東京オリンピックに向けてairbnbのニーズはますます高まる

2020年には東京で夏季のオリンピックが行われます。当然、世界中からオリンピック観戦を行う観光客が激増することは火を見るよりも明らかです。しかし、現実問題として、2020年までに東京近辺でそうした世界中からの観光客を受け入れるホテルを需要通りに増設することは恐らく不可能であろうと言われています。

もちろん日本には元々数多くのホテルや旅館が真摯な経営を行っていますが、それらを総動員しても東京五輪観光客の受け皿としては数が足りないのです。

そこで俄然注目を浴び始めたのがairbnbです。airbnbは一般人が所有するマンションの一室や入居者のいない空き家などを宿泊宿として貸し借りするソーシャルなサービスですが、現時点においても海外ではすでに、とても便利なサービスとして大いに活用され始めています。

つまり、東京五輪に向けてairbnbを通じて宿泊所を貸し出せば、まったく使用する機会のないまま放置していたような物件でも、ニーズに対応したしっかりとした収入源に成り得るのです。

そんな先進的サービスairbnbでは、部屋や家を貸す人たちをホストと呼び、旅行先でホストから宿を借りる人たちをゲストと呼びます。ホストとゲストをつなぐ場をネット上に設け、そこでの連絡代行をairbnbは行います。

そもそも東京五輪の際に、日本を訪れる外国人の懐事情も様々です。当然のことながらその全員が、いわゆる富豪であるはずもありません。しかも世界から見ても一般的に日本は物価が高く、仮にホテルで部屋を取ろうと思っても、恐らく五輪時は決定的なホテル不足から宿泊費が高騰しているでしょうから、予算の面から最終的にそれを断念する方も少なくないと思われます。

そんな時に活躍するのがairbnbです。airbnbならば、前提として現行の通常宿泊施設よりも格安でゲストは宿を確保することが出来ます。ひるがえって考えれば、これから五輪に向けてどんどん観光客が増えるであろう日本において、ホストは継続的な収入を得ることが叶うということなのです。

2020年の東京オリンピック開催時のホテル不足の解消策として、今後airbnbはますます注目され、そのニーズがより高まっていくことでしょう。現状、日本ではまだまだニッチであると言えますので、ぜひとも早い段階から参入すべく、ホストとしてairbnbを利用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です