「 airbnbノウハウ 」一覧

airbnbでホストとして部屋を貸すまでのノウハウとは?

airbnbとはいったいどのようなサービスなのでしょうか。現在、日本は空前の観光ブームとなっています。毎年海外からの旅行客は増えています。そうした旅行客に自分の空いている物件を貸し出すのがairbnbのサービスです。このサイトに登録することで、自分の空き部屋とそれを必要とする旅行客をつないでくれるわけです。では、実際にホスト(貸し側)として部屋を貸すまでにはどのような流れがあるのでしょうか。そして、効率よく予約を管理するコツは何なのでしょうか。
まず、airbnbのホストとなるためにはサイトに登録する必要があります。その際に準備するのは部屋の情報です。当たり前ですが、部屋の住所や広さ、部屋の写真なども用意する必要があります。登録自体は簡単にできますので、それほど難しくありません。サイトに登録されてから実際に予約が入るようになります。注意したいのはこうした旅行客とのやりとりは英語だということです。英語ができなければ難しいと考えるかもしれませんが、今は翻訳ソフトなどもありますので英語ができなくてもホストとして旅行客を受け入れることは可能です。
さて、実際に人気が出だして予約が多くなると大変なのが予約の管理です。では、どうすれば効率よく予約管理をすることができるのでしょうか。多くの人が行う方法は予約のスケジュールを手帳やエクセルなどに記入するというものです。確かにこの方法でも管理を行うことができます。しかし、忙しいときに書き写す時間がないとか、さらには書き写す際にミスがあるとトラブルの原因となります。そこで、利用できるのがグーグルカレンダーです。実は、グーグルカレンダーはサイトのカレンダーと同期させることができます。つまり、書き写す必要がなくスケジュールを管理することができるのです。
また、あまりにも忙しくてしっかり管理できないという人は部屋の掃除などの管理を含めて代行してくれる業者がいますので、そちらにお願いすることもできます。


知っておくべきairbnbで収益アップさせるコツ

今副業や時には本業としてairbnbというサービスを活用する事が流行っています。airbnbというのは、海外の旅行者とそういった方に部屋を提供したいと思っている方をマッチングさせる代行のサービスとなります。最近ではairbnbのホストも増えて来ていますし、これからはもっと増えると言えるでしょう。そのためライバルも多く、収益をあげるのが難しいという事も言えるのではないでしょうか。そこで、収益をアップさせるためのコツについて皆さんに紹介したく思います。
まずとても重要なのが、部屋の写真です。自分に置き換えてみても、やはり写真で綺麗に見えるような部屋は利用をしたいと思うのではないでしょうか。実際には魅力的な部屋であっても、写真が汚かったりあまり綺麗に見えないとなかなか選ぶ事はないかと思います。ですから部屋の写真の質だったり、写真にうつった時に魅力的に見えるような部屋作りを心がけてください。例えば日本を感じさせるような素敵なインテリアを飾ったりなどが効果的です。
その他には立地なども大切なポイントになります。既に部屋がある場合には立地をかえる事はできませんが、これから部屋を用意するという場合には、駅の近くなど立地の良いところを選びましょう。また余裕があれば観光地近くも人気ですし、色々な観光地に出やすいようなところを選ぶようにしましょう。便利なところが好まれるのはやはり当然です。
そして最後にやはりリピートをしてもらったり、口コミで広めてもらえるような部屋作りをしてください。サービスや心使いがしっかりとしている部屋は使った後の満足感も高く、旅行者の方が帰国した後に友人に話すなどをして広めてくれる可能性が高いです。
ここで紹介をしてきたような事を意識すれば、きっと収益アップに繋がると言えるのではないでしょうか。これからもっと増えるであろう他の部屋に負けないように、是非とも工夫をするようになさってください。この情報が皆さんのお役に立てば幸いです。


こんなときどうする?トラブル一例 airbnb初心者ガイド☆

airbnbで物件を運営していると、必ずいつかはトラブルが発生するでしょう。それはホスト側の問題であったり、ゲスト側の問題であったり様々だと思います。今回は実際に起こりうるトラブルや発生し得るクレームについて、その予防方法なども一緒に考えてみましょう。

