是非とも知っておきたいairbnbの注意点

airbnbというのはあいている部屋を提供したい日本人と、海外旅行者をマッチングしてくれる代行サービスです。このairbnbを利用した副業は今ブームになってきています。ですが、airbnbを利用して副業をする時には、是非とも知っておいて頂きたい注意点があります。注意点を知らないまま初めてしまうとこんなはずではなかったと後悔をしてしまうかもしれません。そうならないように、これから解説をしていく注意点は参考にしてみてください。
まず副業とはいえこれも立派な仕事になります。ですから適当に部屋を明け渡して勝手に使ってもらうなんていう事はしてはいけません。適当にやってしまうとトラブルの元になってしまいます。例えば旅行者の人が快適に過ごす事ができなかったり、騒ぎに騒いで近所迷惑になってしまったり、最悪な場合には火事などになってしまったりする可能性だってあるのです。部屋を知らない人に貸し出すというのは、簡単な事ではありません。
そういった事がないように部屋はしっかりとくつろぎやすいような空間にしておく、火事になるようなものはなるべく置かない、海外利用者でもわかるように英語などで家電の説明、利用時の注意点など買いてはっておく、こういった工夫をしてトラブルを可能な限りで回避するようにしましょう。意識をすればトラブル回避はしっかりとできますから、面倒くさがらずにできるところからやってみるようになさってください。
快適な空間を作る事ができれば、海外利用者は満足して帰国をします。そうすれば口コミなどでどんどん良い評判が広まり、またその人の知り合いなどが部屋を利用をしてくれるかもしれません。トラブルを避けるため快適な環境を作るという事が次のお客さんにも繋がる事も少なくありませんので、やっておいて損はないと言えるのではないでしょうか。ここで皆さんにご紹介をしてきた注意点が実際に部屋を貸し出す際に参考になって頂ければと思います。


副業にairbnbを利用して月に20万円稼いでいます!

タイトル通りです。私は今airbnbというサービスを利用して月に20万円ほど副業で稼いでいます。最初に行っときますと、私には何か特別なスキルがあったり、人には無い才能があるというわけではありません。さらにいうと別に運が良いというわけでもなく、いたって平凡なサラリーマンです。そんな私が何故副業で月に20万円も稼ぐことができるのかというと、一言にairbnbというサービスあってのことなのです。
知ってる人もいるかもしれませんが、このサービスは誰でも宿泊施設を借りたり、また貸し出したりすることができるサービスなのですが、日本国籍と住居さえあれば何の才能も無い私でもこのairbnbというサービスで何十万円という額を一月に稼ぐことができるのです。
前置きはここらへんにしておいて、私が一体どうやって月に20万円もの額を稼いでいるのか、お教えしましょう。まずairbnb宿貸出代行サービスというものをご存知でしょうか?このサービスはairbnbを利用して宿を提供してみたいけれども面倒な手続きは済ませたくない、また安全な人だけに貸し出したいけどそのためのノウハウが無い…といった方のために宿貸出に必要なairbnbでの手続きを全て済ませてくれるサービスです。自分の貸し出したい宿泊施設情報をそのサービスに提供しておけば、適切な客を適切な時間帯に引っ張ってきてくれるのです。もちろん多少稼いだ額を提供しなければなりませんが、それも数%という少額なので、大した額ではありません。airbnbを利用して確実に稼ぐということのが大切ですので、十分代行サービスにお金を払う価値はあると私は考えています。
私は今アパートに住んでいるのですが、そのアパートの一室が空いているため、その一室をairbnbを利用して常に貸し出しています。多い時で月に15人ほどお客が入るのですが、会社から帰ると毎日異国の人が家にいる状況はなかなかおもしろく感じます。もしもこの記事を読んで興味が出た人がいたのであれば、是非一度トライしてみてはいかがでしょうか?


