airbnb成功のノウハウとしてターゲットをどの層にするか?

airbnbは日本国内の方も多数利用しており、副業などで成功している方も多くいます。外国人向けに部屋を貸すというのは、なかなか慣れない方も多いでしょうし、どう初めて良いのか?分からない方も多いでしょう。

ここで1つ重要なのは、どういった層に向けて部屋を貸すか?どういうった層が喜びそうな部屋を選ぶか?ということになります。ターゲットをある程度絞った方が、より利益に結びつきやすいと思います。

成功のためのノウハウとして共有されているのは、若者をターゲットにするというものです。いろいろな層が候補としてあると思いますが、中でも若者はこういう施設を利用するための精神的ハードルが低いです。
確かに、airbnbは今流行のサービスではあるものの、どうも年配の方とかには抵抗があるのではないか?と思います。間違いなくこういったものは若者の方が利用するケースが多いでしょうから、彼らに喜ばれそうなエリアで選んで、かつ設備や物件のデザインなども彼らにウケそうな物件を探してみると良いのです。

実際、それ以外の層をターゲットにしてもなかなか利益にならない可能性があります。それはやはりこういうサービスをそもそも知らなかったりしますし、ホテルではなく、一般の人の部屋に住むということが怖いというイメージを持っているため、なかなかサービスの受け手になってくれる人が少ないのです。そこが若者とそれ以外の年代の方の意識の違いになると思います。

そういった部分を意識して、今後実際に貸し出す物件選びをしていかないといけません。そして、運営については恐らく代行業者を利用していくと思われますが、こちらについてもそれぞれ評判やサービス内容の充実度などが変わってくるので、部屋選びと同様に注意深く行っていく必要があるでしょう。

これはそれぞれの業者の特徴をしっかりと調べて慎重に選定していってください。airbnbは事前に検討しないことが多いのですが、成功のためには必要なことなので、しっかりとやっていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です