「 airbnb体験談 」一覧

京都の古民家をairbnbに登録したら、毎日予約がいっぱい!

最近、古民家を買いました。京都の下鴨神社近くに建てられた大変古い古民家です。知り合いのツテのおかげで、相場よりずっと安く買えたのはラッキーだったのでしょう。少々傷んでいる部分もありますが、リノベーションすれば、まだまだ快適に住めそうです。ちょっと贅沢ですが、その古民家は週末別荘として利用するつもりでした。問題はリノベーションにどれだけの予算をつぎ込むかです。別にうちは裕福なわけではないので、それだけが悩みの種でした。

ところがです。お友達にそのことを話したところ、普段住んでいないときは民泊として貸し出し、お金儲けすればいいじゃないと勧められたのです。それまで噂には聞いたことがあるけど、友だちにそう言われるまでは、民泊のことなんてちっとも頭に上りませんでした。しかし、ひとたび民泊が選択肢となると、以後はやるしかないという思いになりました。民泊で稼げばリノベーション費用に頭を悩ませる必要もありません。それに週末別荘だなんて、ちょっと身分不相応かなと反省するところもあったので、後ろめたさを解消するには民泊はお誂え向きだったのです。

さっそく、私たちは古民家をリノベーションし、airbnbに物件登録しました。すると、どうでしょう。京都という立地の良さが好条件だったのか、次から次へと予約が舞い込んできます。お客さまの出身地は中国や韓国の方が比較的多めですが、それ以外にもヨーロッパやアメリカ、日本の方もいます。airbnbのおかげで、宿泊客が来なくて困るということは一切ありません。毎日のように誰かしらにお泊りいただき、この調子なら2年もすれば、古民家を買ったローンもペイできそうな勢いです。まったく、airbnbさまさまです。

京都の古民家を民泊で貸し出しているといっても、私たちは京都県民ではありません。京都の近隣ですが、そうそうしょっちゅう通うことはできない場所に住んでいるので、古民家の普段の管理は代行業者にお願いしています。さすが手慣れたもので、面倒な業務の一切を請け負ってもらえ、大変重宝しています。

週末別荘のつもりで購入した古民家ですが、今や私達が利用するのは月に1度か2度のみです。やはりお金が稼げるというのは魅力的ですから、せめてローンの支払が終わるまでは民泊専用にしようと思っています。良い物件を買ったなーと、夫婦ともども嬉しく思っています。


ホームステイとはまた違った魅力がairbnbにはある!

私はairbnbというサービスについて初めて人から説明された時、あまり良い印象を抱きませんでした。私は現在ホームステイのステイ先として幅広い国からホームステイ者を集っているのですが、そのホームステイ業をまるで商売のよう改悪したようにしか見えなかったのです。ホームステイは当然商売なんかではありません。他国の人と交流をすることで人を楽しませ、また自分も楽しむ…異文化交流を楽しみながら成長する学びの場なのです。私にはairbnbというサービスがホームステイという学びの場を薄めた商売の場に見えてしかたがありませんでした。
ですが友達があまりにもairbnbの利用を勧めてくるため、根負けして先日宿泊者を一人自宅に招待したのです。私はその一度のairbnbサービスの利用で、自分がいかに間違っていたかということを知ることになります。
私の家の一室に宿泊しに来たその女性はいろいろな国をまわって勉強をしているのだといいました。もちろん海外旅行ですので、観光地もそこそこ回りますが、人とのコミュニケーションに重きを置いていると話していました。
実際泊めてみて驚いたことに、私よりも広い見聞を既にもっていて、私から教えれることが何も無いということでした。私は今まで子供のホームステイ者を何人も泊めてきましたが、大人のホームステイ者とは触れ合ったことがありません。いかに私が小さな存在であったかを学んだのです。そしてairbnbを利用して私の家に宿泊に来るお客さんはとても日本を楽しみにしてやってきます。基本常にニコニコと笑顔でいますし、またいかに今日いった場所がスリリングな場所なのかというのを楽しそうに話してくれるのです。これはホームステイ先として存在していては決して経験できないことだと感じました。まだ一客ずつしか泊めていませんが、airbnb代行サービスなんかを利用すればもっと多くの宿泊者を家に泊めることも可能のようです。今度はいっぺんに3客くらい泊めてみようかと考えている次第です。


airbnbを使ってシーズンオフのラダックを旅しました!

