「 airbnb代行業者 」一覧

英語で全てを作成する便利なシェアリングエコノミー普及

これかの時代は、かなり外国人の観光客が多くなりますが、なかなか日本では英語でスラスラと対応できる人も少ないのが現状です。簡単な単語はできるかもしれませんが、やはり、ホストとしてゲストをきっちりと迎えるのなら、外国人からの質問に英語で答えられる英語力は欲しいものです。

でも、急にはなかなかその英語というものを覚えるのも大変です。ましてや、早口で喋る外国人の英語を聞き取っては性格に答えるということは実に難しいでしょう。そんな時には、様々な頼りになるairbnb運営代行のシェアリングエコノミー普及協会を利用するといいでしょう。

このairbnb運営代行するシェアリングエコノミー普及協会では、「ENISHIおもてなしチーム」という便利な頼りになる代行サービスがあります。より的確に、よりその丁寧な英語で外国人をおもてなしできる高い英語力を誇ります。その現地住民のコミュニケーションの仲介役を的確にこなすことができるのです。

このチームの業務内容としては、airbnbホスト登録と物件詳細登録をこなします。ホストの紹介文やプロフィール登録も英語でできます。また、認証IDを取得したり、銀行口座登録も的確にこなします。部屋の紹介文はもちろんのこと、近隣情報から価格の登録も記入できます。難しい英文のキャンセルポリシーからハウスルールも、4000字程度までを分かりやすく英文で書くこともできます。

ウェルカムガイドの作成では、気になる最寄駅までの地図からアクセスの仕方、緊急時の連絡先から鍵の受け渡しについてのマニュアルも作成します。鍵の受け渡し方法などの難しいマニュアルなども綺麗に英語で作成することもできます。

とっても便利なのが、バーチャルおもてなしです。より素敵な心がこもった英語の文章を書きますし、ゲストからの質問も素早く答えては売り上げを伸ばすことにつなげます。リアルおもてなしでは、英語文でも日本語文でも対応でき、airbnb運営代行なら相手に丁寧な態度で謝罪からフォローアップを行う初心者ガイドブックです。


ホストの信頼を高めるサービスをするairbnb運営会社

英語対応もするairbnb運営代行のシェアリングエコノミー普及協会では、初心者の人でも安心のアカウント登録かも行います。また、物件詳細登録もこなすのが頼もしいところです。撮影の予算から部屋の広さ、場所などを考えた理想の物件を探し出し、登録をしてくれるのです。もちろん、写真も素敵に撮り、見やすいように載せます。

もっと多くの人の目に触れさせては、その物件の魅力をアピールすることができます。素敵なウェルカムガイド・キーガイドの作成までこなすのも、このairbnb運営会社の魅力です。予約を取ってみたいという人の問い合わせ対応も、分かりやすい英語でこなします。

面倒な予約スケジュール管理も行いますから、よりスムーズにホストが予約状況を把握しては手続きもできるようになります。そして、空き室などをしっかりと伝えることもでき、トラブルも避けては、より多くの宿泊予約を取ることができるようになるのです。

そのホストの希望する宿泊費なども考慮しながら、宿泊価格調整なども提案します。ゲストからの実際に泊まってからのレビューを管理したりもできます。このレビューも英語であることがありますが、これらも全て英語対応できるairbnb運営会社ならこなせます。

ホストが不在の時であっても、わざわざ立ち会う必要もなく、確実に鍵の受け渡しをしてくれます。それも、鍵の管理を安全に行えるキーボックスを取り付けてくれて、スムーズに鍵をゲストに渡すことができます。

気になる近隣住民への配慮も怠りません。ゲストが大きな声を出して騒いでしまったとか、近所の物を酔っ払って壊してしまったなどのトラブルがあった場わいには、謝罪もこの運営会社がしっかりと対応します。

シェアリングエコノミー普及協会なら、その分野により詳しいプロに頼むからこそ、質の高いサービスを実現できます。こういった運営会社の代行サービスを利用することで、素早い対応ができ、信頼にもつながります。

とっても頼れる初心者ガイドです。


airbnbで部屋を貸し出す際に気をつけたいこと

airbnbのホストというのは、全く知らないかたを自分が所有している空間に招き入れることになります。ゲスト側は一般的な宿泊施設よりも安い価格で部屋を借りることができてお得ですし、貸し出すホスト側としても使用していない部屋を有効的に利用することができます。お互いにとっていい点ばかりに思えますが、見知らぬ他人同士である以上、部屋の貸し借りには注意点がさまざまあることも忘れてはいけません。ホスト側はあらかじめあらゆるトラブルに対して対策を行っておいて、安心安全に不動産運用をしていきましょう。

airbnbで実際にホストが住んでいる家の一室を貸し出す場合には、貴重品の管理にくれぐれも気をつけてください。現金や貴重品を持ち出すことができない頑丈な金庫に保管することはもちろんですが、装飾品などを置きっぱなしにしているとゲストが黙って持ち帰ってしまうということも少なくありません。故意でなくてもアメニティだと勘違いされて持ち去られてしまうことも多くあります。このことからも、ゲストに提供する部屋にあるものの管理を徹底することが必要です。無駄なものは置かずに全てゲストに提供してもいいと思えるものに置き換えておくことが大切ですし、部屋の利用マニュアルをゲストに守ってもらうことを徹底してください。

