人気があるairbnbの物件について

日本でも徐々に認知度が上がっているairbnbですが、海外では今や当たり前になってきています。特に旅行者にとってはホテルや旅館に宿泊するよりも、現地の人の部屋や家に泊まる方が現地と一つになった実感があり、より旅を楽しむことができると人気があります。airbnbは物件を仲介するサイトなので何かを代行すること等はありませんが、登録さえすれば誰でも利用することができるし、物件を登録することができます。手続き自体も基本的にはネット上でできるので複雑ではなく、airbnbに興味がある人にとっては始めやすい環境です。東京だけでも今や2万件以上の登録物件があると言われていますが、実際に2万件の物件がフルで活用されているかと言うとそうではありません。やはり人気のある部屋や物件と言うものがあります。一番はその物件の場所です。便利のよい駅近や分かりやすい場所であれば尚人気がでます。しかし場所以外にも物件のオーナーの工夫次第で人気がある物件にすることができます。今国内でファミリー層に人気があるairbnbの物件は、便利さよりも体験学習ができるかどうか、という点でもあります。田舎の町でもairbnbでの宿泊者は希望すれば農業体験ができたり、陶芸体験や郷土料理作り体験などができるオプションがあります。こうした体験型の宿泊が今はファミリー層を中心により人気が高まっています。旅行自体ももちろん楽しめますが、こうして何かを親子で体験するというのは忘れられない思い出になります。またairbnbの物件のオーナーが直接郷土料理をふるまってくれる物件もあります。こうした物件は決してホテルや旅館より安いというわけではありません。しかし値段以上に価値があると宿泊者が判断するので人気があり、常に予約待ちと言う事も珍しくありません。結果としてairbnbでもこうした物件が人気があり、オーナーとしてもairbnbでの収入になります。これからのairbnbは宿泊するだけでなく、こうしたプラスのオプションがあるところがより需要が高まる傾向があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です