定期的にairbnbを通じて顧客を得るテクニック

旅行客が旅行先において通常の宿泊施設を利用せずに、一般人から利用していない部屋や一軒家を宿として借りることが世界的なブームとなりつつあります。このブームの立役者ともいえる存在が、airbnbというサービスです。

airbnbは物件を宿として貸す側(ホスト)と、それを借りる側(ゲスト)とを結ぶいわば宿泊客ないし宿泊先確保の代行サービスのようなもので、形式としてはSNSに非常に近いシステムが採用されています。

ユーザーたちはホストとして余った物件などを宿泊料金の提示と共に、airbnbに登録します。その登録された情報を頼りに、ゲストになるユーザーたちが旅行先における宿泊場所を探すというのが大まかなシステムとなります。

これまでならば宿泊施設を開業する場合、色々と面倒な手続きが必要でしたが、airbnbを利用すれば、実質的に使い道が無くて困っていた物件を現役の資金回収源として有効活用することが出来るのです。

では、このホストとゲストのマッチング代行サイトともいうべきairbnbにおいて、定期的にリピーターを得るためには一体どのようなテクニックが必要なのでしょうか?ごく当たり前の宿泊サービスが欲しいのであれば、ゲストたちは通常のホテルに予約をいれるはずです。airbnbを利用して一般層から宿を借りるゲストサイドのメリットは、そうしたサービスの重視ではなく、何より非常に安価で宿を確保できるという点にとどめを刺します。

つまり、リピーターや多くの顧客を定期的に確保するためには、ホストは常にairbnb内における提供施設の金額設定の相場をチェックしておく必要があります。

たとえば同じ都市に3軒のホストがいたとして、ゲストの心理に立てば、3軒の中で最も安く部屋を貸してくれるホストに連絡を取りたくなるものです。ですから、近辺の他のホストが一体いくら程度で宿の提供を行っているかを確認し、出来得る限りそれよりも安い宿泊料金を自身の物件に設定しておきましょう。もちろん価格破壊といったような行動は長い目で見れば賢明ではありませんが、薄利多売という言葉があるように、お手頃価格でゲストに宿泊所を提供していけば、結果的にビジネスとしてしっかりとした儲けが出るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です