デザインを活用しながらairbnbで稼ぐ方法

airbnbで稼ぐ為には、貸し手が借り手のニーズに合った部屋を提供する事が基本です。地味なデザインで構成してユーザーに課すよりも、デザイン関連の代行業者に魅力的な部屋にするように依頼したり、貸し手がアイデアを活かしながらユーザーのニーズを掴んで、借り手側が住みやすい部屋の構成に設定する努力が必要です。

airbnbで創業したいた当時、会社の収益が逼迫している状態で順調に運営できない状態でした。何とか経営をしている状態で、社員の生活費を稼ぐほどの収入は得ていませんでした。

しかし、厳しい状況の原因として、建物や土地の品質だけではなくて貸す部屋のデザインの質があまり良くなかった事です。建物の内部に存在している部屋の写真を見ていると、多くの人から住む事に満足しない部屋の構成になっている事が分かりました。天井から吊り下げている物は地味な素材で出来ていたり、部屋の中が暗いなどの問題点を社員が指摘しました。

デザインや間取りの観点を改善する事によって、以前に比較して間取りの明るさが改善されたり、お客様のニーズに応えたデザインを心掛ける事で需要が高まっていって業績が回復しました。

物件の中に表現されているデザインの物は価値が無かったとしても、登場するまでのストーリーがあります。物に関するストーリーを描く事で、表現している物の機能美や価値などの特性を借り手の側に伝えると次第に共感を得やすくなります。

貸し手がairbnbとして貸す物件を借り手側に提供する場合、稼ぐ事を考える場合は周囲の環境やスポットの多さも重要です。

しかし、住み心地が良くて思い出に残るデザインに囲まれた空間で過ごせば、もっと借り手の側が満足するはずです。自宅を貸す企業では、各社員が小さな事でも良いので、様々なアイデアを共有し合う事が重要です。貸し手が使う人の立場に立って、共感を得るデザインを中心に部屋を構成する事によって自然的にお客様を呼んで、自然に共感を得る事で儲けも増えていきます。


airbnbでビジネスそして自分を広げる機会を捉える

この日本の円安という流れは多くの外国からの観光客を呼び込むことに成功してきていて、日本に来る人たちは増える一方です。2020年の東京オリンピックという最高潮に向かって外国人観光客は増え続けることが予想されていて、ホテル不足はかなり深刻化してきています。

その点でこの現状を救う確かなサービスになっていくであろう1つが民泊を代行するサービスを展開しているairbnbであり、オンライン上で外国人がより身近で安く日本人の家に泊まることができるように整えることをしているのです。

このairbnbは空き家や空き部屋を有効活用することを目的としていますが、ホスト側として空いている部屋を貸し出すことができれば間違いなくそれは収入になるわけですし、外国人との出会いという面でもなかなか経験ができないことが日本の自宅でできるということにもなります。

また英語を勉強したいと思っているのであれば、ホストとして部屋を提供すれば英語でのやりとりをすることになりますので本場の英語を聞く機会が増えることになり、それをきっかけとして国際的な友好関係になることさえできるので、そのメリットは計り知れないものとなるかもしれません。このairbnbに登録して自分の空き部屋などを紹介することでそのようなことが可能になっていくのです。

ですからこれは1つのビジネスチャンスでもあり、同時におもてなしとしての日本をアピールできる機会にもなります。日本のよさを外国人に知ってもらう面で自分が貢献できると考えるとわくわくしてきますし、たとえ英語など語学の面で自信がなくても、ジェスチャーや身振り、また片言の英語や表情でも会話はできるものであり、その面での心配はあまりありません。

むしろ積極的にこうしたサービスを活用して自分を広げていくことで人生を豊かなものとしていくことができ、より幅のある人間として成長していくことができるのです。

まずはこのサービスのシステムをホームページから確認していくことから始めていくことができます。


airbnb成功のノウハウとしてターゲットをどの層にするか?

