airbnbを楽しむための初心者ガイド

近年注目のAirbnb (エアビーアンドビー)について、まだご存じない方のための初心者ガイドです。Airbnb は自宅を宿泊施設として貸し出すことで、利益を得られるという仕組みです。すでに世界のほぼ全ての国でAirbnbは浸透しており、自宅を利用した副業として注目を集めています。

一部屋だけ、一泊だけ、長期間、家一軒まるごと貸すことができ、中には島や城を貸し出す人もいるなど、貸し出される物件は非常に多様化しています。日本国内でも自宅の一室や家を貸し出す人が増え始めているところです。

自宅の一室などを貸し出したい場合には、Airbnbのサイトに登録し、そこでプロファイルを記入する必要があります。利用者もAirbnbの登録者である必要があります。つまり貸す側も借りる側も同じウェブサイトに登録している人である必要があるのです。貸し出す側にとっては情報が全く無い人よりは、Airbnbに登録している人に貸すほうが安心感はあります。

Airbnbはいろいろな意味で注目されていますが、例えば国際大会などで世界中から観光客が訪れるようなとき、都市に宿泊施設が足りなくなったとしても、Airbnbの民家によって観光客は宿泊施設を確保できるようになります。

そして宿泊する側にとっては、普通のホテルとは違った楽しみ方が得られます。ホテルに宿泊するのではなくて、今までとは違った宿泊形態を望んでいるなら、一軒家をまるごと借りて新鮮さを味わうといった具合です。

ただ、家を貸し出すことのリスクも、存在していることは忘れてはいけません。人によっては何かトラブルを起こすことも考えられますし、実際に過去にAirbnb利用者がトラブルを起こした例は幾つもあります。明確に自宅内のルールを伝えておくことと、トラブルが起きることを想定しておくことは必要になるでしょう。

自宅を使ってもらい、気分よく過ごしてもらうことは家主にとっては喜ばしいことです。ひとまずAirbnbのサイトを閲覧してみましょう。


人気があるairbnbの物件について

日本でも徐々に認知度が上がっているairbnbですが、海外では今や当たり前になってきています。特に旅行者にとってはホテルや旅館に宿泊するよりも、現地の人の部屋や家に泊まる方が現地と一つになった実感があり、より旅を楽しむことができると人気があります。airbnbは物件を仲介するサイトなので何かを代行すること等はありませんが、登録さえすれば誰でも利用することができるし、物件を登録することができます。手続き自体も基本的にはネット上でできるので複雑ではなく、airbnbに興味がある人にとっては始めやすい環境です。東京だけでも今や2万件以上の登録物件があると言われていますが、実際に2万件の物件がフルで活用されているかと言うとそうではありません。やはり人気のある部屋や物件と言うものがあります。一番はその物件の場所です。便利のよい駅近や分かりやすい場所であれば尚人気がでます。しかし場所以外にも物件のオーナーの工夫次第で人気がある物件にすることができます。今国内でファミリー層に人気があるairbnbの物件は、便利さよりも体験学習ができるかどうか、という点でもあります。田舎の町でもairbnbでの宿泊者は希望すれば農業体験ができたり、陶芸体験や郷土料理作り体験などができるオプションがあります。こうした体験型の宿泊が今はファミリー層を中心により人気が高まっています。旅行自体ももちろん楽しめますが、こうして何かを親子で体験するというのは忘れられない思い出になります。またairbnbの物件のオーナーが直接郷土料理をふるまってくれる物件もあります。こうした物件は決してホテルや旅館より安いというわけではありません。しかし値段以上に価値があると宿泊者が判断するので人気があり、常に予約待ちと言う事も珍しくありません。結果としてairbnbでもこうした物件が人気があり、オーナーとしてもairbnbでの収入になります。これからのairbnbは宿泊するだけでなく、こうしたプラスのオプションがあるところがより需要が高まる傾向があります。


