「 airbnb注意点 」一覧

こんなときどうする?トラブル一例 airbnb初心者ガイド☆

airbnbで物件を運営していると、必ずいつかはトラブルが発生するでしょう。それはホスト側の問題であったり、ゲスト側の問題であったり様々だと思います。今回は実際に起こりうるトラブルや発生し得るクレームについて、その予防方法なども一緒に考えてみましょう。

・ホスト側に問題がある場合
①部屋の清掃が行き届いていない
清掃をホスト自身で行っている場合、これは非常に発生しやすいでしょう。自分なら気にならない、という箇所でもゲストにとっては見過ごせない、ということは多々あると思います。例えばハウスダスト、アレルギーのある方や気にされる方はたくさんいらっしゃるので注意すべきです。部屋の隅のホコリやエアコンのフィルターなど、ゲストを迎えるのであれば、そこまで気にする?という箇所まで徹底的に潰しておきます。どうしても自身で手が回らない場合は代行業者に依頼しましょう。

②鍵の受け渡しトラブル
airbnb運営に慣れ、部屋の稼働率も上がり出した頃によく発生し得るミス、トラブルだと思います。鍵の準備を忘れてしまってはゲストの信頼を大きく損ねることにつながります。予約の管理はしっかりとし、ゲストとの連絡を密にしておきます。絶対に忘れてはならないことはチェックリスト化して事前に確認し、ケアレスミスによるトラブルを回避しましょう。

③近隣からのクレーム
airbnbで物件を運営していく上で、近隣との信頼関係を損なうようなことがあってはいけません。まず一番最初に、隣近所や管理組合などにはしっかりと説明し、了解をとっておきましょう。何も知らされず、見知らぬ外国人が多数出入りしている部屋がある、という噂がたっては誰しもが不安になります。そうでなくても、外国人嫌いの方も中にはいらっしゃいます。近隣からのクレームが続けば最悪撤退しなければならない、という事態も想定されるので、周囲の了解は事前にしっかりととっておきましょう。

・ゲスト側に問題がある場合
④騒音トラブル
外国人のゲストを部屋に泊めるとなった場合、まず起こり得るのが騒音の問題かもしれません。ゲストにとっては普通でも日本人にとってはうるさく感じたりすることもあり、複数のゲストが宿泊される場合は特に注意が必要です。他言語対応の部屋のマニュアルを準備したり、してはいけないことは目立つように掲示してなるべく予防しましょう。

⑤破損、盗難トラブル
airbnbを利用して日本を訪れる外国人のゲストは、多少なりとも日本に興味があり、日本のことが好きなのは間違いありません。なのでこのようなことはないと信じたいのですが、中には心無いゲストもいるかもしれません。airbnbには一予約毎に保証がついていますが、現金や貴金属は対象外となっています。なのでそれらがゲストの近くにある場合は厳重に管理しておきましょう。念のために住宅保険、賃貸住宅保険をかけておくのも良いでしょう。

トラブルの一例についてみてみましたが、これ以外にも様々なトラブルが発生する可能性があります。しかし事前にどのようなトラブルが起こり得て、どのようにすれば予防、対処できるのかを知っておけば、対応のスピードにも違いが出てきます。そして、トラブル回避に重要なのはゲストとのコミュニケーションを密にすること。例えば世話焼きな大家さんになったつもりでゲストにサービスを提供すれば、トラブルやクレームになる前に解決できるのではないでしょうか。高収益につなげるためにも、また利用したい!と思っていただけるサービスを目指しましょう。


