東京オリンピックの開催前にスーパーホストを目指しましょう

今、かなり注目を浴びているairbnbです。

これから参入しても十分に利益が出せる余地があります。

airbnbへのホスト登録数増加率は日本がずば抜けて高いそうです。

それだけライバルが増えている状況ですが、airbnbにおける日本へのゲスト側の需要も急激に伸びているのです。

アベボミクスの恩恵と言って良いのでしょう。円安により、日本に訪れる観光客が飛躍的に増加しているのです。それに引き替え、ホテルなどの宿泊施設は足りていない状況です。

海外ではすでに周知のインフラとなってしまったairbnbですから、海外から訪れる観光客のかたがたはホテルが満室であればairbnbのホストを探すでしょう。

いや、始めから「日本の普通の住居に宿泊したい」というニーズも多いようです。airbnbのコンセプトが

「暮らすように旅をしよう」というものですから、airbnbを通じて、独自の需要も多いのです。

これから参入するかたは、東京オリンピックまでに良いレビューを沢山もらうことを目標にすると良いでしょう。

さらに良いレヴューが多くなると、airbnbの運営から「スーパーホスト昇格のお知らせです」というメールが届くかもしれません。

「スーパーホスト」とはヤフオクにおけるゴールドメダルやプラチナメダルのようなものでしょうか。

いや、例えが分かりにくいですね。要するに「スーパーホスト」とはairbnb運営が優良ホストであるとのお墨付きを与えてくれる称号なのです。

スーパーホストになるためには、「一年で10件のホスティングをすること」「高い返答率」「5つ星のレビュー」「予約をキャンセルしない」と言った条件があります。

まあ、しごくあまり前のことです。ただ優良なホストになるべく努力すれば良いのです。

スーパーホストになると、特典があります。

「スーパーホストバッジ」がリスティングに付くので、ゲストの予約を得るのに有利になる。

「1年間スーパーホストを継続するとUSD100が進呈される」

「優先的サポートを受けられる」

「airbnb主催の特別イベントに招待される」等です。

東京オリンピックまでにスーパーホストになっていれば、かなりの収益を見込むことができます。

信頼できる代行会社に丸投げしてしまうことで、労せずスーパーホストになることもできるでしょう。

多少の費用がかかっても十分おつりがくると思いますよ。


投資用のマンションをairbnb運用に切り替える

賃貸物件でも始められるairbnbですが、すでに投資用マンションをお持ちのかたで、ちょうど空き部屋が出てしまった、というタイミングの場合、airbnbへホスト登録してairbnb運用にすることをおすすめします。

立地条件が良ければ、一泊10000円以上の料金です。もし月の半分以上の予約が入れば賃貸にするより利益は大きくなるのではないでしょうか。

さらにレビューが積み重なって予約が途切れないようになれば、代行会社に運営を丸投げしてしまっても賃貸より多くの利益が見込めます。

新規参入時こそ、ディスカウントで集客する必要があったりしますが、一度軌道にのってしまえば、かなりの利益が見込めるのです。

さらに今のタイミングは円安による日本への観光客増加と、宿泊施設の不足、東京オリンピックでの需要も見込めます。

ちなみにリオオリンピックでは宿泊施設が全然足りていないそうで、国の主導でairbnbと同じことをするそうです。一般の住宅でオリンピックに訪れた観光客を吸収しようというのです。

東京も今現在で宿泊施設が足りていないわけですから、東京オリンピックの際にはairbnbのゲストがかなり訪れるでしょう。

マンションをお持ちのかたは、早めにairbnbにホスト登録して実績を積んでおくことをおすすめします。

もしairbnbの運営が上手く行かないおゆでしたら、ノウハウのある代行会社に運用を丸投げしてみても良いのです。費用はかかっても賃貸にするよりは利益が高いと思われます。

もちろん、それでも上手く行かなければ、その時は元の賃貸に戻せば問題ありません。

参入障壁が驚くほど低く、利益も出しやすいのが今のairbnbの現状なのです。

ためらう必要は全くありまえせん。

もし、airbnbでの運用が上手くいけば、さらにマンションの数を増やして本格的に参入するのも夢ではありません。実際、一か月に500万の宿泊料収入を得ているホストの方もいらっしゃるのです。

マンションをお持ちのかた、いかがでしょうか?


