デザインを活用しながらairbnbで稼ぐ方法

airbnbで稼ぐ為には、貸し手が借り手のニーズに合った部屋を提供する事が基本です。地味なデザインで構成してユーザーに課すよりも、デザイン関連の代行業者に魅力的な部屋にするように依頼したり、貸し手がアイデアを活かしながらユーザーのニーズを掴んで、借り手側が住みやすい部屋の構成に設定する努力が必要です。

airbnbで創業したいた当時、会社の収益が逼迫している状態で順調に運営できない状態でした。何とか経営をしている状態で、社員の生活費を稼ぐほどの収入は得ていませんでした。

しかし、厳しい状況の原因として、建物や土地の品質だけではなくて貸す部屋のデザインの質があまり良くなかった事です。建物の内部に存在している部屋の写真を見ていると、多くの人から住む事に満足しない部屋の構成になっている事が分かりました。天井から吊り下げている物は地味な素材で出来ていたり、部屋の中が暗いなどの問題点を社員が指摘しました。

デザインや間取りの観点を改善する事によって、以前に比較して間取りの明るさが改善されたり、お客様のニーズに応えたデザインを心掛ける事で需要が高まっていって業績が回復しました。

物件の中に表現されているデザインの物は価値が無かったとしても、登場するまでのストーリーがあります。物に関するストーリーを描く事で、表現している物の機能美や価値などの特性を借り手の側に伝えると次第に共感を得やすくなります。

貸し手がairbnbとして貸す物件を借り手側に提供する場合、稼ぐ事を考える場合は周囲の環境やスポットの多さも重要です。

しかし、住み心地が良くて思い出に残るデザインに囲まれた空間で過ごせば、もっと借り手の側が満足するはずです。自宅を貸す企業では、各社員が小さな事でも良いので、様々なアイデアを共有し合う事が重要です。貸し手が使う人の立場に立って、共感を得るデザインを中心に部屋を構成する事によって自然的にお客様を呼んで、自然に共感を得る事で儲けも増えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です