airbnbには注意点もあると知っておこう

airbnbは部屋を貸したい人と借りたい海外旅行者とを結びつける、魅力的な代行業者です。このairbnbを活用した副業は今注目されていますので、自分もやってみたいと思われている方は少なくない事かと思います。あまっている部屋があるという方は、基でがあまりかからずに収入を得る事ができる可能性もありますから、airbnbを是非やりたいと思われるのも無理はありません。
確かに部屋を貸す事で副収入を得るというのは魅力的である事は間違いありませんが、実際に始めるにあたっては注意点もあるという事を覚えておきましょう。魅力だけを見て何も考えずに始めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。また注意点を守る事で自然と良い部屋作りができるようになりますから、収入アップにも繋がると言えるでしょう。
具体的な注意点をいくつかここで挙げていきます。まずは部屋によっては借りてがつきにくい事もあるという事を知っておきましょう。例えば駅からとても遠い、観光地に出にくいなどのところは基本的に条件があまり良くありません。ですからそういった場合にはとにかくサービスをする、部屋の価格を相場より低めにするなどの工夫をしないとなかなか借りてもらう事ができないでしょう。
その他にも、キッチンや家電の使い方がわからずにボヤをおこしてしまったり、家電を壊してしまう、漏電してしまうなどそういったトラブルの可能性もあります。説明を英語や中国語、韓国語などでつけておく、オール電化にして火を使わないようにする、こういった工夫が大切です。また大声で騒がないなどの注意点に関しても、同じように用意をして目につくところにはっておかないと近隣からウレームが来る恐れもあります。
そして最後に重要な事は、利用者が快適に過ごせる環境作りを怠らないという事も大事になります。適当に部屋を用意して貸し出す、これでは全く魅力的ではありませんし利用者の満足度は低いです。おもてなしの心を持って魅力的で快適な部屋作りを心がけてください。


安心してairbnbを利用するために知っておくべきこと

こんにちは、airbnbを利用した濃密な海外旅行、楽しんでいますでしょうか?もちろん最初は不安でいっぱいでしょうが、慣れてくるとこれ以上に海外を楽しむことができる方法は無いと気がつくことができるはずです。しかし最初の手続きが面倒なのは確か、また言葉の通じない人の住宅に宿泊することに抵抗がある人もまだまだいることでしょう。今日はそんな方のためにairbnbを利用するために知っておいたほうがよいことをいくつか紹介したいと思います。
まず最初に紹介したいのは代行サービスの存在です。最初に述べたようにairbnbを利用するには様々な面倒な手続きが必要です。そういった手続きをしておかないと面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が上がる他、実際にトラブルに巻き込まれた時に保証を受けることができないからです。そういった面倒な手続きを全て済ましてくれるのが代行サービスなのです。この先airbnbを利用しようとした時、分からないことが出てきたら、きっと助けになってくれることでしょう。
次に紹介したいのはairbnb自体にトラブルがつきものであるということです。このサービスは海外で今流行しているとはいえ、日本ではまだまだ知られていません。そして全ての感覚が海外基準で設定されているため、潔癖な日本人からしたらトラブルに思えることでも、海外からしたらトラブルとして扱ってくれないこともたくさんあります。airbnbを利用する時点でトラブルは避けて通ることはできないと考えておいたほうがよいでしょう。しかしそれと同時にそういった意識を持っておけば小さなトラブルは全て簡単に回避することができます。トラブルに直面した時、一番してはいけないことはパニックに陥ってしまうこと、事前にトラブルはつきものであるという心構えをもつことでパニックになることを避けましょう。
今回は二点しかご紹介できませんでしたが、この二点を知っておけばairbnbをとりあえず利用することはできるでしょう。


airbnbでありがちなトラブルと対処法とは

人付き合いの世界ですから、世の中どこでもトラブルはありますが、airbnbの民泊でもトラブルは時々発生します。airbnbで自宅を貸した経験のある人や、airbnb代行業者などが報告している、よくあるトラブルをまとめました。

■家屋内の備品を持ち去られることがある
airbnbの利用者はきちんと身元や所属などの確認が取れている人ばかりです。信頼を第一にしているairbnbですから、わざわざトラブルを起こそうとする人はほとんどいません。貸し出す人にとっては安心なのですが、備品が持ち去られるというトラブルは報告されています。
多くの場合、たとえば家具の上に置いてある人形や飾りなどの小物だったり、安価な生活必需品などが挙げられます。
もし貸し出す側として盗難が心配であれば、室内ではあらかじめ貴重品などは奥にしまいこんで、持って行かれても仕方のないものだけを、室内に置くといった工夫はあっていいことです。
稀に高級な品物を持っていかれるという被害はほとんどありえませんが、もしあった場合には運営会社に相談する必要があるでしょう。そうならないためにも、部屋を貸している期間中は、貴重品など置かないようにすることを考えてみましょう。