airbnbは日本国内の方も多数利用しており、副業などで成功している方も多くいます。外国人向けに部屋を貸すというのは、なかなか慣れない方も多いでしょうし、どう初めて良いのか?分からない方も多いでしょう。

ここで1つ重要なのは、どういった層に向けて部屋を貸すか?どういうった層が喜びそうな部屋を選ぶか?ということになります。ターゲットをある程度絞った方が、より利益に結びつきやすいと思います。

成功のためのノウハウとして共有されているのは、若者をターゲットにするというものです。いろいろな層が候補としてあると思いますが、中でも若者はこういう施設を利用するための精神的ハードルが低いです。
確かに、airbnbは今流行のサービスではあるものの、どうも年配の方とかには抵抗があるのではないか?と思います。間違いなくこういったものは若者の方が利用するケースが多いでしょうから、彼らに喜ばれそうなエリアで選んで、かつ設備や物件のデザインなども彼らにウケそうな物件を探してみると良いのです。

実際、それ以外の層をターゲットにしてもなかなか利益にならない可能性があります。それはやはりこういうサービスをそもそも知らなかったりしますし、ホテルではなく、一般の人の部屋に住むということが怖いというイメージを持っているため、なかなかサービスの受け手になってくれる人が少ないのです。そこが若者とそれ以外の年代の方の意識の違いになると思います。

そういった部分を意識して、今後実際に貸し出す物件選びをしていかないといけません。そして、運営については恐らく代行業者を利用していくと思われますが、こちらについてもそれぞれ評判やサービス内容の充実度などが変わってくるので、部屋選びと同様に注意深く行っていく必要があるでしょう。

これはそれぞれの業者の特徴をしっかりと調べて慎重に選定していってください。airbnbは事前に検討しないことが多いのですが、成功のためには必要なことなので、しっかりとやっていきましょう。


airbnbに興味がある方へ

airbnbに興味を持っているという方は多いのではないでしょうか。しかし、まだまだそこまで知名度が高くない副業になりますから、詳しく内容を理解できていないという方も少なくはないと思っています。ですからまずは簡単にこのairbnbについての説明をしていきたいと思っています。

airbnbというのは、外国人観光客と自宅などをその外国人観光客に貸し出したいと思っている人との仲介となり、やりとりを代行してくれるサービスになります。観光客が増える中ホテルなどがいっぱいで、観光の妨げになってしまっているという側面があり、その宿泊先を提供するという副業だと覚えておきましょう。

副業としては少々ハードルが高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。まずは提供する宿泊先を用意しないといけませんし、そこにお客さんが入ってくれなければ家賃分丸々損ということだってあるかもしれません。しかしそのかわりにリターンも大きく、うまくいけば副業の域をこえることだってできるでしょう。そういった魅力があるので、チャレンジしてみるだけ損は全くないと思います。

初心者の方のために、どのような点を意識すればいいのかということにもこれから紹介していきます。まずはやはり観光地の近くなどに部屋は用意するというのがポイントになります。まさに観光地という中心でなくても、電車などですぐに観光地に出やすい、いろいろな観光地に行きやすいような美味しいところに部屋を借りるようになさってください。そうすれば、自然と人も集まりやすくなります。

また、やはりこういったものは口コミで広がるものですから、良かったと言われるような住まい作りなどを意識して、口コミで仲間内に広げてもらったり、リピートでまた使ってもらえるようにしましょう。そうすれば一組の観光客からその友人や家族などにまで広がり、安定してお客さんをゲットすることができるでしょう。これからやってみたいと思っている方は、どうぞ参考にしてください。”


airbnb(ホスト)のメリット、デメリット

今、海外の旅行者の間で、airbnbが人気です。airbnbとは、ホストは旅行者のために自宅や部屋を貸し出し、ゲストは貸し出された家や部屋に泊まることができるサービスです。ホストとしては、空き部屋の有効利用や収入源として、ゲストとしては宿泊費を安く抑えられたり異文化を楽しめるなど、人気を呼んでいます。airbnbにホストとして興味を持ったあなたのために、airbnbのメリットとデメリットまとめてみました。