日本でも始まるairbnbの代行サービス

airbnbといえばairbnbのウェブサイト上に自宅や自分が所有する物件を掲載する事で

その物件に旅行客を宿泊させることが出来、宿泊客からその対価を支払ってもらうという

宿泊サービスの一つですが、国内からの利用もあるとはいえ

主に利用するのは海外から日本にやってくる観光客の方の利用が多く

鍵の手渡しや各種宿泊に関するマニュアルの作成も当然英語で行わなければなりません。

最近注目されているのがairbnbにて貸し出しを行うにあたって面倒だと感じるような

部分の作業を代行で行ってくれるairbnbサービスです。

このサービスは先に書いた鍵やマニュアルに関する事はもちろんのこと

宿泊後の清掃サービスまで行ってくれる非常に便利なサービスとなっています。

海外では代行サービスの展開は盛んでしたがこれまで日本では

ほぼ代行サービスといったものは行われておらず、貸し出しをしようと思うと

各種下準備はすべて自分で行わなくてはならず、自宅貸しの場合はまだしも

複数の物件を貸すような場合には鍵や清掃で大忙しということも日常茶飯事でした。

しかしここ最近日本でもairbnb代行サービスが首都圏をメインにですが

行われるようになっており、このような煩雑な手間を解消する事が

可能になってきています。

掃除料金は部屋の大きさによって変動しますが

鍵の受け渡しやマニュアル作成などは一律料金なので

マニュアルを作る時間はあるけどチェックインの時間にどうしても予定を合わせられない

というようなときには鍵受け渡し代行

家具などを買い換えてマニュアルを書き直さなければいけないけどそんな時間が無い!

といったようなときはマニュアル作成代行など

その時々の忙しさや状況などと相談してどのサービスを利用するか選択すれば

良いのではないでしょうか。

会社にもよりますが基本的に契約は月単位ではなくその時々に行われる形になっているので

折角契約したのにタイミングが悪くてあまり貸し出しができずもったいない・・・

といった事にはならないので安心して利用する事ができます。


airbnbのホストになるにあたっての注意

airbnbが日本で急速に登録者を増やしています。そして、それ以上に日本におけるairbnbの需要も増えています。

今からの参入でも十分利益が確保できるでしょう。

ただし、airbnbのホストになるにあたって、ホスト側で注意しておく点もあります。

ホスト側に原因のあるトラブルは未然に防ぎましょう。

まず、鍵の受け渡しミスです。物件が増えてくると、単純ミスとして、鍵の受け渡しを失念してしまうことが起こりがちです。

人間ですから忘れてしまうこともあるのは仕方ないのですが、海外からはるばるやってきてくれたゲストにとってみれば、たまったものではありません。恐らく日本までの長いフライト及び、慣れない交通機関を使って現地まで来たことで疲れ切っているはずです。そんなときに部屋の鍵がない、となれば温厚な人でも怒ってしまうのは当然です。

このトラブルを回避するには、予備の鍵を事前にポストの下に貼りつけておく等の工夫が必要です。

忘れてしまうことは、あり得るのです。それを見越して事前に対策を練っておきましょう。

次に部屋の清潔さです。いくら古い和室が好まれるといっても、汚れている部屋ではゲストも満足するはすがありません。これはこまめに清掃をするしか対策がありません。サラリーマンのかたが副業でやる場合などは時間が取れないでしょうから、代行業者を使うのも良いでしょう。部屋をきれいにしておけば、レビューも良くなります。レビューが良くなれば、予約も多く入るでしょうから、費用を掛けただけの見返りはあります。

また、ゲストのかたとの意思疎通がうまくいかない場合。airbnbを利用するゲストの場合、ホストとの触れ合いや、観光案内を期待してくる方も多いようです。その期待に応えられない場合、レビューが低くなってしまいます。特に副業でairbnbのホストに登録する場合、その旨をゲストに事前に伝えておく等の配慮が必要です。事前に伝えておけば、ゲストもそのつもりで予定を立てることができるでしょうから、クレームにはまらないでしょう。


airbbnbのリスティングにおける写真の重要性

外国人観光客世界一のフランスを差し置いて、airbnbの需要が飛躍的に伸びている日本。

まだまだairbnbの需要が伸びる余地はあります。東京オリンピックまでは需要が伸び続けるのではないでしょうか?