■言葉がわからない
airbnbの利用者は外国人であることが多く、日本語は全く理解できない人もやってきます。部屋を提供するホストも英語がほとんどわからないということがあり、意思疎通できないトラブルはたびたびあることでしょう。
利用者の外国人が自宅に来る前に、必要な会話集を準備しておくことをおすすめします。日常でよく使われる会話集などはインターネットで探すことが出来ます。プリントアウトして利用したり、紙に写しとったりして利用してみてはどうでしょうか。会話集については、販売している本を探して購入してみても良いでしょう。
パソコンやスマホで、インターネットの翻訳を利用して意思疎通をはかることもできます。
スマホのアプリには、自動翻訳機能のものがありますから、こうしたものを利用していくこともおすすめです。


是非とも知っておきたいairbnbの注意点

airbnbというのはあいている部屋を提供したい日本人と、海外旅行者をマッチングしてくれる代行サービスです。このairbnbを利用した副業は今ブームになってきています。ですが、airbnbを利用して副業をする時には、是非とも知っておいて頂きたい注意点があります。注意点を知らないまま初めてしまうとこんなはずではなかったと後悔をしてしまうかもしれません。そうならないように、これから解説をしていく注意点は参考にしてみてください。
まず副業とはいえこれも立派な仕事になります。ですから適当に部屋を明け渡して勝手に使ってもらうなんていう事はしてはいけません。適当にやってしまうとトラブルの元になってしまいます。例えば旅行者の人が快適に過ごす事ができなかったり、騒ぎに騒いで近所迷惑になってしまったり、最悪な場合には火事などになってしまったりする可能性だってあるのです。部屋を知らない人に貸し出すというのは、簡単な事ではありません。
そういった事がないように部屋はしっかりとくつろぎやすいような空間にしておく、火事になるようなものはなるべく置かない、海外利用者でもわかるように英語などで家電の説明、利用時の注意点など買いてはっておく、こういった工夫をしてトラブルを可能な限りで回避するようにしましょう。意識をすればトラブル回避はしっかりとできますから、面倒くさがらずにできるところからやってみるようになさってください。
快適な空間を作る事ができれば、海外利用者は満足して帰国をします。そうすれば口コミなどでどんどん良い評判が広まり、またその人の知り合いなどが部屋を利用をしてくれるかもしれません。トラブルを避けるため快適な環境を作るという事が次のお客さんにも繋がる事も少なくありませんので、やっておいて損はないと言えるのではないでしょうか。ここで皆さんにご紹介をしてきた注意点が実際に部屋を貸し出す際に参考になって頂ければと思います。


注意するべきところには注意して楽しくairbnbを利用しよう

最近だんだんと日本でもairbnbというサービスが普及しつつあります。うまく利用すれば海外を0から100まで楽しむことができるこのサービスは、最初賛否こそありましたが、今では安全性も知られ、日本でも利用者が増えてきたようです。私はこれまでにairbnbを宿を貸し出す側でも、また宿に泊まる側でも何十回と利用してきました。その結果、airbnbで気をつけたほうがいいこともいくつか分かったので、今回はそれを皆さんに紹介したいと思います。
今回の記事では海外旅行をする側、つまり宿を借りる側での注意点をお教えしましょう。最初に行っときますと、このサービス、男性の利用者は増えてきましたが、女性の利用者はまだまだ少ないといわざるを得ません。その理由としてはやはり怖いからというのがまずあげられるでしょう。確かに見ず知らずの人の家に宿泊するのは非常に怖いでしょう。ですが今から言う私の注意点に気をつけさえすればその恐怖心からもおさらばできるのではないでしょうか?
airbnbは貸し出す側、また借りる側の性別を選択するところがあります。そしてこの性別は虚偽申告が出来ないように鳴っておりますので、まず信用していい情報です。そしてこのホスト側の性別こそ、価格や場所よりもまずチェックしなければならない情報なのです。このホスト側の性別を無視して宿を選ぶなんてことはairbnbを利用するにあたってありえないことです。まず最初にホスト側の性別を気をつけるべきでしょう。
また、もう一つ注意すべき点を紹介するのであれば、airbnb貸出代行を行っているところからは決して宿を借りないということです。確かにそういったところから借りることができれば多少高価格でも安全にairbnbを利用できるかもしれません。ですが第一の目的である0から100楽しむということができなくなってしまうのです。airbnbを最大限利用するのであれば避けたほうが良い案件です。
いかがだったでしょうか?是非注意すべき点にはしっかりと注意して、airbnbを利用した海外旅行を楽しんでくださいね。