注意するべきところには注意して楽しくairbnbを利用しよう

最近だんだんと日本でもairbnbというサービスが普及しつつあります。うまく利用すれば海外を0から100まで楽しむことができるこのサービスは、最初賛否こそありましたが、今では安全性も知られ、日本でも利用者が増えてきたようです。私はこれまでにairbnbを宿を貸し出す側でも、また宿に泊まる側でも何十回と利用してきました。その結果、airbnbで気をつけたほうがいいこともいくつか分かったので、今回はそれを皆さんに紹介したいと思います。
今回の記事では海外旅行をする側、つまり宿を借りる側での注意点をお教えしましょう。最初に行っときますと、このサービス、男性の利用者は増えてきましたが、女性の利用者はまだまだ少ないといわざるを得ません。その理由としてはやはり怖いからというのがまずあげられるでしょう。確かに見ず知らずの人の家に宿泊するのは非常に怖いでしょう。ですが今から言う私の注意点に気をつけさえすればその恐怖心からもおさらばできるのではないでしょうか?
airbnbは貸し出す側、また借りる側の性別を選択するところがあります。そしてこの性別は虚偽申告が出来ないように鳴っておりますので、まず信用していい情報です。そしてこのホスト側の性別こそ、価格や場所よりもまずチェックしなければならない情報なのです。このホスト側の性別を無視して宿を選ぶなんてことはairbnbを利用するにあたってありえないことです。まず最初にホスト側の性別を気をつけるべきでしょう。
また、もう一つ注意すべき点を紹介するのであれば、airbnb貸出代行を行っているところからは決して宿を借りないということです。確かにそういったところから借りることができれば多少高価格でも安全にairbnbを利用できるかもしれません。ですが第一の目的である0から100楽しむということができなくなってしまうのです。airbnbを最大限利用するのであれば避けたほうが良い案件です。
いかがだったでしょうか?是非注意すべき点にはしっかりと注意して、airbnbを利用した海外旅行を楽しんでくださいね。


最初は不安だったけど、airbnbでしっかりと楽しめました!

先日私は小さい頃からの憧れだった海外旅行デビューを果たしました!行き先はロンドン、様々な芸術作品に触れてきた私は今誰よりも右脳が活性化していることでしょう。私が今回海外旅行で楽しみだったことはいくつかありました。芸術作品に触れること、現地の人と交流すること、美味しいものを食べること…。そして最大の目的であったといえるairbnbで現地の住宅に泊まって海外旅行を楽しむということです。
いきなりairbnbというワードが出てきてびっくりした人もいるかもしれません。これは今海外でとても流行っている宿貸出代行サービスで、宿が無い海外旅行者に向けて、自宅を貸し出すことでお金を稼ぐことができるらしいサービスなのです。このサービスを利用すれば現地の何の飾りのない住宅に宿泊することができるため、非常に多くの人から今注目を集めると同時に人気も集めているというわけらしいのです。
せっかく初めての海外旅行ですから、その国を百%堪能したいと考えた私は勇気を出してこのairbnbを利用することに決めたわけです。もちろん不安もたくさんありました。日本ではメジャーとは呼べないサービスですし、言葉がうまく通じない人の家に泊めてもらうなんて正直不安だらけです。ですがそのステイ先を訪れた瞬間、そんな不安をかき消すような現地人の笑顔がたくさん飛び込んできました。私はステイ先の人達の笑顔を見た瞬間、今回の旅行がきっとうまくいくと確信をもてたわけです。
先ほど述べたとおりこのairbnbというサービスはまだまだ日本では普及しておらず、賛否があるようです。見ず知らずの、それも海外の家に泊めてもらうなんてリスクを無視しすぎている!とか、企業としてホテル業をやっているところにお金がいかなくなる!など様々です。ですが私は実際このサービスを利用してとても素敵な海外旅行を楽しむことが出来ました。賛否あれど私はこのサービスを全面的に後押ししたいと考えています。


手が回らない?それなら代行!airbnb初心者ガイド☆

airbnbで実際にサービスを始めてみると、様々な問題に直面すると思います。部屋や備品の準備、ゲストとのメッセージのやりとり、出迎えや鍵の受け渡し、見送ったら部屋の清掃…。これを完璧にやろうとするとなかなか手が回らないのではないでしょうか。また、どうやって集客対策をすればいいのかわからないホストの方もいらっしゃると思います。そんな時、airbnb 代行業者はあなたの強い味方になります。では具体的にどんなことを代行してもらえるのか、みていきましょう。

・部屋の清掃代行
airbnb運営で一番手間と時間がかかるのが、ゲストを見送った後の部屋の清掃だと思います。一口に清掃と言っても、掃除機をかけるところからシーツやタオルの交換に洗濯、シャンプーなどアメニティーの補充、ゴミの廃棄などやることは山ほどあります。時間の節約のためにも、清掃代行を頼むのは効果的です。今ではたくさんのairbnb専門の清掃代行業者があり、面倒な清掃を一括してやってくれます。料金は業者によっても異なりますが、1Rから1Kの部屋で1回5000円前後というのが相場のようです。清掃料金を宿泊料金に上乗せする、という方法もあります。