・ホスト側に問題がある場合
①部屋の清掃が行き届いていない
清掃をホスト自身で行っている場合、これは非常に発生しやすいでしょう。自分なら気にならない、という箇所でもゲストにとっては見過ごせない、ということは多々あると思います。例えばハウスダスト、アレルギーのある方や気にされる方はたくさんいらっしゃるので注意すべきです。部屋の隅のホコリやエアコンのフィルターなど、ゲストを迎えるのであれば、そこまで気にする?という箇所まで徹底的に潰しておきます。どうしても自身で手が回らない場合は代行業者に依頼しましょう。

②鍵の受け渡しトラブル
airbnb運営に慣れ、部屋の稼働率も上がり出した頃によく発生し得るミス、トラブルだと思います。鍵の準備を忘れてしまってはゲストの信頼を大きく損ねることにつながります。予約の管理はしっかりとし、ゲストとの連絡を密にしておきます。絶対に忘れてはならないことはチェックリスト化して事前に確認し、ケアレスミスによるトラブルを回避しましょう。

③近隣からのクレーム
airbnbで物件を運営していく上で、近隣との信頼関係を損なうようなことがあってはいけません。まず一番最初に、隣近所や管理組合などにはしっかりと説明し、了解をとっておきましょう。何も知らされず、見知らぬ外国人が多数出入りしている部屋がある、という噂がたっては誰しもが不安になります。そうでなくても、外国人嫌いの方も中にはいらっしゃいます。近隣からのクレームが続けば最悪撤退しなければならない、という事態も想定されるので、周囲の了解は事前にしっかりととっておきましょう。

・ゲスト側に問題がある場合
④騒音トラブル
外国人のゲストを部屋に泊めるとなった場合、まず起こり得るのが騒音の問題かもしれません。ゲストにとっては普通でも日本人にとってはうるさく感じたりすることもあり、複数のゲストが宿泊される場合は特に注意が必要です。他言語対応の部屋のマニュアルを準備したり、してはいけないことは目立つように掲示してなるべく予防しましょう。

⑤破損、盗難トラブル
airbnbを利用して日本を訪れる外国人のゲストは、多少なりとも日本に興味があり、日本のことが好きなのは間違いありません。なのでこのようなことはないと信じたいのですが、中には心無いゲストもいるかもしれません。airbnbには一予約毎に保証がついていますが、現金や貴金属は対象外となっています。なのでそれらがゲストの近くにある場合は厳重に管理しておきましょう。念のために住宅保険、賃貸住宅保険をかけておくのも良いでしょう。

トラブルの一例についてみてみましたが、これ以外にも様々なトラブルが発生する可能性があります。しかし事前にどのようなトラブルが起こり得て、どのようにすれば予防、対処できるのかを知っておけば、対応のスピードにも違いが出てきます。そして、トラブル回避に重要なのはゲストとのコミュニケーションを密にすること。例えば世話焼きな大家さんになったつもりでゲストにサービスを提供すれば、トラブルやクレームになる前に解決できるのではないでしょうか。高収益につなげるためにも、また利用したい!と思っていただけるサービスを目指しましょう。


英語が話せなくてもairbnbで稼げるノウハウとは?

