airbnbのホストになるにあたっての注意

airbnbが日本で急速に登録者を増やしています。そして、それ以上に日本におけるairbnbの需要も増えています。

今からの参入でも十分利益が確保できるでしょう。

ただし、airbnbのホストになるにあたって、ホスト側で注意しておく点もあります。

ホスト側に原因のあるトラブルは未然に防ぎましょう。

まず、鍵の受け渡しミスです。物件が増えてくると、単純ミスとして、鍵の受け渡しを失念してしまうことが起こりがちです。

人間ですから忘れてしまうこともあるのは仕方ないのですが、海外からはるばるやってきてくれたゲストにとってみれば、たまったものではありません。恐らく日本までの長いフライト及び、慣れない交通機関を使って現地まで来たことで疲れ切っているはずです。そんなときに部屋の鍵がない、となれば温厚な人でも怒ってしまうのは当然です。

このトラブルを回避するには、予備の鍵を事前にポストの下に貼りつけておく等の工夫が必要です。

忘れてしまうことは、あり得るのです。それを見越して事前に対策を練っておきましょう。

次に部屋の清潔さです。いくら古い和室が好まれるといっても、汚れている部屋ではゲストも満足するはすがありません。これはこまめに清掃をするしか対策がありません。サラリーマンのかたが副業でやる場合などは時間が取れないでしょうから、代行業者を使うのも良いでしょう。部屋をきれいにしておけば、レビューも良くなります。レビューが良くなれば、予約も多く入るでしょうから、費用を掛けただけの見返りはあります。

また、ゲストのかたとの意思疎通がうまくいかない場合。airbnbを利用するゲストの場合、ホストとの触れ合いや、観光案内を期待してくる方も多いようです。その期待に応えられない場合、レビューが低くなってしまいます。特に副業でairbnbのホストに登録する場合、その旨をゲストに事前に伝えておく等の配慮が必要です。事前に伝えておけば、ゲストもそのつもりで予定を立てることができるでしょうから、クレームにはまらないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です