・メール対応代行
ゲストとのメールのやりとりに不安がある、英語や外国語が全くわからない…という方には、メール対応を代行してくれる業者もあります。メール対応の他に予約管理や後追い対応などもしてくれるので、ゲストにも細かいサービスを提供することができるでしょう。相場は1物件あたり月20000円前後のようです。ただ、現状業者間でのサービス内容や対応時間に比較的大きな違いが見られるので、利用する場合は入念なリサーチが必要です。

・完全運営代行
清掃やメール対応、鍵の受け渡しなど基本的な業務に留まらず、集客アップ、部屋のコーディネートなど、完全に運営を代行してくれる業者もあります。全てを丸ごと受け負ってくれるので、あなたは安心して他のことに集中することができます。料金は業者によって様々ですが、月の売り上げ料金の30%前後というのが相場のようです。成果報酬という形になっている業者がほとんどなので、一部を代行してもらう場合よりも、手間と時間を考えればお得かもしれません。

いかがでしたか? もしも必要な場合はあなたに合った代行業者に依頼して、手間と時間を節約して売り上げアップも狙いましょう!


airbnbで効率的に稼ごう!稼げる人と稼げない人の違い!

airbnbというサービスを知っているでしょうか?世界には海外旅行をしたいけれども宿泊施設を選ぶだけのお金のない人がたくさんいます。それと同時にいくらお金を払ってもいいから、よいところに泊まって海外旅行がしたい!という人もたくさんいるのです。airbnbというのはそういった人達をターゲットに誰でも宿主になることができるという海外で普及しつつ有るサービスです。
簡単にいってしまうと、そのサービスを利用することで宿が必要な人に自分が住んでいる家の一室を有償で貸し与えることができるようになるのです。今このサービスを利用して月に百万以上のお金を稼いでいる人がいることをご存知ですか?効率的に貸し出すことができればあなたでもそれくらい稼ぐことは不可能ではないのです。
さてairbnbを利用して稼いでいる人と稼げていない人のおおまかな違いは貸し出す対象を定めているか否かです。貸し出す対象さえしっかりと定めることができていれば、いくらでも稼ぐことができるのがこのサービス。自分はどういう宿を提供できるのかしっかりと考え、自分が貸し出すことのできる宿は一体どういう層に受けるのか、借りたいと思うのか、これを導き出す必要があるでしょう。
またもう一つ方法が無いこともなく、airbnbの宿貸出代行を行うという方法があります。これは自分の家を貸し出すわけではなく、宿を貸し出してお金を稼ぎたい!と思っている人のためにairbnbの手続きを代わりにやってあげることでお金を稼ぎます。自分が宿を貸し出すか、それとも人の家を貸し出すことで小銭を得るのか…どちらが自分にとって向いている方法なのか考えてこのサービスをうまく利用していくとよいでしょう。
このサービス自体は日本ではまだまだメジャーとはいいづらいですが、海外ではいろいろな方面で話題になり、また利用者もうなぎのぼりに増えているサービスです。是非ともこの波に乗り遅れず、しっかりと稼いでいきましょう!