海外からの旅行客は毎年増えています。さて、その旅行客増加に対応するために現在注目されている副業があります。それはairbnbというサービスです。このサービスの魅力は海外からの、つまり世界中の旅行客を相手に自分の空いている物件を貸すことができるということです。では、どうすればairbnbのホスト(貸し手)として稼ぐことができるのでしょうか。仮に英語ができない場合にはどうしたら良いのでしょうか。今日はその点を記したいと思います。
まずairbnbで海外からの旅行客とやりとりする上で用いる言語は英語です。それで、予約や旅行客からの質問などのメールはすべて英語で行わなければなりません。では、英語ができないとホストになるのは難しいのでしょうか。
結論から言うと英語ができなくてもホストとしてできることはたくさんあります。まず、英語ができなくてもきちんと旅行客を迎える準備をしておくのであれば大丈夫です。基本的に旅行客を迎えるにあたって必要な情報は決まっています。例えば、空港や駅からの道順や経路図、部屋に滞在するときに注意すること、家具家電の使い方、チャックイン、チェックアウトの時間、カギの受け渡し方法などなどです。こうしたことをすべてマニュアル化しておくば、例え英語ができなくても旅行客を迎えることができます。もちろん、お金があれば部屋の管理を代行してもらえる業者にお願いもできます。
とはいえ、実際にマニュアルだけでは対応できなくなることもあります。時には口頭で質問されたり、そしてその質問が聞き取れないということもあるでしょう。そんなときに役立つのがグーグル翻訳などの翻訳アプリです。こうした翻訳アプリを使うってコミュニケーションをとろうとすると向こうも怒らずに対応してくれます。
つまり、大切なのはホストが英語ができるかどうかではなくて、きちんとその旅行客を迎え入れたいという気持ちを持っているかどうかなわけです。しっかりとおもてなしをしたいという気持ちを持っているのであれば、仮に英語がうまくできなくても十分に高評価を得ることができます。


初心者でもairbnbで稼ぐためにできるいくつかの方法

現在注目されている海外からの旅行客を対象とした副業があるのをみなさんはご存知でしょうか。その副業とはairbnbというものです。これはいったいどのようなサービスのことなのでしょうか。簡単に説明すると、自分の持っている空き物件を旅行客に貸すというものです。これまで空き部屋だったものを有効に活用することができるので、副業として人気を集めています。では、どうすれば初心者だとしてもairbnbで稼ぐことができるのでしょうか。今日は主にできる2つのポイントを記したいと思います。
まず最初に行うことはプロのカメラマンに部屋の写真を撮ってもらうということです。きっと、みなさんもこれまでネットでホテルを探して予約したりということをやったことがあると思います。どんなことが決め手となったでしょうか。恐らく価格や立地だけでなく、そこにアップされている部屋の写真やホテルの雰囲気は予約するかどうかを決める上で大いに役立ったと思います。逆に言うと、写真があまり良くなかったので、予約する候補から外したホテルもあったのではないでしょうか。それだけ写真撮影というのは重要な要素なわけです。特に、airbnbはネットで泊まりたい部屋を探して予約するサービスなので、特に重要と言えます。この点で、サイト内ではプロのカメラマンにお願いして写真撮影をお願いすることができます。ぜひ、しっかりとした写真を撮ってもらうようにしましょう。
次に行うべきことは部屋を快適に使ってもらうための案内とルールブックを作成することです。旅行客の中には外国から来ているという人もいます。それで、できるだけ英語版でも作成するようにしましょう。こうしたルールや案内を作成しておくことには多くのメリットがあります。例えば、旅行客はそのおかげで部屋を快適に使用することができ、レビューの評価が上がります。当然、レビューが高いと予約されやすくなるのです。また、トラブル回避にも役立ちます。


airbnbで稼ぐためには口コミをチェックすることが大切です

最近、何かと話題のairbnbですが、貸す側にとってどのようなメリットがあるか、とういのが重要です。
例えば、手持ちの不動産を持て余していて有効活用をできないか、と考えている方にとっては、まさにうってつけといえるのではないでしょうか。
日本においても自分の不動産を所有しつつ、有効活用をするために登録をしているケースがあります。
airbnbに登録をするとっても作業は自分で行うので、できるだけ魅力的な文章を考えたり、写真の撮り方もこだわったほうがいいのです。
とはいえ、あまりにもよく見せすぎるのもいけませんから、ありのままの魅力を引き出すように心がけましょう。
日本人にとっては古くて汚れていると感じられる古来からの建物であっても、海外の人からすれば味わい深くて魅力だと受け取られる場合もあるのです。
最低限、清潔にすることさえ心がけるようにして、おもてなしの心を常に意識することが大切だといえます。
一見さんが宿泊をしたとしても「良い宿」だと認識されれば、次の顧客を獲得する道筋にもつながるのです。
宿泊をしたことがある施設の口コミを利用者が投稿することもできますから、新しい方が判断する目安にもなります。
宿泊者が良い口コミをつけてくれれば、宣伝効果にもなりますので、1人1人きちんと満足をしてもらえるような対応をすることが、airbnbで儲けるコツだといっても過言ではありません。
なかなか最初に登録をしたての頃にはうまく立ち回れないかもしれませんが、誠実に対応をしてさえいれば結果は後からついてくるものなのです。
もちろん口コミの中には良くないものが紛れている場合もありますが、それはあくまでも改善点だとして受け止めましょう。
改善できることがあれば積極的に動くことで、より理想の宿が完成するのです。
自分の経営者からとしての視点とはまた違った立場で物事を見るきっかけともなりますので、口コミは必ず頻繁にチェックするようにしてください。


