。


airbnbで稼ぐにはそれなりのコツがいる

今大注目されている副業の一つに、airbnbというものがあります。このairbnbというのは、部屋を日本人が日本に来た海外旅行者に貸し出す、その仲介役になってくれる代行サービスです。あいている部屋があるという方はもちろん、このairbnbで部屋の貸し出しをするために部屋を借りるという人もいます。どちらにしても、しっかりと稼ぐためにはそれなりのコツが必要になってきますので、そのコツについてこれからご紹介をしていきたく思います。
まずやはりただあいていた部屋を簡単に掃除して貸し出す、というだけではあまりお客さんはつきません。それにもしもそのお客さんと、または近隣住民とトラブルになってしまうと損害がでる危険性があります。家電の使い方がわからなくてボヤをおこしてしまったり壊してしまう、騒いで回りの住民に迷惑になる、利用者の満足度が低くクレームになるなどが考えられます。こういったものを避けるためには、ただ適当に部屋を貸し出すのではなく、しっかりとした環境作りをしてから快適に過ごせる部屋を提供するようにしましょう。
例えば初期費用はかかってしまいますが、火事などの危険性が低いオール電化にする、英語や中国語など多言語で電化製品や部屋利用の説明メモを壁などにはっておく、おもてなしの気持ちのこもった部屋作りをしたりお菓子などを用意してみる、そういったできる限りの工夫をしてみましょう。トラブルを避けて利用者を気持ち良く過ごせるようにする、これができていれば自然と口コミなどから利用者は増え、リピーターもできてくると言えるでしょう。そうなってくれれば、かなり稼げるようになってきます。
人によっては副業どころか本業並の収入になる事もあります。立地などが良い場所に部屋がある方は有利ですから、特に気合いを入れて上記の事に取り組んでみてください。そうすればきっと満足のいく収入になってくれると言えるのではないでしょうか。お役に立てば幸いです。


airbnbでビジネスそして自分を広げる機会を捉える

この日本の円安という流れは多くの外国からの観光客を呼び込むことに成功してきていて、日本に来る人たちは増える一方です。2020年の東京オリンピックという最高潮に向かって外国人観光客は増え続けることが予想されていて、ホテル不足はかなり深刻化してきています。

その点でこの現状を救う確かなサービスになっていくであろう1つが民泊を代行するサービスを展開しているairbnbであり、オンライン上で外国人がより身近で安く日本人の家に泊まることができるように整えることをしているのです。

このairbnbは空き家や空き部屋を有効活用することを目的としていますが、ホスト側として空いている部屋を貸し出すことができれば間違いなくそれは収入になるわけですし、外国人との出会いという面でもなかなか経験ができないことが日本の自宅でできるということにもなります。

また英語を勉強したいと思っているのであれば、ホストとして部屋を提供すれば英語でのやりとりをすることになりますので本場の英語を聞く機会が増えることになり、それをきっかけとして国際的な友好関係になることさえできるので、そのメリットは計り知れないものとなるかもしれません。このairbnbに登録して自分の空き部屋などを紹介することでそのようなことが可能になっていくのです。

ですからこれは1つのビジネスチャンスでもあり、同時におもてなしとしての日本をアピールできる機会にもなります。日本のよさを外国人に知ってもらう面で自分が貢献できると考えるとわくわくしてきますし、たとえ英語など語学の面で自信がなくても、ジェスチャーや身振り、また片言の英語や表情でも会話はできるものであり、その面での心配はあまりありません。

むしろ積極的にこうしたサービスを活用して自分を広げていくことで人生を豊かなものとしていくことができ、より幅のある人間として成長していくことができるのです。

まずはこのサービスのシステムをホームページから確認していくことから始めていくことができます。


airbnbに興味がある方へ

airbnbに興味を持っているという方は多いのではないでしょうか。しかし、まだまだそこまで知名度が高くない副業になりますから、詳しく内容を理解できていないという方も少なくはないと思っています。ですからまずは簡単にこのairbnbについての説明をしていきたいと思っています。

airbnbというのは、外国人観光客と自宅などをその外国人観光客に貸し出したいと思っている人との仲介となり、やりとりを代行してくれるサービスになります。観光客が増える中ホテルなどがいっぱいで、観光の妨げになってしまっているという側面があり、その宿泊先を提供するという副業だと覚えておきましょう。

