airbnbで部屋を貸し出す際に気をつけたいこと

airbnbのホストというのは、全く知らないかたを自分が所有している空間に招き入れることになります。ゲスト側は一般的な宿泊施設よりも安い価格で部屋を借りることができてお得ですし、貸し出すホスト側としても使用していない部屋を有効的に利用することができます。お互いにとっていい点ばかりに思えますが、見知らぬ他人同士である以上、部屋の貸し借りには注意点がさまざまあることも忘れてはいけません。ホスト側はあらかじめあらゆるトラブルに対して対策を行っておいて、安心安全に不動産運用をしていきましょう。

airbnbで実際にホストが住んでいる家の一室を貸し出す場合には、貴重品の管理にくれぐれも気をつけてください。現金や貴重品を持ち出すことができない頑丈な金庫に保管することはもちろんですが、装飾品などを置きっぱなしにしているとゲストが黙って持ち帰ってしまうということも少なくありません。故意でなくてもアメニティだと勘違いされて持ち去られてしまうことも多くあります。このことからも、ゲストに提供する部屋にあるものの管理を徹底することが必要です。無駄なものは置かずに全てゲストに提供してもいいと思えるものに置き換えておくことが大切ですし、部屋の利用マニュアルをゲストに守ってもらうことを徹底してください。

また、設備が故障してしまったり近隣住民に対するゲストの迷惑行為などの対応もホストに委ねられます。airbnbには運営をホストに代わって代行してくれる業者もありますので、一人では手に負えないと思った時には無理をしないで業者に依頼しておくことも検討しましょう。手数料は掛かってしまいますが、万が一のことを考えたとき、ホスト側とゲスト側の安全を思えば決して高いとは感じないはずです。

また、あまり運用範囲を広げないというのも一つの手です。中には国内のかたのみに部屋の貸し出しを行っているホストもいますので、手が届く範囲でのみ貸し出しを行っていくよう心がけていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です