airbnbでありがちなトラブルと対処法とは

人付き合いの世界ですから、世の中どこでもトラブルはありますが、airbnbの民泊でもトラブルは時々発生します。airbnbで自宅を貸した経験のある人や、airbnb代行業者などが報告している、よくあるトラブルをまとめました。

■家屋内の備品を持ち去られることがある
airbnbの利用者はきちんと身元や所属などの確認が取れている人ばかりです。信頼を第一にしているairbnbですから、わざわざトラブルを起こそうとする人はほとんどいません。貸し出す人にとっては安心なのですが、備品が持ち去られるというトラブルは報告されています。
多くの場合、たとえば家具の上に置いてある人形や飾りなどの小物だったり、安価な生活必需品などが挙げられます。
もし貸し出す側として盗難が心配であれば、室内ではあらかじめ貴重品などは奥にしまいこんで、持って行かれても仕方のないものだけを、室内に置くといった工夫はあっていいことです。
稀に高級な品物を持っていかれるという被害はほとんどありえませんが、もしあった場合には運営会社に相談する必要があるでしょう。そうならないためにも、部屋を貸している期間中は、貴重品など置かないようにすることを考えてみましょう。

■言葉がわからない
airbnbの利用者は外国人であることが多く、日本語は全く理解できない人もやってきます。部屋を提供するホストも英語がほとんどわからないということがあり、意思疎通できないトラブルはたびたびあることでしょう。
利用者の外国人が自宅に来る前に、必要な会話集を準備しておくことをおすすめします。日常でよく使われる会話集などはインターネットで探すことが出来ます。プリントアウトして利用したり、紙に写しとったりして利用してみてはどうでしょうか。会話集については、販売している本を探して購入してみても良いでしょう。
パソコンやスマホで、インターネットの翻訳を利用して意思疎通をはかることもできます。
スマホのアプリには、自動翻訳機能のものがありますから、こうしたものを利用していくこともおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です