副業としては少々ハードルが高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。まずは提供する宿泊先を用意しないといけませんし、そこにお客さんが入ってくれなければ家賃分丸々損ということだってあるかもしれません。しかしそのかわりにリターンも大きく、うまくいけば副業の域をこえることだってできるでしょう。そういった魅力があるので、チャレンジしてみるだけ損は全くないと思います。

初心者の方のために、どのような点を意識すればいいのかということにもこれから紹介していきます。まずはやはり観光地の近くなどに部屋は用意するというのがポイントになります。まさに観光地という中心でなくても、電車などですぐに観光地に出やすい、いろいろな観光地に行きやすいような美味しいところに部屋を借りるようになさってください。そうすれば、自然と人も集まりやすくなります。

また、やはりこういったものは口コミで広がるものですから、良かったと言われるような住まい作りなどを意識して、口コミで仲間内に広げてもらったり、リピートでまた使ってもらえるようにしましょう。そうすれば一組の観光客からその友人や家族などにまで広がり、安定してお客さんをゲットすることができるでしょう。これからやってみたいと思っている方は、どうぞ参考にしてください。”


外国人のゲストのことを考えたairbnbのホストの気配り

ホストをする時に気になるのが、いったい、どのくらいの期間、このairbnbで初期費用でかかったお金を回収することができるのかと考えるところです。

それは、短くて4ヶ月程度で回収しています。長くても、10ヶ月ほどで回収しています。驚くことに、駅が近い場所や観光スポットが近い場所などでは、その空きもほとんど無いほどに埋まってしまいます。そんな所では、4ヶ月程度で回収することができるのです。

airbnbを活用するなら、やはりホストとしては、ハウスマニュアルを作成することがポイントです。これがあるとないとでは、よりトラブルがなくゲストを泊めることができることにつながるからです。

そのマニュアルには、その泊める部屋のルールや、トイレ、お風呂場などに行く道順を描くのもポイントです。また、最新の家電があれば、その使い方も書いた方がより良いでしょう。食器乾燥機や浴室の暖房機などは、なかなか使う機会がない人も多いものです。それらをちょっと書いておくだけも、ホストの気配りが見えます。

外国人が来ることもありますから、やはり英文の説明書というものも置いておくのも、より予約が増えるところです。インターネットや家電製品などの他にも、出入りできる時間の決まりごとなども英文で書いておきましょう。

意外とトイレの温水洗浄の機能を知らなかったり、お風呂場の浴室乾燥機の使い方が分からないという外国人も多いものです。多機能な日本語で書いてある電子レンジや、洗濯機なども使い方が複雑で分からないという人も多いので、そういったところも英文で書いてあげましょう。

外国人とのトラブルの問題も代行してくれるairbnbでは、外国人への心のこもった日本流のおもてなしをすると、よりリピート率が上がります。

英語の文が書けない時には、エキサイトなどの翻訳ができる機能を使えば、スムーズに書けますね。

また、ベッドの上に靴を履いて上がるのも、日本文化とは違うところです。その国の日常生活について調べておくことも、外国人をより快適にもてなせることにつながります。


airbnbで稼ぐには

airbnbで稼ぐ最も簡単な方法は、人気の地域に家やアパートを購入して貸し出すことです。渋谷などは特に外国人観光客から人気がある場所のため、部屋の稼働率は90%を超えています。賃貸で人に貸すよりはるかに高い収入が得られます。

稼働率はairbnbのHPで調べることができる他、HPでは他の物件の位置や価格もわかります。競合物件にはどんなものがあり、価格設定はどうしているかが一目でわかるので便利です。