Airbnbを成功させるためにも代行業者に頼ろう

近年、円安化の影響で日本を訪れる外国人旅行者が急増していることもあって、日本における宿泊施設の慢性的な不足がクローズアップされています。2020年には東京でオリンピックが開催されますから、この問題はいつまでも放置してよいものではありません。そこで注目を注目を集め始めているのが、「民泊」と呼ばれる新しいタイプの宿泊施設です。民泊とは、個人が空き部屋を旅行者に有料で貸し出すサービスのことを言います。ホテルではなく民家に泊まる。そんな新しい旅のスタイルが、外国人旅行者を中心にして人気を博するようになっているのです。

このブームの火付け役となったのが、2008年にアメリカで創業されたairbnbという会社です。彼らが、空き部屋を貸したい個人(ホスト)と民家に泊まりたい旅行者(ゲスト)をマッチングすることによって、民泊の利便性は飛躍的に高まりました。今やホストはairbnbのサイトに物件登録するだけで、世界中のゲストから賃貸の予約を受けることができるようになったのです。

airbnbが仲介してくれるおかげで、民泊ビジネスをスタートさせることは驚くほど簡単になりました。しかし、実際に運営していくとなると、様々な困難に遭遇することになるかもしれません。その一つが、ゲストからの問い合わせへの対応です。民泊ビジネスは部屋を貸すだけで収入が稼げるという理想的なビジネスですが、ゲストへの対応に時間が割かれるとあっては、このビジネスの利点である時間対効果の高さが損なわれてしまいます。ゲストへのメール対応、案内ガイドやハウスルールの作成、清掃、鍵の受け渡しなど、ホストがやらなければならぬことは結構たくさんあります。そのうえ、外国人旅行者を相手にするとなれば、英語にも精通していなければなりません。そこでオススメしたいのが、ホストに代わってそれらの業務をこなしてくれる代行サービスの利用です。面倒なことは全部業者に丸投げしてしまえばいいのです。民泊サービスの成功を左右するポイントは、コミュケーション能力の高さとゲストへの対応の速さです。業者ならば、それらに十全に応えてくれます。手数料はかかりますが、長期的に見れば多大なるメリットを受けることができるでしょう。

日本でも民泊の需要が高まりつつあり、民泊ビジネスは更なる市場拡大が見込まれています。このブームからの恩恵を取りこぼさぬことがないよう、しっかりとした準備をしておきましょう。そのためにも、代理業者はうまく使いたいものです。


airbnbで稼ぐコツとは

今副業として人気が出始めているのがairbnbです。airbnbとは世界中で登録者がおり、airbnbに登録されている物件や部屋に宿泊したい場合は決められた料金を支払う事で宿泊できます。特に旅行者にとって人気があるairbnbですが、現地のホテルに泊まるよりも現地の家に宿泊するのでより旅が楽しめるという理由から人気が出ています。他にもホテルに宿泊するよりも安いという利点もあるため、国内では日本人のみならず海外からの旅行者にも人気があります。airbnbというのは仲介をするだけのサイトであり、基本的に登録されている物件のオーナーは営業などはできません。airbnbを利用したいと思っている人が場所や日時、好みの物件から選んで宿泊が成立するという形です。ちなみにairbnbでは宿泊料金の代行もしていません。サイト自体では仲介のみしかしていないため、料金トラブルなどは全てオーナーと宿泊者でのやりとりになります。airbnbで本格的に稼ぎたいと思うのなら、一番重要視するのはairbnbでの口コミ評価です。airbnbでは自分が実際に宿泊して利用した物件や部屋に対して口コミ評価をすることができます。実際に泊まってみて良かったか悪かったのか、オーナーとのやりとりはどうか、周辺環境はどうかなど全ての点で率直な意見を聞けるのが口コミ評価の利点でもあります。多くのairbnb利用希望者はこの口コミ評価を見て宿泊場所を決めることが多くあります。そのため、airbnbで宿泊者がいれば如何にそのお客さんから高評価を得ることができるか、と言う点が重要になります。そのためにはサービスを良くしたり、部屋の環境を整えたり、アメニティを充実させたり等工夫が必要になります。何もしないではお客さんは来ないので、何かしら工夫が必要です。最近はairbnbで宿泊したお客さんは現地で農業体験や郷土料理作りの体験ができるオプションもあります。そうしたところは家族連れに人気があり、結果として宿泊希望者が募って稼ぐことができます。見知らぬ人でも如何に大切に真心をこめて対応することができるか、と言う点が問われる時代です。