《メリット》

・家賃収入を得ることができる
家賃収入を得ることができます。1物件15万円/月ぐらい稼ぐことができます。所有している不動産に空き物件があり有効活用したい人や部屋が余っている人にとって、収入源となります。

・国際交流ができる
airbnbのユーザーは世界中にいます。日本は旅行先として世界中の人達から人気があり、毎年、多くの外国人が訪れます。そんな日本が大好きな外国人があなたの家や物件に泊まります。あなたの家に来た外国人と仲良くなるチャンスです。ゲストに食事を作ってあげたり、地元の観光に連れてあげれば、外国から来たゲストにとっては、最高の思い出になります。また、ゲストとの交流は基本的に英語になりますので、実践的な英語の勉強ができます。

《デメリット》

・初期費用がかかる
初期費用がかかります。布団類やインターネット環境(ポータブルWi-Fi)などを用意する必要があります。物件を貸す場合は、冷蔵庫やテレビや机・椅子など生活に必要な物も準備する必要があります。

・部屋のセットアップに時間がかかる
airbnbのアカウントの作成、家具の準備、インターネット環境の準備、物件の撮影、資料の作成など、下準備に時間がかかります。

・シーツ交換や掃除が手間
ゲストに快適に泊まってもらうために、ホテルのようにシーツ交換や掃除をする必要があります。ただ、代行業者を使えば、その手間も省くことができます。

・予期せぬトラブルが発生する
ゴミを散らかされたり、タバコを吸われたり、物を紛失されたりなど、予期せぬトラブルは付き物です。付き物ですが、しっかりと対策すれば回避できるトラブルも多くあります。ゲストは日本人ではなく外国人ですので、文化が違います。あなたの常識とゲストの常識は違いますので、事前にあなたがゲストに望むことをしっかりとゲストに伝えましょう。

まとめると、airbnbは収入を得られて国際交流ができる反面、それなりの準備やトラブルの対策をしなければなりません。もしairbnbで稼ごうと思うのであれば、ゲストに快適に楽しんでもらうという心構えでやりましょう。そうすれば、収入以上の物(ゲストとの友情や体験)が得られます。


英語で全てを作成する便利なシェアリングエコノミー普及

これかの時代は、かなり外国人の観光客が多くなりますが、なかなか日本では英語でスラスラと対応できる人も少ないのが現状です。簡単な単語はできるかもしれませんが、やはり、ホストとしてゲストをきっちりと迎えるのなら、外国人からの質問に英語で答えられる英語力は欲しいものです。

でも、急にはなかなかその英語というものを覚えるのも大変です。ましてや、早口で喋る外国人の英語を聞き取っては性格に答えるということは実に難しいでしょう。そんな時には、様々な頼りになるairbnb運営代行のシェアリングエコノミー普及協会を利用するといいでしょう。

このairbnb運営代行するシェアリングエコノミー普及協会では、「ENISHIおもてなしチーム」という便利な頼りになる代行サービスがあります。より的確に、よりその丁寧な英語で外国人をおもてなしできる高い英語力を誇ります。その現地住民のコミュニケーションの仲介役を的確にこなすことができるのです。

このチームの業務内容としては、airbnbホスト登録と物件詳細登録をこなします。ホストの紹介文やプロフィール登録も英語でできます。また、認証IDを取得したり、銀行口座登録も的確にこなします。部屋の紹介文はもちろんのこと、近隣情報から価格の登録も記入できます。難しい英文のキャンセルポリシーからハウスルールも、4000字程度までを分かりやすく英文で書くこともできます。

ウェルカムガイドの作成では、気になる最寄駅までの地図からアクセスの仕方、緊急時の連絡先から鍵の受け渡しについてのマニュアルも作成します。鍵の受け渡し方法などの難しいマニュアルなども綺麗に英語で作成することもできます。

