外国人のゲストのことを考えたairbnbのホストの気配り

ホストをする時に気になるのが、いったい、どのくらいの期間、このairbnbで初期費用でかかったお金を回収することができるのかと考えるところです。

それは、短くて4ヶ月程度で回収しています。長くても、10ヶ月ほどで回収しています。驚くことに、駅が近い場所や観光スポットが近い場所などでは、その空きもほとんど無いほどに埋まってしまいます。そんな所では、4ヶ月程度で回収することができるのです。

airbnbを活用するなら、やはりホストとしては、ハウスマニュアルを作成することがポイントです。これがあるとないとでは、よりトラブルがなくゲストを泊めることができることにつながるからです。

そのマニュアルには、その泊める部屋のルールや、トイレ、お風呂場などに行く道順を描くのもポイントです。また、最新の家電があれば、その使い方も書いた方がより良いでしょう。食器乾燥機や浴室の暖房機などは、なかなか使う機会がない人も多いものです。それらをちょっと書いておくだけも、ホストの気配りが見えます。

外国人が来ることもありますから、やはり英文の説明書というものも置いておくのも、より予約が増えるところです。インターネットや家電製品などの他にも、出入りできる時間の決まりごとなども英文で書いておきましょう。

意外とトイレの温水洗浄の機能を知らなかったり、お風呂場の浴室乾燥機の使い方が分からないという外国人も多いものです。多機能な日本語で書いてある電子レンジや、洗濯機なども使い方が複雑で分からないという人も多いので、そういったところも英文で書いてあげましょう。

外国人とのトラブルの問題も代行してくれるairbnbでは、外国人への心のこもった日本流のおもてなしをすると、よりリピート率が上がります。

英語の文が書けない時には、エキサイトなどの翻訳ができる機能を使えば、スムーズに書けますね。

また、ベッドの上に靴を履いて上がるのも、日本文化とは違うところです。その国の日常生活について調べておくことも、外国人をより快適にもてなせることにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です