また、設備が故障してしまったり近隣住民に対するゲストの迷惑行為などの対応もホストに委ねられます。airbnbには運営をホストに代わって代行してくれる業者もありますので、一人では手に負えないと思った時には無理をしないで業者に依頼しておくことも検討しましょう。手数料は掛かってしまいますが、万が一のことを考えたとき、ホスト側とゲスト側の安全を思えば決して高いとは感じないはずです。

また、あまり運用範囲を広げないというのも一つの手です。中には国内のかたのみに部屋の貸し出しを行っているホストもいますので、手が届く範囲でのみ貸し出しを行っていくよう心がけていってください。


Airbnbを成功させるためにも代行業者に頼ろう

近年、円安化の影響で日本を訪れる外国人旅行者が急増していることもあって、日本における宿泊施設の慢性的な不足がクローズアップされています。2020年には東京でオリンピックが開催されますから、この問題はいつまでも放置してよいものではありません。そこで注目を注目を集め始めているのが、「民泊」と呼ばれる新しいタイプの宿泊施設です。民泊とは、個人が空き部屋を旅行者に有料で貸し出すサービスのことを言います。ホテルではなく民家に泊まる。そんな新しい旅のスタイルが、外国人旅行者を中心にして人気を博するようになっているのです。

このブームの火付け役となったのが、2008年にアメリカで創業されたairbnbという会社です。彼らが、空き部屋を貸したい個人(ホスト)と民家に泊まりたい旅行者(ゲスト)をマッチングすることによって、民泊の利便性は飛躍的に高まりました。今やホストはairbnbのサイトに物件登録するだけで、世界中のゲストから賃貸の予約を受けることができるようになったのです。

airbnbが仲介してくれるおかげで、民泊ビジネスをスタートさせることは驚くほど簡単になりました。しかし、実際に運営していくとなると、様々な困難に遭遇することになるかもしれません。その一つが、ゲストからの問い合わせへの対応です。民泊ビジネスは部屋を貸すだけで収入が稼げるという理想的なビジネスですが、ゲストへの対応に時間が割かれるとあっては、このビジネスの利点である時間対効果の高さが損なわれてしまいます。ゲストへのメール対応、案内ガイドやハウスルールの作成、清掃、鍵の受け渡しなど、ホストがやらなければならぬことは結構たくさんあります。そのうえ、外国人旅行者を相手にするとなれば、英語にも精通していなければなりません。そこでオススメしたいのが、ホストに代わってそれらの業務をこなしてくれる代行サービスの利用です。面倒なことは全部業者に丸投げしてしまえばいいのです。民泊サービスの成功を左右するポイントは、コミュケーション能力の高さとゲストへの対応の速さです。業者ならば、それらに十全に応えてくれます。手数料はかかりますが、長期的に見れば多大なるメリットを受けることができるでしょう。

日本でも民泊の需要が高まりつつあり、民泊ビジネスは更なる市場拡大が見込まれています。このブームからの恩恵を取りこぼさぬことがないよう、しっかりとした準備をしておきましょう。そのためにも、代理業者はうまく使いたいものです。


日本でも始まるairbnbの代行サービス

airbnbといえばairbnbのウェブサイト上に自宅や自分が所有する物件を掲載する事で

その物件に旅行客を宿泊させることが出来、宿泊客からその対価を支払ってもらうという

宿泊サービスの一つですが、国内からの利用もあるとはいえ

主に利用するのは海外から日本にやってくる観光客の方の利用が多く

鍵の手渡しや各種宿泊に関するマニュアルの作成も当然英語で行わなければなりません。

最近注目されているのがairbnbにて貸し出しを行うにあたって面倒だと感じるような

部分の作業を代行で行ってくれるairbnbサービスです。

このサービスは先に書いた鍵やマニュアルに関する事はもちろんのこと

宿泊後の清掃サービスまで行ってくれる非常に便利なサービスとなっています。

海外では代行サービスの展開は盛んでしたがこれまで日本では

ほぼ代行サービスといったものは行われておらず、貸し出しをしようと思うと

各種下準備はすべて自分で行わなくてはならず、自宅貸しの場合はまだしも

複数の物件を貸すような場合には鍵や清掃で大忙しということも日常茶飯事でした。

しかしここ最近日本でもairbnb代行サービスが首都圏をメインにですが

行われるようになっており、このような煩雑な手間を解消する事が

可能になってきています。

掃除料金は部屋の大きさによって変動しますが

鍵の受け渡しやマニュアル作成などは一律料金なので

マニュアルを作る時間はあるけどチェックインの時間にどうしても予定を合わせられない

というようなときには鍵受け渡し代行

家具などを買い換えてマニュアルを書き直さなければいけないけどそんな時間が無い!

といったようなときはマニュアル作成代行など

その時々の忙しさや状況などと相談してどのサービスを利用するか選択すれば

良いのではないでしょうか。

会社にもよりますが基本的に契約は月単位ではなくその時々に行われる形になっているので

折角契約したのにタイミングが悪くてあまり貸し出しができずもったいない・・・

といった事にはならないので安心して利用する事ができます。