そんなairbnbで効果的にゲストを呼び込む方法としては、物件選びはもちろんですが、その後のリスティングも大きな割合を占めていると思われます。

何と言ってもゲストはリスティングに掲載された写真を見て、宿泊するかどうかを決めるのです。

同じ地域にライバルがいた場合、ゲストがあなたの物件を選んでくれるはどうかは、リスティングに掲載された写真にかかっていると思って間違いないでしょう。

当然、詐欺のような写真はのちの評価が悪くなりますので、やめたほうが無難ですが、出来る限り綺麗な写真を撮りたいものです。

そこで、リスティングに掲載する写真についてのテクニックです。

まずは写真を出来るだけ沢山掲載することです。しつこいようですが、ゲストは写真を見て宿泊するかどうかを選ぶのです。いわばヤフオクにおける写真の重要性と似たものがあります。

綺麗な写真を撮るには、光に気を付けてください。ストロボを使うと平板な印象になってしまいます。

照明器具も同様です。人工の光があると、写真は平板になってしまうのです。

したがって、写真を撮る時刻も重要です。窓から柔らかい光を取り入れられる時間帯がベストです。

白っぽい光よりはオレンジがかった光のほうが、暖かいイメージの写真になります。

写真を撮る時刻はマジックアワーと呼ばれる、朝焼けや夕焼けの出る時刻が良いでしょう。

腕に自信のあるかたは、証明器具を使用してもOKでしょう。間接照明を使用すれば奥行のある写真が撮れます。構図などにも気を使って、あまり部屋が狭く写らないよう気を付けましょう。これには賃貸物件のサイトに掲載されている写真の構図などが参考になります。賃貸サイトに掲載されている写真は、実際よりも部屋が広く写って見えるものです。これはプロが使用するレンズのおかげということもありますが、構図を参考にすることで、実際よりも広がりのある写真が撮れます。

自信のないかたは、代行をしてくれる会社がありますので、お任せしてみるのも手だと思います。


airbnbのホストになる際のインターネット環境

airbnbのホストになるにあたって、インターネット環境を整えておくことはアドバンテージになります。

airbnb自体がインターネット環境に慣れ親しんだかたを対象にしているわけですから、当然とも言えます。最近では無料のWIFIスポットも増えていますので、例えばセブンイレブンの場所を地図にしてゲスト様に渡すといったことでも良いかもしれません。

ただ、部屋でインターネットが出来るかできないかではレビューに大きな差がでます。

一番良いのはモバイルルーターを準備しておくことだと思いますが、最近の事情では注意が必要です。

それは大抵のモバイルルーターには通信制限があるということです。

私は幸いにも初期のWimaxに加入しています。腹立たしいことに初期のWimaxはスピードが初期の三分の一ほどに下げられてしまうとのことです。私の元にもご丁寧に封書にて、その旨が伝えられました。その代わりと言ってはなんですが、9月までに申し込めばスピードの速くなるWimax2+への切り替えは無料で行えるそうです。そして24か月は割引料金になるとのこと。随分太っ腹な提案だと思っていたのですが一つ落とし穴がありました。wimax2+では通信制限がかかるのです。

airbnbのリスティングで「インターネット可」としているにも関わらず、通信制限にかかってしまってはレビューが下がるどころの話ではないですね。

初期の無印WIMAXの契約をお持ちのかたは、その契約を維持したほうが良いと思います。初期の無印WiMAXでは、今のところ通信スピードが下がるだけで通信制限はかかりません。

そもそもwimaxは「通信制限なし」を売りにして同業他社との差別化をしていたわけですから、今さら通信制限をかければ詐欺行為にあたるでしょう。

今から新規に契約するモバイルWIFIでは、通信制限があるものだけになってしまっています。

その際は部屋に光回線を引く等、せめて部屋の中でのインターネット環境はいつでも使えるようにしておいたほうが良いでしょう。

またはモバイルwifiを貸し出してくれる代行業者を当たってみるのも良いかもしれません。


airbnbでのトラブルを事前に回避する

日本での需要が急速に高まっているairbnbですが、やはり他人に部屋を貸すわけですからトラブルはつきものです。

airbnbで利益を得たいということでしたら、ある程度のトラブルは許容するつもりでいないと、やっていけないかもしれません。

ただ、あまりにも大きなトラブルや、その後のレビューにかかわるようなトラブルは事前に回避できれば、それに越したことはありません。

まず、これから増えるであろうトラブルとしてはフーリガントラブルがあります。これには東京オリンピックやスポーツの国際大会が日本で開催されたときにやってくる本物のフーリガンも含みますし、厳密な意味でのフーリガンではなくとも、トラブルをまき散らすであろうゲストのことも含みます。

あまり神経質になるのも良くないと思いますが、男性数人のゲストは注意したほうが良いでしょう。写真が確認をして、「危ない」と思ったら断りましょう。複数のゲストが来てくれるのは宿泊費的に見れば好ましいのですが、常識が通用しない方々も存在します。そんなゲストに当たってしまうと、部屋の破壊や。近隣からのクレーム、場合によっては場所を変えなくてはいけない羽目になってしまいます。そんな事態になれば、利益など吹っ飛んでしまうくらいの費用がかかってしまうのです。