airbnbを利用して民家を提供する際に注意したいこと

日本というのは外国人から見ると謎に包まれたところというイメージもあるようです。島国であり独特の文化が形成されたところであり、先進国としての高い技術を誇るという点もあります。一方で日本人が普段勤勉できれい好きという印象を強く持っている外国人たちは、どのような生活をしているのか、畳とかお風呂とか、トイレなどまたこたつなど自分たちの国にはないようなものに不思議な興味を持つものですが、日本に来てホテルで宿泊ではそのようなことを味わうことができないのです。それで自分の家を外国人に貸し出す民泊提供を代行するairbnbサイトが人気になっていて、彼らはそのような体験をしたいと思っているのです。それで自分の家の部屋を貸し出すことにしたのであれば、部屋をきれいにすることはよいのですが、あまりに洋風できれいにしてしまうと外国人の心を掴めなくなるかもしれません。むしろ布団やこたつといった昔ながらの日本スタイルの生活をアピールする部屋にすることができるかもしれません。

またairbnbを見て外国人が家にやってくるということは特に地方ではびっくりするような経験になるかもしれません。近所の人たちは戸惑ってしまうかもしれませんので事前に近所の人たちにはその点を伝えておくことができるかもしれません。また日本は他人に迷惑をかけない習慣があり、外国人はそこまで気にしないとことがありますので、夜遅くまでテンションが上がり騒がれてしまうと近所迷惑になってしまうこともないわけではなく、その点もしっかり宿泊者に伝えることは問題を事前に避けるといういう面で賢いことです。airbnbではお客のレビューがとても大切な要素になります。とても気に入ってもらえてよいレビューを書いてもらうと、それを見ている他の日本旅行を考えている外国人が利用してみたいと思うものです。それを考えるとおもてなしの精神はとても大切であり、どのような外国人に対しても精一杯のもてなしを示すことができればそれはビジネスとして成功することになるのです。


airbnbで稼ぐコツや方法とは

最近、副業をしたい人にとっても極めて人気が高い存在といえばairbnbですが、上手く稼ぐにあたっては、価格設定を工夫したり、利用者によって都合よいサービスを提供することが非常に大切になってきます。

駐車場を無料で用意したり、Wi-Fiのサービスを無料で用意して、宿泊者がインターネット環境に困らないように配慮するというのも極めて効果的と言えます。

また、一室だけでなく複数の部屋を貸し出せる場合には、出来るだけ予約を埋めるようにし、客単価が多少安くなってもとにかく沢山のお客さんに利用してもらうこともおすすめです。

空室があると儲けがゼロになってしまいますが、たとえ安い値段だとしても利用者がいると売上が発生してくれます。

儲けるにあたっては、なるべく空室を作らないようにすることも大事です。

また、airbubでは実際のお部屋の様子は写真で伝えることになるので、雰囲気が良い写真を準備しておくことも儲けを高めるためには鉄則と言えます。

安いお部屋であっても、インテリア性を磨いたり、おしゃれで清潔な印象にすると、一気にお客さんの受けがよくなるということは多いものです。

日本であれば、外国人の旅行者さんは日本ならではの和の雰囲気や、物珍しさから和風な雑貨や小物類に興味を持たれることも多いです。

昔の骨董品を置いてみたり、和風でおしゃれなテイストになる部屋づくりを意識すると、外国の観光客の人を呼び込みやすくなるのでかなりおすすめです。

さらに、設備面や環境などアピールしたい点は文章で伝えておいたり、利用したい人からのメッセージや質問に対しては迅速な対応を行うといったことも非常に効果的です。

インターネット環境を活かしてホストと利用者とがコンタクトを取る特性があるので、他のライバルに負けないためにはスピーディーな返信や対応を心がけることが重要といえます。

