airbnbのホストとして稼ぐために注意すること

空いている物件や部屋を旅行客に貸し出すことが可能なサービスとして、近年話題になっているのがairbnbです。普段使っていない部屋を有効利用できる上にお金にもなるということで、ホストの副業をしているというかたも増えてきました。しかし、ホスト側には大きなメリットもある反面、注意しなければならないこともたくさんあることを覚えておきましょう。

airbnbでは、ホストが決めたルールにゲストが従わないというトラブルが多く見られています。例えば部屋の状態を綺麗なまま使ってもらうことができなかったというケースです。部屋や物件を貸した時点でホストの目が届かなくなるため、住居を勝手にあれこれと壊されてしまうということもしばしば見られています。ゲストがどういった人物であるのかわかりませんし、ゲストが外国人だった場合には文化や習慣の違いから、思わぬ形で装飾品を使用されたりということもあるのです。また、海外では住居が大きく壊されてしまい警察沙汰になってしまったということもあります。

ただ一つ安心なのは、こういったトラブルに関してはホスト側に保険が適用されて、修理費の保証などもされているという点です。それでも、万が一に備えて対策は充分に行っていきましょう。

airbnbでしばしばガイドラインを無視するゲストがトラブルを起こすケースが見られます。ホストとゲストの信頼関係が崩れてしまっては貸し借りができなくなってしまいますので、貸し出す側も注意深くなる必要があるのです。細かくルールを書き出しておいて、ゲストに必ず守ってもらうように理解してもらう努力をしなければなりませんし、海外から来たかたにも安全に部屋を使用してもらい、お互いに気持ちよく過ごすためにも注意を怠らないようにしましょう。

また、ホストとしての細かい仕事は代行という形で業者に依頼をすることも可能です。鍵の受け渡しやルール説明、普段の部屋の管理なども任せる事が可能ですので、部屋を貸したいけれどもトラブルを避けたいというかたは、前向きに業者の利用を検討してもいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です