世界中で大人気のairbnbが日本でも普及が加速しているわけ

近頃では年々増加する外国人観光客に対応するため、たくさんのお店などが外国人向けに商品をPRすることも多くなりました。
「爆買い」などもすっかりお馴染みの言葉になりましたが、それだけ日本もグローバル化が進んでいるというわけですね。
さて、観光客が来たということはもちろん泊まる場所が必要となります。
どんどん観光客は増えていってますので泊まるスペースの不足ということも考えられますね。
ホテルや旅館にはどう増やそうにも限度はありますから、そんな時に出来ることは一般住宅の空き部屋を利用することになるでしょう。
この方法ですと、泊まるところが無い外国人も非常に助かりますし貸す方も空き部屋が有効活用できる上に割りの良い副業とすることも出来ます。
しかし旅行者、しかも外国人ともなるといろいろと難しい感じを受けるかもしれません。
そんな時に活躍するのが世界中で物件を探せるウェブサイトなのです。
「airbnb」というサイトはとても便利で、扱う宿泊施設の数も群を抜いて多いです。
もともとは「Airbedandbreakfast.com」という名前で営業を始めましたが、2009年からは今の名前に変更し定着しています。
airbnbはエアービーアンドビーと読みますが、「b」にはそのような意味がもともとあったのです。
最初はアメリカのバックパッカーのあいだで、このサイトの運営するサービスの評判が広まりそれが徐々に世界中に浸透して行きました。
確かにまったく知らない人を泊めるのは抵抗が強いですから、こういったサービスが受け入れられるには多少時間がかかるかもしれませんね。
しかしその後、人気は加速し日本でも2013年には対応を始めました。
初年度だけでも数千の受け入れの登録があり、いかにairbnb自体の信頼の高さ、そして代行の会社がしっかりしていることが知られているのかが分かりますね。
もちろん飛行機での訪日者がほとんどですから、空港から近い場所に人気が集まります。
特に東京近辺が圧倒的に多く、地方へはまだ普及はそれほどされていません。
法律も厳しいですから、なかなか難しいことなのかもしれませんが国際空港は関東以外にもあるのでこれからより一層広まっていくことと思われます。


空き家問題や宿泊先不足を解消してくれるサービスAirbnb

世界には、実にさまざまな形態の旅行者向け宿泊先があります。一般的なホテルから、料理が自慢のオーベルジュ、ヨーロッパの貴族の屋敷・お城などを改造したシャトーホテル、日本の旅館、寝る場所と朝食がセットのB&Bや日本の民宿、最近では日本でも見かけるようになった大部屋に大人数が宿泊するドミトリータイプのものまで、実にさまざまです。
そのどれを選択するかは、旅行者の旅の目的や費用によって決まってきますが、最近、世界中で注目を集めているサービスの一つにAirbnb(エアビーアンドビー)というものがあります。
世界の190カ国、34000以上の都市で、そこに泊まりたい人(ゲスト)と、空いた部屋を宿泊先として提供したい人(ホスト)を結び、宿泊の代行を行っているのがAirbnbです。2008年創業で8年間に培ったAirbnbの経験は多くのゲストやホストに歓迎されています。通算のゲスト数は6千万人を超えています。ゲストにとっては、一般的なホテルなどよりも安く泊まれたり、珍しい所に泊まれたりするメリットなどがあり、空いた部屋やマンションの一室を宿泊代として収益を上げられる・海外の人と気軽に国際交流が測れる等のメリットなどがホスト側にはあります。その宿泊先にはお城もあり、お城の登録数も1400を超えているので、一度お城に気軽に泊まりたいという夢も現実的なものとなっています。
日本では現在、空き家が増加していることが問題視されていますし、また来る2020年の東京開催のオリンピックに向けて、今からオリンピック観戦者や観光者の宿泊先不足が指摘されています。そんな日本でAirbnbというサービスを早い段階から始めることは、そのノウハウを多くの人に発信でき、多くの宿泊先の提供につながります。
このサービスのホスト側になりたい方は、何から始めたら良いのかというと、Airbnbに登録をして、掲載してもらうことです。この時に手数料が派生するのではと心配される方もいますが物件の登録は無料です。予約が入った際に、その予約ごとにホスト手数料として3%が徴収されるだけです。
Airbnbにはホスト側にもゲスト側にも、互いに評価しあうレビューがあるので、一度でも悪い評価がついたら、泊めることも泊ることも難しくなってしまうシステムが構築されているので、双方に安心して利用できるシステムとなっています。
Airbnbには、さまざまな事を代行してくれるサービスがありますので、空いた物件がある方で、その物件を用いて副収入を得たい、しかし何をしてよいのか、どうすれば良いのか分からない時には、Airbnbに代行を依頼してみることオススメします。