デザインを活用しながらairbnbで稼ぐ方法

airbnbで稼ぐ為には、貸し手が借り手のニーズに合った部屋を提供する事が基本です。地味なデザインで構成してユーザーに課すよりも、デザイン関連の代行業者に魅力的な部屋にするように依頼したり、貸し手がアイデアを活かしながらユーザーのニーズを掴んで、借り手側が住みやすい部屋の構成に設定する努力が必要です。

airbnbで創業したいた当時、会社の収益が逼迫している状態で順調に運営できない状態でした。何とか経営をしている状態で、社員の生活費を稼ぐほどの収入は得ていませんでした。

しかし、厳しい状況の原因として、建物や土地の品質だけではなくて貸す部屋のデザインの質があまり良くなかった事です。建物の内部に存在している部屋の写真を見ていると、多くの人から住む事に満足しない部屋の構成になっている事が分かりました。天井から吊り下げている物は地味な素材で出来ていたり、部屋の中が暗いなどの問題点を社員が指摘しました。

デザインや間取りの観点を改善する事によって、以前に比較して間取りの明るさが改善されたり、お客様のニーズに応えたデザインを心掛ける事で需要が高まっていって業績が回復しました。

物件の中に表現されているデザインの物は価値が無かったとしても、登場するまでのストーリーがあります。物に関するストーリーを描く事で、表現している物の機能美や価値などの特性を借り手の側に伝えると次第に共感を得やすくなります。

貸し手がairbnbとして貸す物件を借り手側に提供する場合、稼ぐ事を考える場合は周囲の環境やスポットの多さも重要です。

しかし、住み心地が良くて思い出に残るデザインに囲まれた空間で過ごせば、もっと借り手の側が満足するはずです。自宅を貸す企業では、各社員が小さな事でも良いので、様々なアイデアを共有し合う事が重要です。貸し手が使う人の立場に立って、共感を得るデザインを中心に部屋を構成する事によって自然的にお客様を呼んで、自然に共感を得る事で儲けも増えていきます。


airbnb成功のノウハウとしてターゲットをどの層にするか?

airbnbは日本国内の方も多数利用しており、副業などで成功している方も多くいます。外国人向けに部屋を貸すというのは、なかなか慣れない方も多いでしょうし、どう初めて良いのか?分からない方も多いでしょう。

ここで1つ重要なのは、どういった層に向けて部屋を貸すか?どういうった層が喜びそうな部屋を選ぶか?ということになります。ターゲットをある程度絞った方が、より利益に結びつきやすいと思います。

成功のためのノウハウとして共有されているのは、若者をターゲットにするというものです。いろいろな層が候補としてあると思いますが、中でも若者はこういう施設を利用するための精神的ハードルが低いです。
確かに、airbnbは今流行のサービスではあるものの、どうも年配の方とかには抵抗があるのではないか?と思います。間違いなくこういったものは若者の方が利用するケースが多いでしょうから、彼らに喜ばれそうなエリアで選んで、かつ設備や物件のデザインなども彼らにウケそうな物件を探してみると良いのです。

実際、それ以外の層をターゲットにしてもなかなか利益にならない可能性があります。それはやはりこういうサービスをそもそも知らなかったりしますし、ホテルではなく、一般の人の部屋に住むということが怖いというイメージを持っているため、なかなかサービスの受け手になってくれる人が少ないのです。そこが若者とそれ以外の年代の方の意識の違いになると思います。

そういった部分を意識して、今後実際に貸し出す物件選びをしていかないといけません。そして、運営については恐らく代行業者を利用していくと思われますが、こちらについてもそれぞれ評判やサービス内容の充実度などが変わってくるので、部屋選びと同様に注意深く行っていく必要があるでしょう。

これはそれぞれの業者の特徴をしっかりと調べて慎重に選定していってください。airbnbは事前に検討しないことが多いのですが、成功のためには必要なことなので、しっかりとやっていきましょう。


airbnb(ホスト)のメリット、デメリット

今、海外の旅行者の間で、airbnbが人気です。airbnbとは、ホストは旅行者のために自宅や部屋を貸し出し、ゲストは貸し出された家や部屋に泊まることができるサービスです。ホストとしては、空き部屋の有効利用や収入源として、ゲストとしては宿泊費を安く抑えられたり異文化を楽しめるなど、人気を呼んでいます。airbnbにホストとして興味を持ったあなたのために、airbnbのメリットとデメリットまとめてみました。