空き部屋を提供するだけでお金が稼げる時代になるなんて…

今airbnbを利用した新しいビジネスモデル体系が出来上がりつつあるのをご存知でしょうか?このサービスを今更一から説明することはしませんが、まさかairbnbを利用したビジネスモデルをつくり上げる人が出たなんて…想像通りといえば想像通りですが、いささか早かったように感じます。
せどり、ダフ屋…いつの世も信じられないような方法でお金を稼ぐ人は出てきましたが、クラウドワークスといい…段々とその方法もハイテク化してきたものなだなあと感じる次第です。今回のairbnbを利用したビジネスモデルだってインターネットと高度な技術がなければ絶対に成り立たないことです。この先このビジネスモデル体系を立ち上げた人がいくら稼いでいくのか、非常に見ものではありますが、うまくいけば億は間違いなく稼げることでしょう。
しかしairbnbに関してはこういったおいしい話ばかりではありません。ビジネスとしてやっていくにはそれなりのリスクが伴ってきます。実際失敗した時の被害額は途方も無い額になることでしょうし、海外では失敗した人の情報で溢れているようです。airbnbサービスの本場、サンフランシスコにも最近は逆風が吹いているようで、なかなかうまくいくのはレアケースと聞きます。
airbnbを利用したビジネス体系の一つに代行サービスなるものがいくつかありましたが、それらも殆ど今ではなくなってしまいました。日本で新しく登場したビジネス体系がどれほど成功するのか…やはり楽しみといわざるを得ません。
今の時代、人と交流すること無く、たくさんの金額を稼ぐことができる時代です。この人の交流を手助けを人と交流することなく行い、お金を稼ぐairbnbサービスを利用したビジネスモデルは、現代を象徴するビジネス体系ということができるのではないでしょうか。昔は才能があってもチャンスが無いということでお金を稼ぐことができない人がたくさんいました。そういった人達にとって良い時代になったといえるでしょう。


airbnbには注意点もあると知っておこう

airbnbは部屋を貸したい人と借りたい海外旅行者とを結びつける、魅力的な代行業者です。このairbnbを活用した副業は今注目されていますので、自分もやってみたいと思われている方は少なくない事かと思います。あまっている部屋があるという方は、基でがあまりかからずに収入を得る事ができる可能性もありますから、airbnbを是非やりたいと思われるのも無理はありません。
確かに部屋を貸す事で副収入を得るというのは魅力的である事は間違いありませんが、実際に始めるにあたっては注意点もあるという事を覚えておきましょう。魅力だけを見て何も考えずに始めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。また注意点を守る事で自然と良い部屋作りができるようになりますから、収入アップにも繋がると言えるでしょう。
具体的な注意点をいくつかここで挙げていきます。まずは部屋によっては借りてがつきにくい事もあるという事を知っておきましょう。例えば駅からとても遠い、観光地に出にくいなどのところは基本的に条件があまり良くありません。ですからそういった場合にはとにかくサービスをする、部屋の価格を相場より低めにするなどの工夫をしないとなかなか借りてもらう事ができないでしょう。
その他にも、キッチンや家電の使い方がわからずにボヤをおこしてしまったり、家電を壊してしまう、漏電してしまうなどそういったトラブルの可能性もあります。説明を英語や中国語、韓国語などでつけておく、オール電化にして火を使わないようにする、こういった工夫が大切です。また大声で騒がないなどの注意点に関しても、同じように用意をして目につくところにはっておかないと近隣からウレームが来る恐れもあります。
そして最後に重要な事は、利用者が快適に過ごせる環境作りを怠らないという事も大事になります。適当に部屋を用意して貸し出す、これでは全く魅力的ではありませんし利用者の満足度は低いです。おもてなしの心を持って魅力的で快適な部屋作りを心がけてください。