とっても便利なのが、バーチャルおもてなしです。より素敵な心がこもった英語の文章を書きますし、ゲストからの質問も素早く答えては売り上げを伸ばすことにつなげます。リアルおもてなしでは、英語文でも日本語文でも対応でき、airbnb運営代行なら相手に丁寧な態度で謝罪からフォローアップを行う初心者ガイドブックです。


airbnbで稼げるようになるには

airbnbというのは、外国人観光客とそういった人に宿泊先を提供したい人を結びつけやり取りまで代行してくれるサービスになります。airbnbに登録をして宿泊先を用意し管理、貸し出しを行うことで利益を得るシステムになっています。自宅の空き部屋や、使っていない部屋を自宅以外にもっているなんていう方にはまさにうってつけの副業だと言えるでしょう。

しかし、いざそんなairbnbの副業をやってみたものの、なかなか稼げるようにならないと不満を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですから、どのようにしたら稼げるようになるのか、そのコツについてここでご説明をしていきたいと思います。

まず、やはり立地というのはとても大切なポイントになってきます。観光地に部屋があれば一番いいのですが、そうではないという場合にも、観光地に出やすい、色々な観光地の中心でどこにでも行きやすい、などこういった立地面でのメリットがあるにこしたことはありません。そういった強みがない場合には、安くしたりサービスで補ったり、そういった工夫が必要になるでしょう。

そして一番大切なのが、とまってくれたお客さんがそこにして良かったと思えるような環境作りです。良かったと思ってくれれば、また日本に観光をしたいと思っている友人に部屋を勧めてくれるでしょう。そのようにして、どんどん外国人観光客の輪が広がれば、安定して宿泊者を得ることも夢ではありません。

ただ部屋があってサービスに登録をして、客がくれば適当にもてなす、なんていう気持ちではこの副業はうまくいきにくいです。しっかりと仕事をする気持ちで、相手が何を求めているのかを考えていきましょう。そうしているうちに、きっと上手に稼げるようになることは間違いありません。

どうしたら稼げるようになるのか知りたいと思っていた方は、どうぞここで紹介をしたコツを参考になさってみてはいかがでしょうか。きっと役に立つと思います。


プロカメラマンが写真撮影してくれるairbnbで稼ぐコツ

カメラも持っていないし、上手く撮ることができないという人でも、airbnbならカメラマンが綺麗に写真を撮ってくれます。より魅力的に、よりはっきりと写真を撮ってくれるのが頼もしいところです。その申し込みは、サイト内から簡単にできるので、依頼してみるといいでしょう。

まるで、旅行雑誌の写真のように美しく撮影してくれます。この写真によって、より多くの人の目を惹きつけることができます。依頼してから2週間はカメラマンが来るまで時間がかかり、連載するのも2週間かかります。

日本に泊まりに来る外国人というものは、ホテルにはない日本独特の雰囲気のある部屋を探している人も多くいます。和柄のカーテンであったり、テーブルクロス、カーペットなどを用意してあれば、より喜びますね。可愛い柄の浴衣やスリッパなどを用意しておくのも、よりリピーターを増やすコツです。

日本人形を所々に飾ってみたり、3月には素敵な雛人形を飾るなどの工夫もあるといいでしょう。ホテルには真似できない、ちょっとした工夫で外国人をより喜ばすことができます。

日本では東京でも登録してある物件数が4,000軒ほどしかありません。圧倒的に宿泊施設が足りない状態です。ですから、使ってないなと思った部屋などを綺麗にしてみて、泊めれそうだなと思った時には宿泊施設としてホストになってみるといいでしょう。

写真撮影を代行するairbnbを利用して、ゲストを迎え入れる時には、きちんとチェックインの状況をチェックすることがポイントです。チェックインは何時頃なのかをチェックし、その前にはきちんと対応できるようにスタンバイしておきましょう。