《メリット》

・家賃収入を得ることができる
家賃収入を得ることができます。1物件15万円/月ぐらい稼ぐことができます。所有している不動産に空き物件があり有効活用したい人や部屋が余っている人にとって、収入源となります。

・国際交流ができる
airbnbのユーザーは世界中にいます。日本は旅行先として世界中の人達から人気があり、毎年、多くの外国人が訪れます。そんな日本が大好きな外国人があなたの家や物件に泊まります。あなたの家に来た外国人と仲良くなるチャンスです。ゲストに食事を作ってあげたり、地元の観光に連れてあげれば、外国から来たゲストにとっては、最高の思い出になります。また、ゲストとの交流は基本的に英語になりますので、実践的な英語の勉強ができます。

《デメリット》

・初期費用がかかる
初期費用がかかります。布団類やインターネット環境(ポータブルWi-Fi)などを用意する必要があります。物件を貸す場合は、冷蔵庫やテレビや机・椅子など生活に必要な物も準備する必要があります。

・部屋のセットアップに時間がかかる
airbnbのアカウントの作成、家具の準備、インターネット環境の準備、物件の撮影、資料の作成など、下準備に時間がかかります。

・シーツ交換や掃除が手間
ゲストに快適に泊まってもらうために、ホテルのようにシーツ交換や掃除をする必要があります。ただ、代行業者を使えば、その手間も省くことができます。

・予期せぬトラブルが発生する
ゴミを散らかされたり、タバコを吸われたり、物を紛失されたりなど、予期せぬトラブルは付き物です。付き物ですが、しっかりと対策すれば回避できるトラブルも多くあります。ゲストは日本人ではなく外国人ですので、文化が違います。あなたの常識とゲストの常識は違いますので、事前にあなたがゲストに望むことをしっかりとゲストに伝えましょう。

まとめると、airbnbは収入を得られて国際交流ができる反面、それなりの準備やトラブルの対策をしなければなりません。もしairbnbで稼ごうと思うのであれば、ゲストに快適に楽しんでもらうという心構えでやりましょう。そうすれば、収入以上の物(ゲストとの友情や体験)が得られます。


外国人のゲストのことを考えたairbnbのホストの気配り

ホストをする時に気になるのが、いったい、どのくらいの期間、このairbnbで初期費用でかかったお金を回収することができるのかと考えるところです。

それは、短くて4ヶ月程度で回収しています。長くても、10ヶ月ほどで回収しています。驚くことに、駅が近い場所や観光スポットが近い場所などでは、その空きもほとんど無いほどに埋まってしまいます。そんな所では、4ヶ月程度で回収することができるのです。

airbnbを活用するなら、やはりホストとしては、ハウスマニュアルを作成することがポイントです。これがあるとないとでは、よりトラブルがなくゲストを泊めることができることにつながるからです。

そのマニュアルには、その泊める部屋のルールや、トイレ、お風呂場などに行く道順を描くのもポイントです。また、最新の家電があれば、その使い方も書いた方がより良いでしょう。食器乾燥機や浴室の暖房機などは、なかなか使う機会がない人も多いものです。それらをちょっと書いておくだけも、ホストの気配りが見えます。

外国人が来ることもありますから、やはり英文の説明書というものも置いておくのも、より予約が増えるところです。インターネットや家電製品などの他にも、出入りできる時間の決まりごとなども英文で書いておきましょう。

意外とトイレの温水洗浄の機能を知らなかったり、お風呂場の浴室乾燥機の使い方が分からないという外国人も多いものです。多機能な日本語で書いてある電子レンジや、洗濯機なども使い方が複雑で分からないという人も多いので、そういったところも英文で書いてあげましょう。

外国人とのトラブルの問題も代行してくれるairbnbでは、外国人への心のこもった日本流のおもてなしをすると、よりリピート率が上がります。

英語の文が書けない時には、エキサイトなどの翻訳ができる機能を使えば、スムーズに書けますね。

また、ベッドの上に靴を履いて上がるのも、日本文化とは違うところです。その国の日常生活について調べておくことも、外国人をより快適にもてなせることにつながります。