安心してairbnbを利用するために知っておくべきこと

こんにちは、airbnbを利用した濃密な海外旅行、楽しんでいますでしょうか?もちろん最初は不安でいっぱいでしょうが、慣れてくるとこれ以上に海外を楽しむことができる方法は無いと気がつくことができるはずです。しかし最初の手続きが面倒なのは確か、また言葉の通じない人の住宅に宿泊することに抵抗がある人もまだまだいることでしょう。今日はそんな方のためにairbnbを利用するために知っておいたほうがよいことをいくつか紹介したいと思います。
まず最初に紹介したいのは代行サービスの存在です。最初に述べたようにairbnbを利用するには様々な面倒な手続きが必要です。そういった手続きをしておかないと面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が上がる他、実際にトラブルに巻き込まれた時に保証を受けることができないからです。そういった面倒な手続きを全て済ましてくれるのが代行サービスなのです。この先airbnbを利用しようとした時、分からないことが出てきたら、きっと助けになってくれることでしょう。
次に紹介したいのはairbnb自体にトラブルがつきものであるということです。このサービスは海外で今流行しているとはいえ、日本ではまだまだ知られていません。そして全ての感覚が海外基準で設定されているため、潔癖な日本人からしたらトラブルに思えることでも、海外からしたらトラブルとして扱ってくれないこともたくさんあります。airbnbを利用する時点でトラブルは避けて通ることはできないと考えておいたほうがよいでしょう。しかしそれと同時にそういった意識を持っておけば小さなトラブルは全て簡単に回避することができます。トラブルに直面した時、一番してはいけないことはパニックに陥ってしまうこと、事前にトラブルはつきものであるという心構えをもつことでパニックになることを避けましょう。
今回は二点しかご紹介できませんでしたが、この二点を知っておけばairbnbをとりあえず利用することはできるでしょう。


バックパッカーはもう古い?今はairbnb一択の時代!

バックパッカーという言葉をご存知でしょうか?バックパッカーというのは海外をリュックサック一つでさすらう人を指した言葉で、少ないお金をやりくりしながら現地の宿泊施設を転々とする人達のことをそう呼びます。お金が無いながらも、海外を効率よく、濃密に楽しむ方法として、一昔前に若者を中心に大きく流行しました。私も一時期バックパッカーとして、アメリカ大陸を横断したことがあります。確かにバックパッカーは非常に現地を楽しむには最適な方法の一つと呼べるのですが、どうやら今となってはそれも古いようです。
airbnbというサービスをご存知でしょうか?このサービスは誰でも宿泊施設を提供することができるようになるという画期的なサービスで、誰でも宿主になることができます。誰でも宿主になることができるということは、そういった人達の住宅に実際に泊まることもできるというわけです。海外旅行において、現地人の住宅にお邪魔することほど、タブーであり魅力的な行いもありません。今まで何人もの海外旅行者がそれを夢見て、半ばナンパのような形で実践し、破れてきたのです。しかしこのairbnbというサービスを利用すれば実際に海外旅行者に家の一室を貸し出したいという人から借りることができるため失敗がありません。また、宿泊料金も現地のホテルとくらべても安いくらいですので、非常に安価にその国を深く楽しむことができるのです。
もちろん貸し出す人の中にはお金を稼ぐことしか考えておらず、コミュニケーションを全くとりたがらない人もいるそうです。そういった情報はairbnbの備考欄でしっかりと確認することができるため、コミュニケーションをとりたければそういった人から宿泊施設を借りる必要があるでしょう。
また今は代行サービスなんかもあるため、パソコンやそういった手続きに疎い人でも安心してairbnbを利用できるようになっているそうです。バックパッカーとして流離うくらいであれば、同じお金でもっと濃密に海外を楽しんでみてはいかがでしょうか?