「 airbnb物件に関して 」一覧

投資用のマンションをairbnb運用に切り替える

賃貸物件でも始められるairbnbですが、すでに投資用マンションをお持ちのかたで、ちょうど空き部屋が出てしまった、というタイミングの場合、airbnbへホスト登録してairbnb運用にすることをおすすめします。

立地条件が良ければ、一泊10000円以上の料金です。もし月の半分以上の予約が入れば賃貸にするより利益は大きくなるのではないでしょうか。

さらにレビューが積み重なって予約が途切れないようになれば、代行会社に運営を丸投げしてしまっても賃貸より多くの利益が見込めます。

新規参入時こそ、ディスカウントで集客する必要があったりしますが、一度軌道にのってしまえば、かなりの利益が見込めるのです。

さらに今のタイミングは円安による日本への観光客増加と、宿泊施設の不足、東京オリンピックでの需要も見込めます。

ちなみにリオオリンピックでは宿泊施設が全然足りていないそうで、国の主導でairbnbと同じことをするそうです。一般の住宅でオリンピックに訪れた観光客を吸収しようというのです。

東京も今現在で宿泊施設が足りていないわけですから、東京オリンピックの際にはairbnbのゲストがかなり訪れるでしょう。

マンションをお持ちのかたは、早めにairbnbにホスト登録して実績を積んでおくことをおすすめします。

もしairbnbの運営が上手く行かないおゆでしたら、ノウハウのある代行会社に運用を丸投げしてみても良いのです。費用はかかっても賃貸にするよりは利益が高いと思われます。

もちろん、それでも上手く行かなければ、その時は元の賃貸に戻せば問題ありません。

参入障壁が驚くほど低く、利益も出しやすいのが今のairbnbの現状なのです。

ためらう必要は全くありまえせん。

もし、airbnbでの運用が上手くいけば、さらにマンションの数を増やして本格的に参入するのも夢ではありません。実際、一か月に500万の宿泊料収入を得ているホストの方もいらっしゃるのです。

マンションをお持ちのかた、いかがでしょうか?


airbbnbのリスティングにおける写真の重要性

外国人観光客世界一のフランスを差し置いて、airbnbの需要が飛躍的に伸びている日本。

まだまだairbnbの需要が伸びる余地はあります。東京オリンピックまでは需要が伸び続けるのではないでしょうか?

そんなairbnbで効果的にゲストを呼び込む方法としては、物件選びはもちろんですが、その後のリスティングも大きな割合を占めていると思われます。

何と言ってもゲストはリスティングに掲載された写真を見て、宿泊するかどうかを決めるのです。

同じ地域にライバルがいた場合、ゲストがあなたの物件を選んでくれるはどうかは、リスティングに掲載された写真にかかっていると思って間違いないでしょう。

当然、詐欺のような写真はのちの評価が悪くなりますので、やめたほうが無難ですが、出来る限り綺麗な写真を撮りたいものです。

そこで、リスティングに掲載する写真についてのテクニックです。

まずは写真を出来るだけ沢山掲載することです。しつこいようですが、ゲストは写真を見て宿泊するかどうかを選ぶのです。いわばヤフオクにおける写真の重要性と似たものがあります。

綺麗な写真を撮るには、光に気を付けてください。ストロボを使うと平板な印象になってしまいます。

照明器具も同様です。人工の光があると、写真は平板になってしまうのです。

したがって、写真を撮る時刻も重要です。窓から柔らかい光を取り入れられる時間帯がベストです。

白っぽい光よりはオレンジがかった光のほうが、暖かいイメージの写真になります。

写真を撮る時刻はマジックアワーと呼ばれる、朝焼けや夕焼けの出る時刻が良いでしょう。

腕に自信のあるかたは、証明器具を使用してもOKでしょう。間接照明を使用すれば奥行のある写真が撮れます。構図などにも気を使って、あまり部屋が狭く写らないよう気を付けましょう。これには賃貸物件のサイトに掲載されている写真の構図などが参考になります。賃貸サイトに掲載されている写真は、実際よりも部屋が広く写って見えるものです。これはプロが使用するレンズのおかげということもありますが、構図を参考にすることで、実際よりも広がりのある写真が撮れます。

自信のないかたは、代行をしてくれる会社がありますので、お任せしてみるのも手だと思います。


airbnb用に物件を探す際の注意

日本での需要を急激に伸ばしているairbnbですが、これから賃貸物件を探して参入しようとしているかたに注意点をお伝えします。

現状で賃貸物件でのairbnbへの登録数はかなりあります。しかし、賃貸でairbnbに登録する場合は又貸になるわけです。大家さんの了承が得られていないケースもかなりあるようです。

賃貸物件の契約条項では、殆どの場合、「又貸禁止」となっているはずです。おそらくその条項を気にすることなくairbnbに登録しているかたも多いと思うのですが、契約違反になってしまいますので、最悪、強制退去になってしまいます。

ただ、円安に加えて東京オリンピックもありますので、これからairbnbの需要は増えていくものと思われます。それに比して、賃貸物件では空き部屋が多くなっており、事前に大家さんに話を通しておけば、airbnbへの登録も許可される場合が少なくないようです。

正直大家さんとしても空き部屋にしておくよりは、又貸されてでも部屋が埋まってくれたほうがありがたいでしょう。

最近では事前にairbnbへの登録OKを大家さんに貰っている物件を扱う不動産会社も増えています。

ともかく、まずは賃貸の場合の契約条項を良く読み、契約に違反していないか確認することが重要です。賃貸契約をする前に、airbnbに登録したい旨を大家さんと話しあうのも重要でしょう。断られる場合も多いと思いますが、あなたがしっかり管理することを誠意をもって伝えれば、許可してくれる大家さんんもいるはずです。

そのような準備が面倒だと感じる方は、代行業者におまかせしてしまうのも良いかもしれません。

いまだ需要の伸びが衰えないairbnbですから、手数料を払ってでも参入する価値はあるでしょう。

中にはairbnb用としてリスティングの作成からオペレーション、鍵の受け渡しや掃除と言った運営代行まで手掛けてくれる不動産会社も現れています。

サラリーマンなどで時間が取れないかたには、そのような代行業者をおすすめします。