airbnbを使ってシーズンオフのラダックを旅しました!

インドのラダック地方を旅してきました!チベット仏教の雰囲気が色濃く残るラダックは、世界中の旅行通から一目置かれる人気観光地です。しかし、問題が一つ。私が長期休暇を取れるのは冬の間だけですが、冬のラダックはシーズンオフとなり、大半のホテルが閉業してしまうのです。人生で一度は行ってみたかったラダック。でも、冬しか行けないのなら諦める他ないのでしょうか?

そこで、私が選択したのが民泊サービスのairbnbです。ホテルが閉業していても、そこに住まう現地人はちゃんといる。だったら、彼らから空き部屋を借りればいいのです。そして、airbnbで検索してみたところ、ちょうど私好みの物件が見つかりました。宿泊料は程よく、食事の提供もあり、暖房とお湯も完備!最後の一点は、ラダックのようなヒマラヤ山中にある貧しい地方ではことのほか重要です。一日に何度も停電に見舞われることが日常茶飯事の地域ですから、一流ホテルでも暖房やお湯を保証してくれないところが多いのです。しかし、私が民泊するお宅は、どうやらラダック地方のお金持ちのご家庭のよう。そのため、ちょっといい加減なところのあるホテルよりも、ずっと信頼できそうです。私は迷うことなく、そのお宅にお世話になることに決めました。

そして、飛行機で降り立ったラダック地方の中心都市レー。噂に聞いていたとおり、激しい積雪があたり一面を銀世界にしています。しかし、今回は代行業者がタクシーで迎えに来てくれることになっていたので心配はありません。無事にレーの町まで届けてもらい、それから一週間の夢のようなラダック滞在が始まったのでした。高山の清明な空気と美味しいチベット料理、それにとても人のよいラダック人。雪のために観光らしいことはできませんでしたが、それでも十分に満ち足りた日々を送ることができました。

今回の旅でairbnbを選んで本当に良かったなと思います。民泊を利用せず普通のホテルに泊まっていたら、ここまで快適に過ごせなかっただろうし、現地人と触れ合うこともなかったでしょう。やっぱり、これからの旅は民泊にするのが良さそうです。従来型の旅より、ずっと充実した旅になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です