Airbnbを成功させるためにも代行業者に頼ろう

近年、円安化の影響で日本を訪れる外国人旅行者が急増していることもあって、日本における宿泊施設の慢性的な不足がクローズアップされています。2020年には東京でオリンピックが開催されますから、この問題はいつまでも放置してよいものではありません。そこで注目を注目を集め始めているのが、「民泊」と呼ばれる新しいタイプの宿泊施設です。民泊とは、個人が空き部屋を旅行者に有料で貸し出すサービスのことを言います。ホテルではなく民家に泊まる。そんな新しい旅のスタイルが、外国人旅行者を中心にして人気を博するようになっているのです。

このブームの火付け役となったのが、2008年にアメリカで創業されたairbnbという会社です。彼らが、空き部屋を貸したい個人(ホスト)と民家に泊まりたい旅行者(ゲスト)をマッチングすることによって、民泊の利便性は飛躍的に高まりました。今やホストはairbnbのサイトに物件登録するだけで、世界中のゲストから賃貸の予約を受けることができるようになったのです。

airbnbが仲介してくれるおかげで、民泊ビジネスをスタートさせることは驚くほど簡単になりました。しかし、実際に運営していくとなると、様々な困難に遭遇することになるかもしれません。その一つが、ゲストからの問い合わせへの対応です。民泊ビジネスは部屋を貸すだけで収入が稼げるという理想的なビジネスですが、ゲストへの対応に時間が割かれるとあっては、このビジネスの利点である時間対効果の高さが損なわれてしまいます。ゲストへのメール対応、案内ガイドやハウスルールの作成、清掃、鍵の受け渡しなど、ホストがやらなければならぬことは結構たくさんあります。そのうえ、外国人旅行者を相手にするとなれば、英語にも精通していなければなりません。そこでオススメしたいのが、ホストに代わってそれらの業務をこなしてくれる代行サービスの利用です。面倒なことは全部業者に丸投げしてしまえばいいのです。民泊サービスの成功を左右するポイントは、コミュケーション能力の高さとゲストへの対応の速さです。業者ならば、それらに十全に応えてくれます。手数料はかかりますが、長期的に見れば多大なるメリットを受けることができるでしょう。

日本でも民泊の需要が高まりつつあり、民泊ビジネスは更なる市場拡大が見込まれています。このブームからの恩恵を取りこぼさぬことがないよう、しっかりとした準備をしておきましょう。そのためにも、代理業者はうまく使いたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です