airbnbのホストになる際のインターネット環境

airbnbのホストになるにあたって、インターネット環境を整えておくことはアドバンテージになります。

airbnb自体がインターネット環境に慣れ親しんだかたを対象にしているわけですから、当然とも言えます。最近では無料のWIFIスポットも増えていますので、例えばセブンイレブンの場所を地図にしてゲスト様に渡すといったことでも良いかもしれません。

ただ、部屋でインターネットが出来るかできないかではレビューに大きな差がでます。

一番良いのはモバイルルーターを準備しておくことだと思いますが、最近の事情では注意が必要です。

それは大抵のモバイルルーターには通信制限があるということです。

私は幸いにも初期のWimaxに加入しています。腹立たしいことに初期のWimaxはスピードが初期の三分の一ほどに下げられてしまうとのことです。私の元にもご丁寧に封書にて、その旨が伝えられました。その代わりと言ってはなんですが、9月までに申し込めばスピードの速くなるWimax2+への切り替えは無料で行えるそうです。そして24か月は割引料金になるとのこと。随分太っ腹な提案だと思っていたのですが一つ落とし穴がありました。wimax2+では通信制限がかかるのです。

airbnbのリスティングで「インターネット可」としているにも関わらず、通信制限にかかってしまってはレビューが下がるどころの話ではないですね。

初期の無印WIMAXの契約をお持ちのかたは、その契約を維持したほうが良いと思います。初期の無印WiMAXでは、今のところ通信スピードが下がるだけで通信制限はかかりません。

そもそもwimaxは「通信制限なし」を売りにして同業他社との差別化をしていたわけですから、今さら通信制限をかければ詐欺行為にあたるでしょう。

今から新規に契約するモバイルWIFIでは、通信制限があるものだけになってしまっています。

その際は部屋に光回線を引く等、せめて部屋の中でのインターネット環境はいつでも使えるようにしておいたほうが良いでしょう。

またはモバイルwifiを貸し出してくれる代行業者を当たってみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です