利用者へのサービスやおもてなしで好印象を与えることは、高評価なレビューを獲得するためにも役立ちます。

いきなりaiabnbを始めるのが不安な人や、難しい手続きが苦手な方は代行の業者を利用するのもおすすめです。


airbnbのホストとして稼ぐために注意すること

空いている物件や部屋を旅行客に貸し出すことが可能なサービスとして、近年話題になっているのがairbnbです。普段使っていない部屋を有効利用できる上にお金にもなるということで、ホストの副業をしているというかたも増えてきました。しかし、ホスト側には大きなメリットもある反面、注意しなければならないこともたくさんあることを覚えておきましょう。

airbnbでは、ホストが決めたルールにゲストが従わないというトラブルが多く見られています。例えば部屋の状態を綺麗なまま使ってもらうことができなかったというケースです。部屋や物件を貸した時点でホストの目が届かなくなるため、住居を勝手にあれこれと壊されてしまうということもしばしば見られています。ゲストがどういった人物であるのかわかりませんし、ゲストが外国人だった場合には文化や習慣の違いから、思わぬ形で装飾品を使用されたりということもあるのです。また、海外では住居が大きく壊されてしまい警察沙汰になってしまったということもあります。

ただ一つ安心なのは、こういったトラブルに関してはホスト側に保険が適用されて、修理費の保証などもされているという点です。それでも、万が一に備えて対策は充分に行っていきましょう。

airbnbでしばしばガイドラインを無視するゲストがトラブルを起こすケースが見られます。ホストとゲストの信頼関係が崩れてしまっては貸し借りができなくなってしまいますので、貸し出す側も注意深くなる必要があるのです。細かくルールを書き出しておいて、ゲストに必ず守ってもらうように理解してもらう努力をしなければなりませんし、海外から来たかたにも安全に部屋を使用してもらい、お互いに気持ちよく過ごすためにも注意を怠らないようにしましょう。

また、ホストとしての細かい仕事は代行という形で業者に依頼をすることも可能です。鍵の受け渡しやルール説明、普段の部屋の管理なども任せる事が可能ですので、部屋を貸したいけれどもトラブルを避けたいというかたは、前向きに業者の利用を検討してもいいでしょう。


東京オリンピックに向けてairbnbのニーズはますます高まる

2020年には東京で夏季のオリンピックが行われます。当然、世界中からオリンピック観戦を行う観光客が激増することは火を見るよりも明らかです。しかし、現実問題として、2020年までに東京近辺でそうした世界中からの観光客を受け入れるホテルを需要通りに増設することは恐らく不可能であろうと言われています。

もちろん日本には元々数多くのホテルや旅館が真摯な経営を行っていますが、それらを総動員しても東京五輪観光客の受け皿としては数が足りないのです。

そこで俄然注目を浴び始めたのがairbnbです。airbnbは一般人が所有するマンションの一室や入居者のいない空き家などを宿泊宿として貸し借りするソーシャルなサービスですが、現時点においても海外ではすでに、とても便利なサービスとして大いに活用され始めています。

つまり、東京五輪に向けてairbnbを通じて宿泊所を貸し出せば、まったく使用する機会のないまま放置していたような物件でも、ニーズに対応したしっかりとした収入源に成り得るのです。

そんな先進的サービスairbnbでは、部屋や家を貸す人たちをホストと呼び、旅行先でホストから宿を借りる人たちをゲストと呼びます。ホストとゲストをつなぐ場をネット上に設け、そこでの連絡代行をairbnbは行います。

そもそも東京五輪の際に、日本を訪れる外国人の懐事情も様々です。当然のことながらその全員が、いわゆる富豪であるはずもありません。しかも世界から見ても一般的に日本は物価が高く、仮にホテルで部屋を取ろうと思っても、恐らく五輪時は決定的なホテル不足から宿泊費が高騰しているでしょうから、予算の面から最終的にそれを断念する方も少なくないと思われます。

そんな時に活躍するのがairbnbです。airbnbならば、前提として現行の通常宿泊施設よりも格安でゲストは宿を確保することが出来ます。ひるがえって考えれば、これから五輪に向けてどんどん観光客が増えるであろう日本において、ホストは継続的な収入を得ることが叶うということなのです。