立地条件も工夫でカバーして確実にairbnbで稼ぐ

最近、毎日のように「民泊」という言葉を耳にしませんか。2016年1月末にはついに東京都大田区で民泊が解禁され、今後全国に規制緩和の波が広がるといわれていますから、日本でも民泊が一般的に行われるようになるはずです。空き家が年々増加している現在、使っていない部屋を有効活用したい、賃貸で借り手が見つからない部屋をしばらく民泊用に提供したい、そんな方も多いのではないでしょうか。
利用者の大半は、民泊に抵抗がなく、カジュアルな旅に慣れている方が多い外国人旅行客です。外国人旅行客が必ずチェックするのがairbnb (エアビーアンドビー)です。現在でも日本中の物件が登録されています。外国人旅行客が過去最高を記録し、日本各地でホテルなどの宿泊施設が不足しているなか、民泊に対する期待は高まっています。言い換えれば、有名な観光地が近くにあったり、旅行の拠点に便利な場所にある物件は民泊施設としてニーズが高い可能性があるのです。これらの物件は部屋の状態が一定の基準をクリアしていれば、ある程度の宿泊客を集められるかもしれません。それに対して、あまり便利とはいえない場所にある物件でも努力と工夫次第で泊まっていただくことはできるのです。駅から距離がある場合や観光地まで電車を利用しなくてはならない場所にある場合、喜ばれるのが自転車のレンタルサービスです。時間を有効に利用できますし、活動範囲が広がります。また、民泊を利用して安く旅行を楽しみたい方であれば、外食ではなく宿で食事するケースも多いはずです。そんなときにレンジがあれば便利ですよね。そして何よりも旅行客に歓迎されるサービスはWi-Fiです。宿泊する部屋で自由に使えるのはもちろんですが、ポケットWi-Fiを準備してあげることで快適にインターネットを利用してもらえます。こうしたサービスはairbnb利用者が重要視するレビューで良いコメントをもらえる可能性が高まります。チェックインなどで利用者と顔を合わすことに抵抗がある場合、airbnb代行業者を利用することも可能です。そのほかにもいろいろなサポートサービスが提供されていますから、上手く活用しながら民泊を始めてみてはいかがでしょうか。


Airbnbサービスをどのように始めればよいのか 

もし仮に、今現在、未使用の空いているマンションの一室やアパート、持ち家がある場合には、Airbnbのサービスを利用してみるのはいかがでしょうか。
Airbnbとは、さまざまな価格帯にて、世界の190カ国34000以上の都市で、空いている部屋を宿泊施設として貸し出したい人(ホスト)と、旅先の宿泊施設でそれを借りたい人(ゲスト)とをつないでくれるWEBサービスで、Airbnbはホストとゲストの宿泊関連のやり取りなどを代行してくれるものです。
では、この民泊代行ともいえるAirbnbのサービスを実際受けるには、どのような事が必要なのでしょうか。
まず空いている物件が必要なことはもちろんですが、マンション等であれば、そこの規約に反していないか(民泊を禁じていないか)の確認は必要となってきます。それが可能となったならば、自分が旅行者になったつもりになり、そこに宿泊して「無いと困る物」は購入・設置しておきます。また水道・ガス・電気のサービス利用も開始できる状態にしておきます。
そこまで出来たら、リスティングといってAirbnbに掲載される物件情報、例えば間取りであり、ベッドの数と大きさ、設備やアメニティの情報、そこまでのアクセスと周辺情報、建物や部屋・設備、周辺の施設の写真などを掲載します。リスティングの公開は無料なので、人を宿泊させられる状態になったら行ってください。
またゲストが使用する際のマニュアルやウェルカムガイド作りも必要です。禁煙・靴は脱いで利用すること・夜間は静かにすることなどのルールや、設備の使い方、そこまでの道のり、万一の時の緊急連絡先などをのせておきます。これらがあれば、頻繁にゲストから問い合わせが来たり、トラブルのもとを断つ事ができたりします。
Airbnbを通じてゲストの予約が入り、確定したら、マニュアル・ウェルカムガイドをすぐに送ってあげると良いでしょう。
ここまでの準備には相当の労力を要しますので、副業としてはちょっと・・・という方には、Airbnbが代行してくれるサービスが多くあります。Airbnbが経験をもとに最大の収益が得られるような料金設定をしてくれたり、それぞれの物件にあった鍵の受け渡し法を提案してくれたり、掃除が専門のスタッフによる部屋の掃除をしてくれるなど、またオプションとしてガイドマニュアルを作成してくれたり、プロのカメラマンがゲストに選ばれやすく部屋を撮影してくれたりと豊富にあります。
今後、ますます宿泊困難者が出るであろう日本において、いち早くAirbnbのノウハウを獲得し、事業をスタートさせることには、収益とともにやりがいも感じられると思います。