新たに物件を購入するのではなく自分が住んでいる家を貸し出したい、持っている不動産を貸し出したいという場合でも稼動状況を調べればどのくらい需要があるか予測でき、宿泊代を決めるのに参考になります。

特に人気がある地域ではない場合でも他に競合する物件がない場合には稼働率が高くなります。また部屋のインテリアを清潔感のあるものにしたり、値段を安めに設定してゲストを増やす方法もあります。大きく稼ごうというのではなく、自分が住んでいる家や部屋を貸し出してちょっとしたお小遣い稼ぎをしたいという場合には有効な方法です。

今は外国人観光客が増えており、これから東京オリンピックに向けて需要は益々増えていくと考えられています。参入するのならなるべく早いうちが良く、良いホストとして認識されれば稼ぐのがより容易になります。

しかし需要が高まるという事はairbnbの参入者が増えるという事なので、何部屋も貸し出している場合にはそれだけサービス面などを充実させる必要があります。サービス面を充実させるといっても基本的なことで部屋を清潔にしておいたり、連絡をスムーズに行う、何かあったときの対応がスムーズに行えるかなどです。こういった基本的なことが信頼を得て良い評価を得るために必要です。

仕事を持っているなど自分だけで対応しきれない場合には代行業者を利用するのも良い方法で、そういった清掃や手続き、利用者との連絡などを代わりに行ってくれるので全て任せられます。自分で行うよりも効率的で、新しい物件選びなど他の事に時間をさけます。


airbnbで稼ぐコツとは

今副業として人気が出始めているのがairbnbです。airbnbとは世界中で登録者がおり、airbnbに登録されている物件や部屋に宿泊したい場合は決められた料金を支払う事で宿泊できます。特に旅行者にとって人気があるairbnbですが、現地のホテルに泊まるよりも現地の家に宿泊するのでより旅が楽しめるという理由から人気が出ています。他にもホテルに宿泊するよりも安いという利点もあるため、国内では日本人のみならず海外からの旅行者にも人気があります。airbnbというのは仲介をするだけのサイトであり、基本的に登録されている物件のオーナーは営業などはできません。airbnbを利用したいと思っている人が場所や日時、好みの物件から選んで宿泊が成立するという形です。ちなみにairbnbでは宿泊料金の代行もしていません。サイト自体では仲介のみしかしていないため、料金トラブルなどは全てオーナーと宿泊者でのやりとりになります。airbnbで本格的に稼ぎたいと思うのなら、一番重要視するのはairbnbでの口コミ評価です。airbnbでは自分が実際に宿泊して利用した物件や部屋に対して口コミ評価をすることができます。実際に泊まってみて良かったか悪かったのか、オーナーとのやりとりはどうか、周辺環境はどうかなど全ての点で率直な意見を聞けるのが口コミ評価の利点でもあります。多くのairbnb利用希望者はこの口コミ評価を見て宿泊場所を決めることが多くあります。そのため、airbnbで宿泊者がいれば如何にそのお客さんから高評価を得ることができるか、と言う点が重要になります。そのためにはサービスを良くしたり、部屋の環境を整えたり、アメニティを充実させたり等工夫が必要になります。何もしないではお客さんは来ないので、何かしら工夫が必要です。最近はairbnbで宿泊したお客さんは現地で農業体験や郷土料理作りの体験ができるオプションもあります。そうしたところは家族連れに人気があり、結果として宿泊希望者が募って稼ぐことができます。見知らぬ人でも如何に大切に真心をこめて対応することができるか、と言う点が問われる時代です。