インドのラダック地方を旅してきました!チベット仏教の雰囲気が色濃く残るラダックは、世界中の旅行通から一目置かれる人気観光地です。しかし、問題が一つ。私が長期休暇を取れるのは冬の間だけですが、冬のラダックはシーズンオフとなり、大半のホテルが閉業してしまうのです。人生で一度は行ってみたかったラダック。でも、冬しか行けないのなら諦める他ないのでしょうか?

そこで、私が選択したのが民泊サービスのairbnbです。ホテルが閉業していても、そこに住まう現地人はちゃんといる。だったら、彼らから空き部屋を借りればいいのです。そして、airbnbで検索してみたところ、ちょうど私好みの物件が見つかりました。宿泊料は程よく、食事の提供もあり、暖房とお湯も完備!最後の一点は、ラダックのようなヒマラヤ山中にある貧しい地方ではことのほか重要です。一日に何度も停電に見舞われることが日常茶飯事の地域ですから、一流ホテルでも暖房やお湯を保証してくれないところが多いのです。しかし、私が民泊するお宅は、どうやらラダック地方のお金持ちのご家庭のよう。そのため、ちょっといい加減なところのあるホテルよりも、ずっと信頼できそうです。私は迷うことなく、そのお宅にお世話になることに決めました。

そして、飛行機で降り立ったラダック地方の中心都市レー。噂に聞いていたとおり、激しい積雪があたり一面を銀世界にしています。しかし、今回は代行業者がタクシーで迎えに来てくれることになっていたので心配はありません。無事にレーの町まで届けてもらい、それから一週間の夢のようなラダック滞在が始まったのでした。高山の清明な空気と美味しいチベット料理、それにとても人のよいラダック人。雪のために観光らしいことはできませんでしたが、それでも十分に満ち足りた日々を送ることができました。

今回の旅でairbnbを選んで本当に良かったなと思います。民泊を利用せず普通のホテルに泊まっていたら、ここまで快適に過ごせなかっただろうし、現地人と触れ合うこともなかったでしょう。やっぱり、これからの旅は民泊にするのが良さそうです。従来型の旅より、ずっと充実した旅になります。


取材でairbnbを利用したのですが、大正解でした

私は普段漫画家という職業をしています。漫画を描くというと常に机に向かって自分の空想と戦っているようなイメージを抱かれるかと思われますが、意外と重労働で、また常に外から何かしら刺激とアイデアを補給する必要があります。自分の中にある空想だけではすぐに読者に飽きられてしまうからです。そういった自体を避けるために、先日イギリスの方まで行ってきたわけですが、どうせなら目一杯の刺激を取り入れてやろうと張り切った結果airbnbというサービスを利用することにしたわけです。
今回の海外への取材活動に担当編集もついてきたのですが、そいつがなかなかの海外通で、休みが取れる度に海外旅行へ行くようなちょっと変わったやつなのです。そしてその編集からairbnbというサービスを利用すればたくさんの刺激を取り入れることが可能だと教えてもらったというわけです。
私は何事にも物おじしない性格ですので、airbnbが現地人の住居に実際に泊まるサービスだと教えてもらった瞬間、利用することを決めました。確かに何かとトラブルがありそうなサービスですが、物怖じしていたら何も出来ませんからね。
イギリスに向かう最中の飛行機で、私は現地のことよりも現地の住居に宿泊できるということへのわくわくの方が大きかった用に思います。
現地に着くやいなや、その住居、宿泊施設にチェックインしたわけですがそのホストの方がとても和やか、且つコミュニケーションを取りたがる人で非常にびっくりしました。もっと殺伐なものを想像していましたから多少拍子抜けです。ですが結果的に現地のことをたくさん聞けたのと、実際の現地の家庭料理を堪能することができたので非常に満足しました。編集によると今回はコミュニケーションを重視したかったため代行サービスは利用しなかったとのこと…。どうやら代行サービスとやらを利用すればもっと宿泊施設らしい宿泊施設に泊まることも可能なようです。これからの海外取材は全部airbnbを利用して言ってもいいかなと思った私なのでした。


airbnbをきっかけに外人の彼女ができました!