2020年の東京オリンピック開催時のホテル不足の解消策として、今後airbnbはますます注目され、そのニーズがより高まっていくことでしょう。現状、日本ではまだまだニッチであると言えますので、ぜひとも早い段階から参入すべく、ホストとしてairbnbを利用してみてください。


airbnbのゲストが求めるもの

airbnbのホストに登録して利益を得たい。

まだまだairbnbの需要は伸びています。これから参入を考えているかたは多いはず。

airbnbでしたら、条件さえ整えば賃貸物件で始められるわけですから、マンション投資よりはじめやすく、そして利益も大きいのです。撤退が簡単なのもマンション投資の比ではありません。

せっかくairbnbに登録して利益を上げたいのでしたら、十分にリサーチしたうえで始めることをおすすめします。まずは物件選びですが、airbnbの公式サイトで「airbnbカウンター」というツールが公開されており、選択した地域でどれくらいの利益が上がっているかを事前に確認することができます。

さて、物件選びが無事に済んだとして、その後の話です。

日本におけるairbnbの場合、ゲストは圧倒的に外国人観光客です。

彼らは「高級ホテルでは世界中どこに行っても同じ。日本に行くのなら日本らしいところに泊まりたい」との希望が高いようです。

それなら、と畳の部屋のある純和風の部屋を確保すれば良いわけですが、実は矛盾した希望もあるのです。これから増えてくるであろうライバルに勝つためには、ゲストの希望をかなえられる環境作りが重要です。

純和風と矛盾する希望とは、ずばりインターネット環境です。

そもそも、airbnb自体がインターネットに依存して発展しているわけです。顧客もインターネットに依存している方々が多いでしょう。

従って、部屋は純和風が好ましいのですが、インターネット環境は最先端のものを準備したほうが良いのです。

一番良いのはモバイルルーターを準備しておくことです。

これなら、ゲストが観光に行っている間もインターネットにつながることができるわけです。

ゲストが一番喜ぶツールと言っても良いでしょう。評判が良くなれば予約も多く入るようになります。

また、部屋は純和風が良いと思うのですが、トイレは和式を避けたほうが良いと思います。

和式トイレの使い方は欧米の方には分からないでしょうからね。


airbnbを始める際、始めはディスカウントを

現在日本で大幅に登録数を増やしているairbnb。

これから参入するかたにも、まだまだチャンスはあります。日本でのゲスト側の需要も大幅に伸びているからです。

円安に加えて、東京オリンピックもあります。これから数年は稼ぎ時になるでしょう。

今から参入してレビューを増やしておけば、東京オリンピックのときには予約が満杯、その後はセミリタイア、ということも夢ではありません。

早速、物件を探してairbnbに登録するかたも多いと思いますが、何と始めは予約が一件も入らないのが普通です。

よほど特徴のある、海外からのゲストに訴えかける物件を確保しているかたなら、最初から予約が入るかもしれません。ただ、多くの物件では最初は予約が入らないのです。

それはレビューのシステムによるものです。ゲストは宿泊先を決める際、レビューを参考にします。

あなたの物件のそばに、すでに良いレビューが沢山ついている物件がある場合、ゲストはレビューのある方を優先して予約するでしょう。

それなら、新規参入は難しいのでしょうか。

airbnbも公式サイトでもこの件に関してのアドバイスが掲載されています。

新規でホストに登録した場合は「周辺相場の7割くらいの料金を設定してください」とのアドバイスです。

価格を下げれば、検索上位に上がっていきます。検索上位に上がって行けば予約が入るようになるのです。

ただ、新規ホストの場合はゲストも慎重になりますので、質問が多く寄せられるようです。

質問が来た際はチャンスだと思って丁寧に対応してください。

airbnbの運営側もそのような新規ホストは上位に上がるよう配慮してくれているようです。

新規のホストでも上位にランクされることがあるのです。

さらに重要なのはリスティングする際の部屋の写真です。

くれぐれもフラッシュなどを使わないようにしてください。写真が平板になってしまいます。

部屋の写真を撮る際は、窓から柔らかい自然光が入る時間を見計らって撮影することをおすすめします。

自信のないかたは代行業者に撮影を依頼しても良いでしょう。