airbnbを始める際、始めはディスカウントを

現在日本で大幅に登録数を増やしているairbnb。

これから参入するかたにも、まだまだチャンスはあります。日本でのゲスト側の需要も大幅に伸びているからです。

円安に加えて、東京オリンピックもあります。これから数年は稼ぎ時になるでしょう。

今から参入してレビューを増やしておけば、東京オリンピックのときには予約が満杯、その後はセミリタイア、ということも夢ではありません。

早速、物件を探してairbnbに登録するかたも多いと思いますが、何と始めは予約が一件も入らないのが普通です。

よほど特徴のある、海外からのゲストに訴えかける物件を確保しているかたなら、最初から予約が入るかもしれません。ただ、多くの物件では最初は予約が入らないのです。

それはレビューのシステムによるものです。ゲストは宿泊先を決める際、レビューを参考にします。

あなたの物件のそばに、すでに良いレビューが沢山ついている物件がある場合、ゲストはレビューのある方を優先して予約するでしょう。

それなら、新規参入は難しいのでしょうか。

airbnbも公式サイトでもこの件に関してのアドバイスが掲載されています。

新規でホストに登録した場合は「周辺相場の7割くらいの料金を設定してください」とのアドバイスです。

価格を下げれば、検索上位に上がっていきます。検索上位に上がって行けば予約が入るようになるのです。

ただ、新規ホストの場合はゲストも慎重になりますので、質問が多く寄せられるようです。

質問が来た際はチャンスだと思って丁寧に対応してください。

airbnbの運営側もそのような新規ホストは上位に上がるよう配慮してくれているようです。

新規のホストでも上位にランクされることがあるのです。

さらに重要なのはリスティングする際の部屋の写真です。

くれぐれもフラッシュなどを使わないようにしてください。写真が平板になってしまいます。

部屋の写真を撮る際は、窓から柔らかい自然光が入る時間を見計らって撮影することをおすすめします。

自信のないかたは代行業者に撮影を依頼しても良いでしょう。


東京オリンピックの開催前にスーパーホストを目指しましょう

今、かなり注目を浴びているairbnbです。

これから参入しても十分に利益が出せる余地があります。

airbnbへのホスト登録数増加率は日本がずば抜けて高いそうです。

それだけライバルが増えている状況ですが、airbnbにおける日本へのゲスト側の需要も急激に伸びているのです。

アベボミクスの恩恵と言って良いのでしょう。円安により、日本に訪れる観光客が飛躍的に増加しているのです。それに引き替え、ホテルなどの宿泊施設は足りていない状況です。

海外ではすでに周知のインフラとなってしまったairbnbですから、海外から訪れる観光客のかたがたはホテルが満室であればairbnbのホストを探すでしょう。

いや、始めから「日本の普通の住居に宿泊したい」というニーズも多いようです。airbnbのコンセプトが

「暮らすように旅をしよう」というものですから、airbnbを通じて、独自の需要も多いのです。

これから参入するかたは、東京オリンピックまでに良いレビューを沢山もらうことを目標にすると良いでしょう。

さらに良いレヴューが多くなると、airbnbの運営から「スーパーホスト昇格のお知らせです」というメールが届くかもしれません。

「スーパーホスト」とはヤフオクにおけるゴールドメダルやプラチナメダルのようなものでしょうか。

いや、例えが分かりにくいですね。要するに「スーパーホスト」とはairbnb運営が優良ホストであるとのお墨付きを与えてくれる称号なのです。

スーパーホストになるためには、「一年で10件のホスティングをすること」「高い返答率」「5つ星のレビュー」「予約をキャンセルしない」と言った条件があります。

まあ、しごくあまり前のことです。ただ優良なホストになるべく努力すれば良いのです。

スーパーホストになると、特典があります。

「スーパーホストバッジ」がリスティングに付くので、ゲストの予約を得るのに有利になる。

「1年間スーパーホストを継続するとUSD100が進呈される」

「優先的サポートを受けられる」

「airbnb主催の特別イベントに招待される」等です。

東京オリンピックまでにスーパーホストになっていれば、かなりの収益を見込むことができます。

信頼できる代行会社に丸投げしてしまうことで、労せずスーパーホストになることもできるでしょう。

多少の費用がかかっても十分おつりがくると思いますよ。