空き家問題や宿泊先不足を解消してくれるサービスAirbnb

世界には、実にさまざまな形態の旅行者向け宿泊先があります。一般的なホテルから、料理が自慢のオーベルジュ、ヨーロッパの貴族の屋敷・お城などを改造したシャトーホテル、日本の旅館、寝る場所と朝食がセットのB&Bや日本の民宿、最近では日本でも見かけるようになった大部屋に大人数が宿泊するドミトリータイプのものまで、実にさまざまです。
そのどれを選択するかは、旅行者の旅の目的や費用によって決まってきますが、最近、世界中で注目を集めているサービスの一つにAirbnb(エアビーアンドビー)というものがあります。
世界の190カ国、34000以上の都市で、そこに泊まりたい人(ゲスト)と、空いた部屋を宿泊先として提供したい人(ホスト)を結び、宿泊の代行を行っているのがAirbnbです。2008年創業で8年間に培ったAirbnbの経験は多くのゲストやホストに歓迎されています。通算のゲスト数は6千万人を超えています。ゲストにとっては、一般的なホテルなどよりも安く泊まれたり、珍しい所に泊まれたりするメリットなどがあり、空いた部屋やマンションの一室を宿泊代として収益を上げられる・海外の人と気軽に国際交流が測れる等のメリットなどがホスト側にはあります。その宿泊先にはお城もあり、お城の登録数も1400を超えているので、一度お城に気軽に泊まりたいという夢も現実的なものとなっています。
日本では現在、空き家が増加していることが問題視されていますし、また来る2020年の東京開催のオリンピックに向けて、今からオリンピック観戦者や観光者の宿泊先不足が指摘されています。そんな日本でAirbnbというサービスを早い段階から始めることは、そのノウハウを多くの人に発信でき、多くの宿泊先の提供につながります。
このサービスのホスト側になりたい方は、何から始めたら良いのかというと、Airbnbに登録をして、掲載してもらうことです。この時に手数料が派生するのではと心配される方もいますが物件の登録は無料です。予約が入った際に、その予約ごとにホスト手数料として3%が徴収されるだけです。
Airbnbにはホスト側にもゲスト側にも、互いに評価しあうレビューがあるので、一度でも悪い評価がついたら、泊めることも泊ることも難しくなってしまうシステムが構築されているので、双方に安心して利用できるシステムとなっています。
Airbnbには、さまざまな事を代行してくれるサービスがありますので、空いた物件がある方で、その物件を用いて副収入を得たい、しかし何をしてよいのか、どうすれば良いのか分からない時には、Airbnbに代行を依頼してみることオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です