海外にはフーリガンに代表されるような、常識外の人間もいることを意識しておきましょう。

これは海外のかたに限らず、国内のゲストに関しても当てはまるかもしれません。男性の場合、複数人が集まると、やけに気が大きくなってしまうことがあります。そんなときは一人のときには決してしないような馬鹿な真似もできてしまうのです。対して女性複数の場合は、それほどトラブルは起きないような気がします。

また、長期滞在を求めるゲストにも注意が必要です。場合によってはクリーニング業者に頼まなければならないくらい汚されてしまう場合があるのです。

長期滞在を求めるゲストには、滞在期間中、定期的に清掃に入る旨を了承してもらってから受け入れるのが良いでしょう。


airbnbの初心者ホスト。ゲストから予約の変更が来た際は

airbnbがものすごい勢いで普及しています。特に日本ではホストの登録もゲストの需要も他の国に比べて著しく伸びているようです。

マンション投資より初期投資も少なく、利益も多く、撤退も簡単。確かにホストの登録は増加するでしょう。

これから始めようと思っているかたも、この数年は需要が増えると見込まれます。出来れば早めに参入して、東京オリンピック需要の際には良いレビューが沢山ついている状況になればこの上なしです。

東京オリンピックが終わった時点で楽隠居をすることも可能かもしれません。

ただ、新規でホストに登録してairbnbを始めたばかりのときは戸惑うことも多いかもしれません。

良くある件ではゲストの予約変更が上げられます。

簡単に利用できることが売りのairbnbですから、ゲスト側でも簡単に予約するわけです。

インターネット環境に慣れた人が利用するサービスですから、既存のホテルなどと違って簡単に手続きができるからです。

簡単に手続きが出来るということは、簡単に予約変更の問い合わせがくるのです。

良くあるのは「人数を追加したい」と言った予約変更の申し出です。

ここで焦る必要はありません。

ご自分のページのメニューから「ご予約」を選択します。

「ご予約」を選択すると、現在の予約一覧が出てきますので、変更の申出のあった予約を選択し、変更になった条件を入力し、ゲスト様に再申請するだけです。

さすがインターネットに依存したサービスです。何事も簡単に処理できるようにできています。

このような便利な機能が、後発であるairbnbの急激は発展の秘密かもしれません。

変更を入力してゲスト様に再申請したあとは、ゲスト様からの承認を待つだけです。

まるでヤフオクのような簡単さ。

例えば、人数を追加した上に、何人かごとに日程までずらして欲しいという変更依頼の場合でも簡単に処理できるようになっています。

ただ、そのような処理が面倒なかたもいらっしゃると思います。

そのような場合は運営を代行会社に丸投げしてしまうことをおすすめします。

それでも十分利益は確保できるのです。


airbnb用に物件を探す際の注意

日本での需要を急激に伸ばしているairbnbですが、これから賃貸物件を探して参入しようとしているかたに注意点をお伝えします。

現状で賃貸物件でのairbnbへの登録数はかなりあります。しかし、賃貸でairbnbに登録する場合は又貸になるわけです。大家さんの了承が得られていないケースもかなりあるようです。

賃貸物件の契約条項では、殆どの場合、「又貸禁止」となっているはずです。おそらくその条項を気にすることなくairbnbに登録しているかたも多いと思うのですが、契約違反になってしまいますので、最悪、強制退去になってしまいます。

ただ、円安に加えて東京オリンピックもありますので、これからairbnbの需要は増えていくものと思われます。それに比して、賃貸物件では空き部屋が多くなっており、事前に大家さんに話を通しておけば、airbnbへの登録も許可される場合が少なくないようです。

正直大家さんとしても空き部屋にしておくよりは、又貸されてでも部屋が埋まってくれたほうがありがたいでしょう。

最近では事前にairbnbへの登録OKを大家さんに貰っている物件を扱う不動産会社も増えています。

ともかく、まずは賃貸の場合の契約条項を良く読み、契約に違反していないか確認することが重要です。賃貸契約をする前に、airbnbに登録したい旨を大家さんと話しあうのも重要でしょう。断られる場合も多いと思いますが、あなたがしっかり管理することを誠意をもって伝えれば、許可してくれる大家さんんもいるはずです。

そのような準備が面倒だと感じる方は、代行業者におまかせしてしまうのも良いかもしれません。

いまだ需要の伸びが衰えないairbnbですから、手数料を払ってでも参入する価値はあるでしょう。

中にはairbnb用としてリスティングの作成からオペレーション、鍵の受け渡しや掃除と言った運営代行まで手掛けてくれる不動産会社も現れています。

サラリーマンなどで時間が取れないかたには、そのような代行業者をおすすめします。