airbnbというサービスについては今更説明する必要もないかもしれません。誰でも宿泊施設を提供でき、またその気になればいくらでも稼ぐことができるこのサービスも随分日本に浸透してきました。私はこれまでにこのサービスを利用してそこそこの金額を稼ぎましたし、また同時にいろいろな国の人の住宅にお邪魔してきました。私はこのサービスを宿泊施設という媒体を介したコミュニケーションツールの一つという捉え方をしていましたが、どうやらそれは間違っていなかったようです。
というのもタイトルにもある通り、先日airbnbを利用して宿泊施設をとあるフランス人の女性に提供したのですが、その方とお付き合いするにまで発展したのです。その女性は日本に一人で旅行に来たようで、できれば案内役が欲しいと事前にairbnbの備考欄に書いてありました。私は前述したようにairbnbお外国人とのコミュニケーションツールの一種と捉えていたので、そういったものこそを求めています。もちろん快諾して有給をとって案内したのですが、まさかこんなにも仲良く慣れるなんて…驚きです。
もしかしたら彼女は元々日本に彼氏をつくるために旅行に来た可能性も0ではありませんが、そこには敢えて触れないでおきましょう。なにはともわれ、私にこんなに可愛いフランス人の彼女ができたのです。今は素直にそれを喜びたい気分です。
今airbnbというと代行サービスなんかも流行しています。貸出や諸々のめんどくさい手続きをやってくれるのでめんどくさがりの人間から兼ね好評のようですが、私は一度も利用したことがありません。恐らく代行サービスを利用していたらこんな素敵な出会いは無かったことでしょう。私は今回の出会いは非常に運がよかったと考えていますが、もちろんそれと同時にairbnbにも非常に感謝しています。結果私には外国人の彼女ができました。このサービスを利用すれば誰にだって外国人の彼女を作るチャンスがある!そう思えてならないのです。


最初は不安だったけど、airbnbでしっかりと楽しめました!

先日私は小さい頃からの憧れだった海外旅行デビューを果たしました!行き先はロンドン、様々な芸術作品に触れてきた私は今誰よりも右脳が活性化していることでしょう。私が今回海外旅行で楽しみだったことはいくつかありました。芸術作品に触れること、現地の人と交流すること、美味しいものを食べること…。そして最大の目的であったといえるairbnbで現地の住宅に泊まって海外旅行を楽しむということです。
いきなりairbnbというワードが出てきてびっくりした人もいるかもしれません。これは今海外でとても流行っている宿貸出代行サービスで、宿が無い海外旅行者に向けて、自宅を貸し出すことでお金を稼ぐことができるらしいサービスなのです。このサービスを利用すれば現地の何の飾りのない住宅に宿泊することができるため、非常に多くの人から今注目を集めると同時に人気も集めているというわけらしいのです。
せっかく初めての海外旅行ですから、その国を百%堪能したいと考えた私は勇気を出してこのairbnbを利用することに決めたわけです。もちろん不安もたくさんありました。日本ではメジャーとは呼べないサービスですし、言葉がうまく通じない人の家に泊めてもらうなんて正直不安だらけです。ですがそのステイ先を訪れた瞬間、そんな不安をかき消すような現地人の笑顔がたくさん飛び込んできました。私はステイ先の人達の笑顔を見た瞬間、今回の旅行がきっとうまくいくと確信をもてたわけです。
先ほど述べたとおりこのairbnbというサービスはまだまだ日本では普及しておらず、賛否があるようです。見ず知らずの、それも海外の家に泊めてもらうなんてリスクを無視しすぎている!とか、企業としてホテル業をやっているところにお金がいかなくなる!など様々です。ですが私は実際このサービスを利用してとても素敵な海外旅行を楽しむことが出来ました。賛否あれど私はこのサービスを全面的に後押ししたいと考えています。