やはり、airbnbでは予約時にしっかりとゲストとメールなどでやり取りをし、要望を聞いておくことが大切です。そして、その要望にできるだけ答えられる部屋にし、迎え入れましょう。例えば、シーツは白がいいとか、カーテンは閉めておいて欲しい、暖房をつけておいて欲しいという簡単な要望でもしっかりとこなすことが、より稼ぐコツです。


airbnbの特徴と魅力

airbnbというサービスが今注目されていますが、それがどんなものでどういった魅力があるのかまだご存知ではない方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。ですから、そういった方のためにも、そのairbnbの魅力や特徴などについて説明をしていきます。興味を持った方は、ぜひとも実際にやってみてはいかがでしょうか。

airbnbというのは、登録をすることで自分のあいている部屋を外国人観光客に貸し出すことのできる代行サービスになります。今は外国人観光客が増加傾向にあり、宿泊先が不足状態にあります。ですから外国人観光客にとってもこのサービスはとてもありがたいものだと言えるでしょう。もちろん貸し出す側にもメリットがあります。それは、空き部屋の有効活用です。

空き部屋はそのままにしておけばほこりなどで荒れるいっぽうですし、これがお金にかわるというのであれば、それほど嬉しいことはないのではないでしょうか。もともとある部屋を使うことができれば、その分仮にあまりお客さんが入らなくてもマイナスになることはありませんし、逆にリターンがあれば大きなものになります。このような特徴と魅力がありますから、もしも空き部屋があって困っているという方がいらっしゃれば、ぜひとも手を出してみてはいかがでしょうか。

ただし一つだけ知っておいて欲しいのが、これは簡単な副業ではないということです。ただ登録をしてほったらかし、ではいけません。きちんと使ってくれた人が満足できるように考え、部屋の管理などをして掃除も徹底、工夫をして快適に過ごせるようにしてあげる、こういったことが何より大切だと言えるでしょう。そのあたりは勘違いのないように、徹底するようになさってください。

空き部屋を持っている多くの人にとって、これらのことが参考になってくれれば非常に嬉しく思います。今は関係なくても、もし今後空き部屋が出てしまった時に思い出せるように、頭の片隅にでも置いておいてください。


外国人のゲストのことを考えたairbnbのホストの気配り

ホストをする時に気になるのが、いったい、どのくらいの期間、このairbnbで初期費用でかかったお金を回収することができるのかと考えるところです。

それは、短くて4ヶ月程度で回収しています。長くても、10ヶ月ほどで回収しています。驚くことに、駅が近い場所や観光スポットが近い場所などでは、その空きもほとんど無いほどに埋まってしまいます。そんな所では、4ヶ月程度で回収することができるのです。

airbnbを活用するなら、やはりホストとしては、ハウスマニュアルを作成することがポイントです。これがあるとないとでは、よりトラブルがなくゲストを泊めることができることにつながるからです。

そのマニュアルには、その泊める部屋のルールや、トイレ、お風呂場などに行く道順を描くのもポイントです。また、最新の家電があれば、その使い方も書いた方がより良いでしょう。食器乾燥機や浴室の暖房機などは、なかなか使う機会がない人も多いものです。それらをちょっと書いておくだけも、ホストの気配りが見えます。

外国人が来ることもありますから、やはり英文の説明書というものも置いておくのも、より予約が増えるところです。インターネットや家電製品などの他にも、出入りできる時間の決まりごとなども英文で書いておきましょう。

意外とトイレの温水洗浄の機能を知らなかったり、お風呂場の浴室乾燥機の使い方が分からないという外国人も多いものです。多機能な日本語で書いてある電子レンジや、洗濯機なども使い方が複雑で分からないという人も多いので、そういったところも英文で書いてあげましょう。

外国人とのトラブルの問題も代行してくれるairbnbでは、外国人への心のこもった日本流のおもてなしをすると、よりリピート率が上がります。

英語の文が書けない時には、エキサイトなどの翻訳ができる機能を使えば、スムーズに書けますね。

また、ベッドの上に靴を履いて上がるのも、日本文化とは違うところです。その国の日常生活について調べておくことも、外国人をより快適にもてなせることにつながります。